タグ「iPhone」が付けられているもの

iPhone上のAppStoreからインストールしたアプリがずっとグレーでタッチしても削除しようとしても何もできない状況になりました。何やってもずっと待機中のまま動きません。

パソコン上のiTunesで同じアプリをダウンロードしてiPhoneと同期してもそのアプリだけがエラーが出て更新できませんでした。

結果的にApple IDのサインアウト&サインインで再インストールでき解決できましたのでメモ。

方法

  1. Apple IDをサインアウトし、再度サインインをする。
    (設定→Tunes Store/App Store→Apple IDをアップするとサインアウトのメニューが出てきます。)
  2. AppStoreで該当のアプリを検索する。
  3. ダウンロードボタンが現れているのでタップ。
    (サインアウトする前は「開く」ボタンになっていて何もできませんでした。)
  4. インストールが開始され
  5. 無事、インストール完了

iPhoneやiPadをパソコンにUSB接続してもiTunesに認識されないので、デバイスマネージャーを確認したところ、Apple Mobile Devaice USB Driverが表示されていませんでした。

そこで、ドライバーを再インストールしたところ認識されるようになりました。

ドライバーの場所とインストール方法

  • C:\Program Files\Common Files\Apple\Mobile Device Support\Drivers

ここにあるusbaapl.infファイルをダブルクリックするか右クリックからインストールを選択します。

64 ビット版の Windows の場合

このファイルは、usbaapl 64.infになります。

usbaapl64がこの場所にない場合や、Driversフォルダ自体がない場合は、C:\Program Files (x86)\Common Files\Apple\Mobile Device Support\Driversで探してください。

 

インストール後は念のため、サービス「Apple Mobile Device Service」の再起動をしておいてください。

 

このApple Mobile Devaice USB Driverをダウンロードするサイトは見当たりませんでした。

CopyTranceというiTunesの代替アプリケーションのインストールでもこのドライバーが組み込まれるようです。

iPhone・iPadの再起動を行ってもダメだったり、iTunesの再インストールでも認識されない場合は試してみてください。

iPhoneでフェイスブックをしていたら急にアプリが落ちてホーム画面に戻ったりしますが、あれはアプリのせいではなくメモリ不足。メモリを解放するアプリは結構ありますが、解放しても大幅に解放してくれるアプリはお目にかかったことがありません。結局は手動でバックグラウンドのアプリを終了させたりしていました。

ところが、『Sysight』は違います。ビックリするほど解放されます。『Sysight』を入れただけではダメなのですが、iOSのURLスキーム(URLでアプリにアクセスしてコマンドを実行する機能)でSafariなどのブラウザのURLに『sysight://allkill』と入力してアクセスすれば、ざっくり解放してくれます。

しかも、allkillで解放したあとはSysight自身が自決して終了し、自ら消えてくれているので、バックグラウンドで動き続けることがありません。足跡も残さずメモリを掃除してくれます。

毎回、URLに『sysight://allkill』を入力するのは面倒なので、ブックマークに登録したいところですが、URLスキームは登録できないので、URLスキームを登録できるアプリ『MyShortcuts+Viewer』と併用します。『Sysight』上で直接URLスキームを使えないのはアップルと大人の事情があるようです。

どちらも有料ですが、買って惜しくないアプリだと思います。

 

使い方

  1. Sysight』とMyShortcuts+Viewer』をインストール
  2. MyShortcuts+Viewer』を開く
    MyShortcuts+Viewerを開く
  3. 「+」を押してURLスキーム登録画面を出す
    URLスキームを追加
  4. 適当な「タイトル」とURLに「sysight://allkill」を入力して保存

    解放したいときにタップして使う場合は「1回のみ」を選択します。スケジュール化して自動実行することもできるようです。
    URLスキームを登録

  5. 登録した「SySight メモリ解放」をタップ
    URLスキームを実行

次回からは、『MyShortcuts+Viewer』の「SySight メモリ解放」をタップするだけ!もう、手動でのアプリ終了や再起動の手間とイライラから解放されます!

 

こんな感じで解放!

解放前に『Sysight』でメモリの状況を確認すると、こんな感じでメモリの空き容量がほとんどない...。
解放前

MyShortcuts+Viewer』の「SySight メモリ解放」をタップすると解放作業中になる。
解放中

解放後はこんなに空き容量が増えた!!
解放後

iPhone4を使っていますが、iOS標準のカメラで撮影すると、青みがかったり、周りの色が被写体に影響したりしますよね。その写真を画像編集アプリやパソコンで色の修正をしたりが結構大変なので、ホワイトバランス(WB)を撮る時点で調整できたらな~なんて思っていたら、ありました『SimpleCamera』!

この『SimpleCamera』は有料(170円)ですが、使い方も簡単で高機能です。iPhone以外にiPadやiPad miniにも対応しているようです。

 

ホワイトバランス(WB)を調整して撮影する方法

  1. 『WB』のマークをタップして、『AUTO』から『LOCK』に変更します。
  2. ホワイトバランスの基準にしたい白い部分ポンとタップすると、青枠が表示されその部分を基準として全体のホワイトバランス(WB)が調整されます。
  3. 黄色の枠はフォーカス部分で、位置を変更する際はフォーカスしたい部分をポンポンとダブルタップして変更します。
  4. カメラマークをタップして撮影。

 

調整している時間がない場合は、ホワイトバランスもフォーカスもAUTOで撮っても、iOS標準のカメラで撮影するよりも色のバランスが良く写ります。

 

比較

iOSのカメラアプリで撮った写真

なんか青っぽい。

iOSのカメラで撮影

 

SimpleCameraですべてAUTOで撮った写真

ちょっと周りの赤みが残ったけど、青みがなくなった。

SimpleCameraですべてAUTOで撮った写真

 

SimpleCameraでホワイトバランスをLOCKで撮った写真

自然な白とまではいかないものの、上よりはマシ?に写った。

SimpleCameraですべてホワイトバランスをLOCKで撮った写真

 

現時点ではズーム機能がなく、改善の余地があるものの、『SimpleCamera』は良いカメラアプリだと思います。

Apatchのmod_rewriteを使ってスマートホン用のサイトにリダイレクトさせる方法をメモ。

MovableTypeのプラグインを組み込んでスマホ用のブログページを作りました。

PC用のブログはルートディレクトリの「blog」にあり、スマートホン用のブログは「blog」の中の「i」にあります。

ディレクトリ

 

スマートホンからアクセスを転送するため、「blog」ディレクトリに以下の内容で.htaccessを作成しました。

#スマホサイトにリダイレクト
RewriteEngine On
RewriteBase /blog
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/blog/i/.*$
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^(.JPG|.jpg|.GIF|.gif|.PNG|.png) [NC]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} ^(iPhone|iPod|Android|BlackBerry|Windows.Phone) [NC]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} !iPad [NC]
RewriteRule ^(.*)$ /blog/i/$1 [R=301,L]

 

もし、スマホ用のディクレトリではない「blog」で、画像でなく、iPadを除くスマートホンからアクセスがあった場合は「i」にリダイレクトするという内容。

「i」ディレクトリには画像がないため、ブログ内の画像のソースやリンクまでリダイレクトされると画像が表示されず困るので、画像はリダイレクトしないように5行目を加えています。

最近、利用したことのないサイトから@i.softbank.jp宛にメールが頻繁に届くようになりました。

どうやら出会い系のサイトで、かなり頻繁に送られてきて、

頻繁にポップ通知されるので困っていました。

 

対処方法は届いた迷惑(スパム)メールを[email protected]に転送するだけ!

 

これで悪質なやつは届かなくなるようです。

 

iPhoneの設定の中に、なんらかの迷惑メールフィルタや、

受取拒否したらアドレス登録の設定ができるのかな?

といろいろ探してみても見当たらないし、

My Softbankにログインして「メール設定-Eメール(i)」の中の

「迷惑メールフィルタ設定」を見ても「ON/OFF」の切り替えしかなく困っていましたが、

まさか、メールを転送するだけでいい方法があるなんて思いませんでした。

 

同じような迷惑メールに困っている人が[email protected]に転送したんだと思うのですが、

翌日から同じ所からの迷惑メールが届かなくなりました。

 

その他参考

iPhone:マルチタスクで起動したアプリを終了してメモリを解放する。

最近iPhone4でアプリのいくつかが起動しなくなったり、使用中に落ちることが増えてきた。

マルチタスクで起動しているアプリはバックグラウンドで起動しっぱなしのようです。

メモリの使用状況がどんな状況なのか『Memory Status』で見てみた。

IMG_0278.png

 

フリーで使えるのは512MB中たったの5.5MB(2.75%)...。

そりゃ途中で落ちますよね...。

 

メモリの解放とアプリの終了方法はいくつかあります。

  効果が高い順 手軽順
1 アプリを選択して終了
(バックグラウンド起動してるアプリを終了させることができる。)
メモリ解放アプリを使用
(ワンタッチ。)
2 再起動
(再起動前のアプリはバックグラウンドで起動してるが、余計な使用領域が解放されているっぽい。)
再起動
(時間がかかる。)
3 メモリ解放アプリを使用
(一部のアプリしか終了できていない。)
アプリを選択して終了
(アプリを一つずつ終了させる手間がかかる。)

 

再起動する方法

  1. スリープボタンホームボタンをリンゴマークが現れるまで長押し。
    iphone.png

 

起動中のアプリを選択して終了する方法

 

  1. ホームボタンダブルクリックして起動してるアプリを表示。
    IMG_0273.png

  2. アイコンがプルプルするまでいずれかのアイコンを長押し
    IMG_0274.png

  3. 赤いマイナスマークをタップして終了させたいアプリを終了。
    IMG_0275.png

    再度『Memory Status』で確認すると↓306.6MB(69.36%)も空き領域が!
    IMG_0279.png

 

メモリ解放アプリ

いろいろありますが、どれも『Safari』『メール』『iPod』など一部のアプリを終了させるくらいなので、解放できでもわずかの解放。

解放に平均数十秒かかりますが、ワンタッチで解放できるのが簡単でいい。

【参考アプリ】

 

マイナスアイコンを選択して終了させる動作をワンタップして、起動中のタスクを一括で終了させることができるアプリがあればいいなと思います。

アップルが機能として次のiOSのアップデートに加えて欲しい...。

『シャア専用』と付くと素通りできない...。『シャア専用』と付ければいいってもんじゃないでしょ?!と思いながらチェックしてしまう。

バンダイナムコゲームスはiPhone向けTwitterクライアントアプリ「シャア専用モビルTwit」の提供を開始したそうです。

シャアといえばジオン軍ですが、機動戦士ガンダムの中では敵キャラでもシャアだけは特別かっこいい。

車でいえば赤いフェラーリかな。

シャア専用はなんでも3倍速いので、このソフトもタイムライン(TL)を3倍で移動できる機能があるらしい...。

その他、シャアの名セリフをつぶやけたり、ザクが宇宙空間と移動するときの機動音やニュータイプが何かを捉えたときなどの効果音も鳴るそうです。

350円かぁ~ちょっと悩むなぁ~

アイコンもちょっとダサイなぁ~

 

『シャア専用』とつけて欲しいチョメチョメ。

シャア専用賃貸マンション ナルシストでキザな男しか住んでなさそうだが、クールな内装のジェントルメン専用オール電化の1LDK。
シャア専用生活家電 すべて黒とワインレッドの家電。掃除機はダイソンでモーターは3倍速。
シャア専用折りたたみ自転車 折りたたみだけど電動で充電が3倍速い。
シャア専用インナー 当然BODYWILDのローライズボクサーパンツ。フロントにザクの顔。後ろはジオン軍のマークをプリント。
シャア専用ファイテン 赤い彗星だけに赤い水性チタン含有量は3倍のチョーカー。
シャア専用シャチハタボールペン 赤い流線形のボディ。
シャア専用クレジットカード 限度額3倍。使いすぎてしまう赤いカード。 ※後日追記:これは実際、過去に存在してた。「GEカード シャア専用カード」ポイントが3倍だったらしい。

 

シャア専用と名前につけるだけで相当お金がかかりそう...。

iPhone4のiOSを4.3にアップデートしたら、待ち受けだけでもバッテリーの消耗が今までよりも著しく早くなった。

アップデートしたのになんか損した感じで思っていましたが、バッテリーの消耗を激しくしているのはiTunesでおなじみの「Ping」が原因でした。

「Ping」が待ち受け状態でも定期的に送受信しているので、バッテリーの消費を早くなるそうです。

あまりに減りが早いので、もうバッテリーの寿命かと思い焦りました...。

ということで、特に「Ping」は使用していないので、この機能をオフにしました。

  1. 設定をタップ
    IMG_0256.jpg
  2. 一般をタップ
    IMG_0257.jpg
  3. 機能制限をタップ
    IMG_0258.jpg
  4. 暗証番号を入れる
    IMG_0259.jpg
  5. 「Ping」をオフにする
    IMG_0260.jpg

これで消耗が落ち着きます。

iPhoneの電話のキーパッドに以下のキーを入力して「発信」を押すと、

何かいろいろなことが確認できたり、設定ができるようです。

スクリーンショト1.PNG スクリーンショット2.PNG

 

そんなコマンドを掲載しているページをいくつか見つけました。

iPhone4でいくつかのコマンドを試してみましたが、

実行できるものや、エラーとなるものもあるようで、

特に必要にかられてもいないので、すべては試しませんでしたが、

一応まとめてみました。

キー 内容
*3001#12345#* フィールド・テスト・モード(Field Test Mode)を起動して、ネットワークや携帯電話の最新情報を確認
*#06# IMEI(端末識別番号)を表示。通信事業者のネットワークで端末を認識させる際に使用
*777# プリペイドのiPhoneで利用可能残額を表示
*225# 支払い状況を表示(前払い)
*646# 通話できる時間を表示(前払い)
*#21# 通話やデータ通信など※自動電話転送(転送電話)が利用可能か否かを確認することができる。
*#30# 発信者番号通知の状態を確認することができる
*#76# ネットワークに接続が可能か否かを確認することができる
*#43# 割込通話の状況を確認することができる
*#61# 自動電話転送(転送電話)の設定。応答しない時の状況を確認することができる。
*#62# 自動電話転送(転送電話)の設定。応答ができない時の状況を確認することができる
*#67# 自動電話転送(転送電話)の設定。ビジー時の状況を確認することができる
*#33# 発着信規制の設定を確認することができる
*#06# IMEI(端末識別番号)を表示。通信事業者のネットワークで端末を認識させる際に使用する
*#30# 発信者番号通知を確認することができる
*#43# 割込通話の状況を確認することができる
*43# 割込通話の設定。アクティベーションの設定を完了
#43# 割込通話の設定。アクティベーションの設定を解除
**04*古い暗証番号*新しい暗証番号*新しい暗証番号# 暗証番号の変更(PIN1)
**042*古い暗証番号*新しい暗証番号*新しい暗証番号# 暗証番号の変更(PIN2)
*#746025625# SIMクロック停止モード。SIMクロック停止モードをサポートしているか否かを確認できる。iPhoneがアイドル状態になりバッテリ寿命をのばすがSIMクロック停止となるのでデメリットもあり
*3370# Enhanced Full Rate(EFR)に切り替える。音質は向上するが、バッテリ寿命が短くなる
#3370# EFRをオフにする
*4720# Half Rate(HFR)をオンにする。ERAの反対
#4720# HFRをオフにする
*21# 自動電話転送(転送電話)の設定。かけた電話を転送する
#21# 自動電話転送(転送電話)の設定。かかってきた電話を転送する
**21* 自動電話転送(転送電話)の設定。かけたい電話番号をプログラムする
###21 自動電話転送(転送電話)の設定。転送を完全に解除する
*#21# 自動電話転送(転送電話)の設定。すべての通話の状況を確認することができる。
**61*かけたい電話番号**5~30秒# 自動電話転送(転送電話)の設定。**61*の後にかけたい電話番号と**を入力し秒数(5~30秒)を入力する。その後に#を押す。すると、設定した秒数(5~30秒)後にコールした後に転送される
*61# 自動電話転送(転送電話)の設定。応答しない時の転送サービスを有効にする
#61# 自動電話転送(転送電話)の設定。応答しない時の転送サービスを無効にする
##61# 自動電話転送(転送電話)の設定。応答しない時の転送サービスの設定をクリアする
*#61# 自動電話転送(転送電話)の設定。応答しない時の状況を確認することができる。
**62*電話番号# 入力すると、再コールが不可能になる
*62# 転換
#62# モードオフ
##62# 消去
*#62# 自動電話転送(転送電話)の設定。応答できない時の状況を確認することができる
**67*かけたい番号# **67*の後にかけたい番号を記入して#を入力すると、かかってきた電話が転送される
*67# 転換
#67# モードオフ
##67# 消去
*#67# ; 自動電話転送(転送電話)の設定。ビジー時の状況を確認することができる
*31# 発信者番号を通知する
#31# 発信者番号を非通知にする
*#5005*86# 番号を持っていれば、現在のメールボックスの設定を確認することができる
*5005*86*#xxxxx Comboxのメールボタンを有効にする。xxxxxはメールボックスの番号
*646# 1分間の電力消費量をコントロールする
*135# 自分の電話番号を表示する
*33*着信拒否したい電話番号# ロックコードを入力すると着信拒否ができる。ロックコードはネットワーク・オペレーターに尋ねよう
*#33 解除する
*#33# 状態を確認する
*331*着信拒否したい電話番号# 海外からの電話を拒否したい場合はこちら。ロックコードが必要なのでネットワーク・オペレーターに尋ねよう
#331* barring code# 解除する
*#331# 状態を確認する
*#5005*7672# SMSセンターを確認する
*5005*7672*xxxxxxx# SMSセンターを再開する。xxxxxxxはSMSセンターの番号

 

これらは公式に発表をされていないコマンドらしいので、

何か不具合が起きてもサポートが受けられない可能性があります。

実行は自己責任で行ってください。

 

まぁ、でもこんなことは普通に使うことはないと思いますが...。

 

参考サイト

代替画像の表示でFLASHが表示できないiPhone対策

会社のホームページはパソコン用のサイトで、

メイン画像がFLASHでできております。

iPhoneを持っているのですが、

FLASHが表示できないため、

なんか替わりの画像が表示できたらなぁ~と方法を検索したら簡単に見つかりました。

 

早速導入してみようということで実践したら、

Javascriptのライブラリの設置がいるものの、

ちょ~簡単にできた。

通常のFLASH画像を設置するよりも簡単じゃないですか!?

 

しかし、またJacascriptが増えてしまった...。

 

以下を参考にさせていただきました↓

swfobject.js を使って Flash と代替画像を切り替える方法
http://www.drk7.jp/MT/archives/001481.html
swfobject.js を使って Flash と代替画像を切り替える方法