タグ「Windows 7」が付けられているもの

結局、解決はできたのですが、それまでに時間がかなりかかりました。

画像が少なくてわかりずらいかもしれませんが、忘れないうちにざっとメモっときます。

Windows10でも同じように解決できるようです。

原因はウィルスバスターのtmel.sysでした。

解決までの流れ↓

Windows7が起動できない

昨日まで動いていたパソコンが起動しなくなった

  • パソコンに電源を入れ、Windows7のロゴまでは出るけど、その後真っ暗になって起動しない。
  • スタートアップ修復が自動で始まるが必ず修復に失敗する。
  • F8を押してセーフモードで起動させようとしても、途中まで起動しかけて起動が途中で止まる。
  • Windows7のインストールディスクから起動し、システム復元をしようとしても失敗。

スタートアップ修復のエラー画面の「問題の詳細の表示」を開くと

問題イベント名:Startup Repair Offline

と表示された。スタートアップに問題があるらしい。

Startup Repair Offlineについて調べてみた

"Startup Repair Offline"を検索してみると、BIOSでストレージのモードをAHCIからIDEに変えたら直ったという記事がたくさんヒットしたので、AHCIをIDEを交互に変更してみたけど効果なし。

不良セクターを修復してみる

HDDの不調かな?とHDD generatorHDAT2をCDブートして不良セクター診断をしてみたが、不良セクターは見つからずHDDの故障ではなかった。

MBRを修復してみてもダメ

MBRが壊れているのかな?と思って、インストールディスクからコマンドプロンプトを起動して以下のコマンドを順番に実行してみた。

bootrec /fixmbr
bootrec /Rebuildbcd
bootrec /fixboot

それもで起動せず。

DISKPARTでシステムドライブをアクティブにしてみた

いろいろ調べているとシステムの入っているパーテーションをアクティブにするという記事を見つけた。

  1. コマンドプロンプトでdiskpartと打つ。
  2. list diskと打ってディスク番号を確認
  3. select disk 0と打つ
    (ディスク番号が0だった場合)
  4. list volumeと打ってボリューム番号を確認
  5. select volume 3と打つ
    (Cドライブのボリューム番号が3だった場合)
  6. list partと打ってWindowsの入っているパーテーションを確認
    (通常はアクティブパーテーションには*印がついている。なければアクティブになっていない)
  7. select part 2と打ってパーテーションを選択
    (Windowsの入っているパーテーションが2だった場合)
  8. activeと打ってアクティブ化
  9. 再度、list partと打つとパーテーション2に*印が表示されいればOK
  10. exitを打って終了し、再起動

すると、毎回起動時に始まっていたスタートアップ修復が始まらなくなったが、今度は違うエラー画面が出現...。

tmel.sysに関するエラー出現

tmel.sysがどうのこうのという黒い画面が起動途中で出現するようになりました。

File:tmel.sys
status:0xc0000098
info:□□□□□□□□□□□□□□□□□□

"tmel.sys"を検索してみると、このファイルはトレンドマイクロのウィルスバスターのドライバーらしい。なぜかこのファイルが破損していて、起動時に読み込もうとするとエラーになっている模様。

tmel.sysを上書きしてみる

tmel.sysc:\windows\system32の中にあります。

tmel.sysが壊れているなら、正常なtmel.sysで上書きしら直るかな?とHDDを取り出して他のウィルスバスターの入っているPCにつなぎ、正常稼働しているパソコンのtmel.sysを上書きしてHDDを元のPCに戻しました。でもダメでした。

tmel.sysの読込を無視する

tmel.sysを読み込むからエラーになるのだったら、読込をスキップすれば?と思い、tmel.sysの読込に関するレジストリをいじる方法を検索したらありました!

ざっくりとした流れ

  1. tmel.sysに関するレジストリをすべて削除
  2. Windowsが起動したらウィルスバスターの管理画面からシリアル番号を確認して控える

  3. ウィルスバスターをアンインストール
  4. 控えたシリアル番号でウィルスバスターを再インストール

これで直るらしい。

レジストリの削除方法

参考にしたサイトはこちら↓

  1. Windowsのインストールディスクからコマンドプロンプトを起動
  2. regeditと打ってレジストリエディタを起動
  3. 「HKEY_LOCAL_MACHINE」を選択
  4. 「ファイル」-「ハイブの読み込み」を選ぶ
  5. c:¥windows¥system32¥config¥SYSTEMを選択
    (拡張子なしのSYSTEMというファイル)
  6. 適当にキー名を入力
    (sysでもtempでもなんでもいい)
  7. 「tmel」を検索
  8. ヒットしたところを右クリックで削除
  9. F3を押すと次の「tmel」を検索し削除を繰り返す
    (4つくらいヒットしたので削除)
  10. 「ファイル」-「ハイブのアンロード」を選ぶ
  11. すべて閉じて再起動

すると見事にWindowsが起動しました!!

ここにたどり着くまで2日かかりました。

途中、ブルースクリーンも出ることがあり、クリーンインストールも覚悟しましたがあきらめずによかったです。ウィルスバスターを再インストールして無事に元通りになおりました。

こういった事例があるので、トレンドマイクロも修復ツールとか出せばいいのにとちょっと思いました。

最近になって、セットアップしたばかりのWindows7のWindows Updateを行うと8007000Eというエラーが出て、何度「再実行」のボタンを押してもアップデートできないことがありましたが解決できたので対処方法の一つとしてメモ。

KB3138612で解決

とりあえず、2016年3月時点で最新のWindows Update Clientの更新ファイルKB3138612をインストールしたら正常にアップデートできるようになりました。しかも更新ファイルの確認が速くなります。

ここ↓から各OS別のダウンロードページが開けます。

直リンク(ファイルダウンロード)

Windows 7 x86 用更新プログラム (KB3138612)

Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138612)

インストールが失敗するとき

ただ、ダウンロードするときにブラウザに表示される「ファイルを開く」を押したり、「保存」から「ファイルの実行」を押すと、インストーラー画面が起動するのですが、「更新ファイルを探しています」の画面がずっと出たままになり、インストールができない場合がありました。

そのときは、一旦キャンセルしてダウンロードフォルダを開き、「Windows6.1-KB3138612-x86.msu」(Windows7 32bitの場合)をダブルクリックして実行するとすんなりインストールできました。それでも何度かインストールできないことがありましたが、再起動を数回行うとインストールできました。

バッチファイルでインストールする方法(2016/06/09追記)

以下のバッチファイルを実行するとダウンロードからインストールまで行えます。

md c:\InstallKB
bitsadmin.exe /transfer htmlget https://download.microsoft.com/download/E/4/7/E47FB37E-7443-4047-91F7-16DDDCF2955C/Windows6.1-KB3138612-x86.msu c:\InstallKB\Windows6.1-KB3138612-x86.msu
wusa.exe c:\InstallKB\Windows6.1-KB3138612-x86.msu /extract:c:\InstallKB /quiet /norestart
pkgmgr.exe /n:c:\InstallKB\Windows6.1-KB3138612-x86.xml /quiet
rd /s /q c:\InstallKB

Windows Updateトラブルシューティングツールでは解決できず

ちなみに、ヘルプや上記で出てくるWindows Updateトラブルシューティングツールも試しましたが、解決できませんでした。

原因はメモリ不足?

エラーコード8007000Eが出るのはメモリ不足というのが原因みたいですが、実際に積んでいるメモリは4GBのPCでした。

これで足りなければいくらいるの?しかも、32bitのOSでは3GBちょっと(仕様によってはMAX4GB)までしか使えないし…と、この説明には疑問を感じましたが解決できたのでよし。

追記

2016/8/27に調べた時点での最新は以下

Windows10のパソコンを起動させたらすぐにデスクトップが表示されるよう、サインインのパスワード入力を省略する方法をメモ。

Windows7/8/8.1も同様にできます。ただ、誰でも電源を入れればデスクトップを表示することができますでセキュリティには気を付けてください。

どのバージョンのWindowsでも「control userpasswords2」または「netplwiz」で、ロック画面やパスワード入力をスキップできます。

ざっくりした手順

  1. Windows+Rを押して「control userpasswords2」または「netplwiz」と入力してEnter
  2. ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名をパスワードの入力が必要」のチェックを外してOKを押す
  3. パスワードを入力

詳細

1.Windows+Rを押して「control userpasswords2」または「netplwiz」と入力してEnter

Windows+Rを押して「ファイル名を指定して実行」の画面を出し、「control userpasswords2」または「netplwiz」と入力してEnterを押します。

ファイル名を指定して実行

2.チェックを外してOKを押す

「ユーザーアカウント」というウィンドウが表示されたら使用しているユーザーを指定し「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名をパスワードの入力が必要」のチェックを外しOKを押す。

ユーザーアカウント

※ここで誤ってAdministrator権限が外れてしまわないように注意してください。管理者権限が外れるといろんなことができなくなってしまい、OSをクリーンインストールしなければならないことになってしまいます。

3.パスワードを入力

いつもサインイン(ログオン)する際に入力しているパスワードを入力してOKを押す。

自動サインイン

 

これで完了!再起動してみると、起動完了後はパスワード入力なしでデスクトップが表示されているはずです。

会社のパソコンも自宅のパソコンもネットワークが定期的に切断されます。ひどいときは起動した時点で既にアイコンにビックリマークが付いていてインターネットができないことも...。

ネットワークアイコン

OSWindows7Windows8.1

ネットワークカードのドライバを更新したり、IPv6OFFにしてみたり、ネットワークカードの詳細設定を変更してみたりといろいろしてみましたが全く解決に至りませんでした。

以下のことを試して定期的に切断される問題は解決できませんでしたが、結果的にネットが高速化されブラウザの表示スピードが速くなったので、とりあえずやってみたことをメモ。

初期化関連

とりあえず、コマンドプロンプトでいろいろ初期化してみる

ネットワーク・インターフェイスの初期化(リセット)

netsh interface ip reset c:\reset.log

Windows Socketの初期化

netsh winsock reset

TCPパラメータの初期化

netsh interface tcp reset

SNPを無効化する設定

まずSNPの各機能の設定を確認

netsh int tcp show global
netsh int tcp show global

Receive-Side Scaling(RSS)の無効化

netsh int tcp set global rss=disabled

通信に極端な障害が発生していない場合や、効果を感じられない場合は、enabledでも良いかもしれません。

TCP Chimney オフロード の無効化

netsh int tcp set global chimney=disabled

NetDMA(Network Direct Memory Access)の無効化

netsh int tcp set global netdma=disabled

※Windows8/8.1は未サポートで設定不要。

受信ウィンドウ自動チューニングレベルも無効化

netsh interface tcp set global autotuninglevel=disabled
または
netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted

highlyrestrictedのほうが速い気がする。

disabled
自動最適化を無効
highlyrestricted
既定値より受信ウィンドウを保守的に少し拡大
restricted
既定値より受信ウィンドウを制限的に拡大
normal
既定値に戻す
experimental
restrictedの制限対応

アドオン混雑制御プロバイダに設定

netsh interface tcp set global congestionprovider=ctcp
ctcp
有効
none
無効

ネットワークアダプタの電源の設定

電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックは外します。「デバイスマネージャ」-「ネットワークアダプタ」にあるネットワークカードのプロパティの「電源の管理」というタブで設定できます。

電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする

 

参考

パソコンを起動させたらすぐにデスクトップが表示されて欲しいのですが、Windows8もWindows8.1も起動時のロック画面やパスワード入力画面が表示され煩わしく思います。

どのバージョンのWindowsでも「control userpasswords2」または「netplwiz」で、ロック画面やパスワード入力をスキップできます。

手順の概要

簡単に説明するとこれだけでOK

  1. コマンドプロンプトを起動
    (またはWindows+Rを押して「ファイル名を指定して実行」の画面を出す)
  2. control userpasswords2
    (またはnetplwiz)と入力してEnter
  3. チェックを外してOKを押す
  4. パスワードを入力

詳細

1.コマンドプロンプトを起動

スタートメニューからコマンドプロンプトを起動。「PowerShell」でもOK。

コマンドプロンプト

Windows+Rを押して「ファイル名を指定して実行」の画面からでも行えます。

ファイル名を指定して実行

2.「control userpasswords2」(またはnetplwiz)と入力してEnter

「control userpasswords2」と入力してEnter

ClassicShellなど従来のWindowsと同じようなスタートボタンが使えるソフトがインストールしてある場合は「ファイル名を指定して実行」から「control userpasswords2」を呼び出すこともできます。

ファイル名を指定して実行

「ファイル名を指定して実行」から「control userpasswords2」を呼び出す

 

3.チェックを外してOKを押す

「ユーザーアカウント」というウィンドウが表示されたら使用しているユーザーを指定し「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名をパスワードの入力が必要」のチェックを外しOKを押す。

ユーザーアカウント

※ここでAdministrator権限が外れてしまわないように注意してください。管理者権限が外れるといろんなことができなくなってしまい、OSをクリーンインストールしなければならないことになってしまいます。

4.パスワードを入力

いつもログオン(サインイン)する際に入力しているパスワードを入力してOKを押す。

自動サインイン

 

これで完了!再起動してみると、起動完了後はデスクトップが表示されているはずです。

弟から以下の記事を参考に、現時点では最速であろうと思われるRAIDカードを購入したと連絡がありました。

RAID0のディスクを構築

購入したのはAdaptec 7シリーズのRAIDカード『ASR-7805』 (PCIe Gen3、8ポート、キャッシュ1GB)で、さっそくSSDは4台しかないので、とりあえず4台でRAID0を構築してみました。SSDはIntel SSD 520 120GB×4枚

Adaptec ASR-7805

RAIDカードをPCIeスロットに差し、RAIDカードにSSD×4枚を接続して起動させるとRAIDカードのBIOSがマザーボードのBIOSに割り込みを始めました。Ctrl+Aを押せといった内容のメッセージが表されるようになるので、押して管理画面を表示させました。

Adaptec ASR-7805でRAID0を設定

  1. Initializeで接続したSSDを全部初期化
  2. Create Arrayで4台のSSDを指定しRAID0を構築
  3. Manage Arraysで構築したRAIDディスクを確認

上記の手順で簡単に構築できました。

次はこのRAIDディスクにWindows7をクリーンインストールするんですが、ここからが超悪戦苦闘...。

RAIDディスクが認識されない...。

まず、Windows7をインストール先のディスクを選択する画面に、ドライバーが入っていないので、当然ですがRAIDディスクが表示されません。

Windowsのインストール場所を選択してください。

そこで『ドライバーの読み込み』をクリックして、RAIDカードのドライバーを選択しました。

インストールするドライバーの選択

インストールするドライバーの選択

ところが、以下のエラーが出てドライバーがインストールできませんでした。

デバイスドライバーをインストールできませんでした。

最新のドライバーをアダプテックのホームページからダウンロードしてきても同じ状況で、他に方法が思いつかないので、何度もドライバーの読み込みを繰り返しました。すると、先ほどとは違うエラーが...。

未署名のドライバーはサポートされていません。

『OK』を押してみるとRAIDディスクが認識されました(T_T)

後にわかったことですが、Windows7の64bitをインストールするからといっても、OSインストール時は32bitのドライバーを読み込まないとRAIDディスクを認識しないようです。32ビット用のドライバーを読み込むと一発で認識できました。OSのインストーラー自体が32bitだからなのでしょう。
また、この時点で認識されなくても64bitのドライバーも併せて読み込んでおかないと、OSインストール後の最初の起動時に「ドライバーが見つからないので起動できません」みたいなエラーが出てOSが起動できない。(2015/02/24追記)

Windowsのインストール場所を選択してください。

さーて、あとはインストール完了するまで待てばいいなと思っていたら今度はインストールが実行されない事態が発生しました。

Windows7がインストールできない...。

パソコンを購入したときに付属していたWindows7のインストールDVD使用しました。「32bit」か「64bit」か選べというメニューが出たので「64bit」を選択しましたが、次に進めずエラーが出てインストールできない状況になりました。「32bit」を選択しても同じ状況で、以下のエラーが必ず出ます...。

無人応答ファイルの<DiskConfiguration>設定を適用できませんでした。

とか、

無人応答ファイルの<DiskConfiguration>設定を適用できませんでした。

RAIDカードを接続する前はマザーボードのRAIDを使用していて、同じインストールディスクで何度もクリーンインストールをしてきたのに、何故か何度やっても同じところでエラーになりました。いろいろ検索してみると<DiskConfiguration>の設定をXMLファイルで作るなど、いろいろ出てくるのですが、簡単に解決できそうにないので、別の方法探しました。

Windows7のインストールディスクを作り直す

あらかじめインストールしたいドライバーなどを組み込んだり、無人インストールできるインストールディスクを作成する『RT Se7en Lite』を使って、インストールディスクを作って見ました。RAIDカードのドライバーを組み込んでみようとしましたが、組み込めませんでした。作り直したディスクでもRAIDカードのドライバーの読み込みは苦戦しましたが、ディスクが認識された後は無事インストール成功しました。

RT Se7en Lite』の使い方は以下を参考にしました。

そしてベンチマーク

ベンチマーク

さすが、RAIDカード。4台でも概ね2Gbps。あと4台接続すれば3Gbpsになるんでしょうね。起動ディスクとして使っているので、RAIDカードのBIOS割り込みに時間がかかり、OSの起動は数秒とはいきませんが、起動後はメッチャ速いです。キュウリやトマトが包丁の自重だけで切れるような、切れ味のいい包丁のようにサクッとアプリが起動します。ChromeたIEでインターネットすると表示が一瞬で終わります。

俺も欲しいな~このカード。

Windows7からWindows8にアップグレードしてからというもの、起動時にLANの認識よりも先にネットワークドライブの再接続をしているみたいで、いつも『ネットワークドライブの接続に失敗しました』とバルーンメッセージが表示されます。当然、起動直後はネットワークドライブが切断されたままの状態になっています。

iTunesで使用する音楽や、Lightroomで使う写真はすべてNASに入れており、一度マイコンピュータからネットワークドライブを開いてからアプリケーションを起動しないと、フォルダが見当たらないということで、フォルダ設定がデフォルトに戻ってしまいます。毎度設定を戻すのが面倒です。

できれば、LANの認識が終わってからネットワークドライブの再接続をして欲しいのですが、その方法が今のところ見当たりません。しかし、応急的な対応ですがネットワークドライブにあらかじめアクセスするWSH(Windows Script Host)というスクリプトファイルをタスクスケジュールやスタートアップで起動時に実行することで解消できるようです。

方法

以下の内容をテキストエディタで『netDrvCon.vbs』など拡張子を『.vbs』にして保存します。

WSH(Windows Script Host)

On Error Resume Next

'10秒遅延させる
WScript.sleep 10000

'ネットワークオブジェクトの作成
Set objNetwork = CreateObject("WScript.Network")

'接続するネットワークドライブ
'objNetWork.MapNetworkDrive "[ドライブレター]:", "[共有フォルダのパス]"
objNetWork.MapNetworkDrive "W:", "\\NAS\Video"
objNetWork.MapNetworkDrive "X:", "\\NAS\Music"
objNetWork.MapNetworkDrive "Y:", "\\NAS\Photo"

このファイルを起動後にダブルクリックして切断されていたネットワークドライブが接続状態になっていることを確認できたら、あとはタスクスケジュールやスタートアップに登録するだけでOK。

今回は10秒くらいの待ち時間にしましたが、環境によってはもう少し短い待ち時間にしてもうまくいくかもしれません。ちなみにスタートアップフォルダは以下の場所です。AppDataは隠しフォルダで、フォルダオプションで隠しフォルダを表示できるように設定してからでないと見えないので注意してください。

スタートアップフォルダの場所

C:\ユーザー\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ

しかし、こんな小細工して使わなければならないOSがちょっと残念。起動時のLANの認識が遅いのを早くする方法や、ネットワークドライブの接続を遅らせる方法もあれば探してみたいと思います。

その他

上記のWSH(Windows Script Host)を使った方法以外に管理コンソールを使用する方法もあるようです。

NET USEコマンドを使った方法

Vistaのときもそうでしたが、Windows8でもなぜかインターネットに接続ができない状態で起動するということが頻繁に起こります。

 

そんなときは...

  • LANケーブルを抜き差ししてみる。
  • デバイスマネージャーでネットワークアダプターを無効にして有効に戻してみる。

といったことをすれば、インターネットがつながるようになります。

ただ、毎回はとても面倒です。

よって、バッチファイルの出番です。バッチファイルを管理者権限で実行すれば、コマンドプロンプト経由でネットワークアダプターの無効・有効を簡単に行ってくれます。

バッチファイルの作り方

バッチファイル

  1. メモ帳がワードパッドなど、テキストエディターを開く。
  2. 以下の2行を記述する。
        netsh interface set interface name="イーサネット" disable
        netsh interface set interface name="イーサネット" enabled
        
  3. 適当な名前に「.bat」を付けて保存します。(例:nic_reset.bat)
    「.txt」で保存して、あとから拡張子を「.bat」に変更してもOK。「.bat」はメモ帳で開けば編集できます。

今回はWindows8で試していますが、恐らくWindows7でもいけるはず。

バッチファイルの実行の仕方

右クリックして「管理者として実行」を選ぶ

  1. 上記のファイルを右クリックして「管理者として実行」を選ぶ

これだけで、一瞬コマンドプロンプトが表示され、すぐに消えます。そうするとデスクトップ右下のネットワークアイコンが、×から正常に変わります。

このバッチファイルの「set interface」というコマンドは管理者権限でないと実行できないようです。

バッチファイルに以下の1行を最初の行に挿入すれば、コマンドプロンプト上で管理者権限に昇格できるのですが、コマンドプロンプト上でパスワードを途中で求められ、パスワードなしではバッチ作業が中断されていまいます。(ここでのパスワードとはウィンドウズにログオンするときのパスワードのことを示します。)

  ruNAS /user:ユーザー名\administrator cmd

これでだめなら以下の方法もあります。

その他参考

Windows VistaやXPの場合は管理者権限でなくてもバッチファイルをダブルクリックするだけで行えます。その方法は以下を参考にしてください。

結論から言いますとネットワークアダプター(NIC)のドライバーをWindows8用に更新してみましょう!

外出先から自宅や会社のパソコンの電源が切れていても、遠隔操作で電源を入れるように自分が使うパソコンはすべてWake On LAN(WOL)の設定をしています。テレビでいうスタンバイ状態。

Windows7からWindows8 Proにアップグレードして数日後、Wake On LAN(WOL)で自宅PCを外から電源ONできないことに気が付きました。アップグレードの前後で特に設定を変更していませんが、BIOSの設定を見直しても特に変わったところはありませんでした。インターネットも普通にできているので、原因が特定できませんでした。

思い当たる節があるとすれば、Windows8にアップグレードの際、現在のドライバーは「Windows8に対応していません。」みたいな警告が出たので、ドライバーを削除したことを思い出しました。ドライバーは削除しましたが、アップグレード後にWindows8が標準のドライバーでネットワークアダプタを自動認識していたので、インターネットも普通にできるしなぁ~と、疑ってはいなかったのですが、念のためネットワークアダプタのプロパティを確認したところWake On LAN(WOL)に関する項目が全くありませんでした。

設定項目があったからWindows7のときも、その前のXPの時もWake On LAN(WOL)ができていたわけなんで、設定項目がないのはおかしい!ということで、ドライバーを検索してみました。

デバイスマネージャ

デバイスマネージャで確認したところ、ネットワークアダプタはIntel 82578DC Gigabit Network Connectionだったので、「Intel 82578 ドライバー」と検索したら、Windows8用のドライバーダウンロードページがヒットしました。

さっそく64ビット版をダウンロードしてインストールしました。念のため再起動してネットワークアダプタのプロパティを見ると、設定項目のタブが増えているし、Wake On LAN(WOL)に関する項目が出てきました。しかも、わかりやすい日本語で!『Wake on Link設定』の項目にチェックが入っていなかったので、チェックしてOKして、パソコンをシャットダウンしました。

ネットワークアダプタのプロパティ

そしてiPhoneのマジックパケット送信アプリから電源ONすると、パソコンが起動しはじめました!

iRPM - リモートパワーマネージャ

とりあえず解決。

VNC

Windows7とWindows8は見かけが変わっただけで、中身は同じ物と思っていましたが、違うんですね...。他にも今まで正常にできていたことが、アップグレード後に動かなくなった場合はドライバーをWindows8用に更新してると解決できるかもしれませんね。

 

ドライバーを更新してもダメな場合は以下の設定を行ってみてください。

Windows7をWindows8にアップグレードしましたが、起動後にひと手間かかったり、スタートボタンがなかたりで使いづらいのですが、フリーソフトの『Classic Shell(クラシックシェル)』で解決できます。

日本語版の配布元はこちら↓(本家英語版のClassic Shellを日本語化して配布している)

ダウンロードページはこちら↓

 

これをインストールすると、

  • 起動時にスタート画面をスキップできる。
  • スタートボタンが使えるようになる。

 

こんな感じにできます。

スタートメニュー

 

上記のようにするにはインストール後に設定をいじることが必要です。

 

設定方法

スタートボタンを表示させ、デザインを変更する。

スタートボタンの設定

メトロボタンを選択すると、スタートボタンのデザインがWindows8のロゴのようなデザインに替ります。

Windows8ロゴ風のスタートボタン

 

スタートボタンを押したときに表示するメニュー形式を選ぶ。

クラシックスタートメニューの設定

 

メトロスクリーンをスキップ

メトロスクリーンをスキップ

これで起動時にスタート画面↓が表示されなくなります。

Windows8スタート画面

 

これで、スタート画面はスキップできるようになるのですが、起動時はロック画面で止まり、ログオンのためパスワード入力をしなければなりません。それらをスキップする方法は以下参照。

 

類似ソフト

Windows8.1の場合

Windows7のパソコンをWindows8 Proにアップグレードしたところ、Cドライブがいきなり容量不足になっていました。

アップグレードはWindows7の情報をCドライブのWindows.oldというフォルダに保管して、新たにWindows8を追加でインストールをするので、空き容量が減るようです。Windows.oldというフォルダはシステムフォルダなので、普通のファイル削除のように削除できません

アップグレード後はWindows7に戻して取り出さなければならないファイルや情報も特にないので、「ディスクのクリーンアップ」で古い情報をすべて消去します。

  1. まずはCドライブを右クリックして「プロパティ」を選択。


  2. ディスクのクリーンアップ」をクリック。


  3. システムファイルのクリーンアップ」をクリック。


  4. リストが表示されるので消去したい項目にチェックを入れる。特に「以前のWindowsのインストール


  5. 僕の場合は7に後戻りする気はないので、全部にチェックを入れ「OK」を押しました。


    Windows ESD インストールファイル」は、PCを初期状態に戻すまたはリフレッシュする場合に必要なファイルですが、Windows8のインストールディスクがあれば不要だそうです。ダウンロード版のアップグレード版でも後からメールに記載されたURLからWindows8はダウンロードできますので問題はないそうです。

  6. 「ファイルの削除」をクリック。


  7. クリーンアップが開始されます。


  8. クリーンアップ後は空き容量が増えました。

 

元々のSSDの容量が少ないので、増えたといっても余裕ではありませんが...。

ノーマルのWindows7のコマンドプロンプトに『telnet』と入力すると、以下のようなメッセージが出て、telnetが使用できません。

'telnet' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

コマンドプロンプト

telnetクライアントでルーターの設定を行うので、ヤマハルーターを使用している自分にはかなり痛手です。

しかし、使用できるようにするこはできるようです。

 

解決方法

  1. コントロールパネルの『プログラムと機能』を開く。
    コントロールパネルのプログラムと機能
  2. Windoowsの機能の有効化または無効化』を開く。
    Windoowsの機能の有効化または無効化
  3. telnetクライアントにチェックを入れOKを押す。
    telnetクライアントにチェックを入れOKを押す

 

これでコマンドプロンプトでTelnetコマンドを使えるようになります。

telnetクライアントを使用する人が少ないので、余計な機能ということでオフにしているんでしょうね。

ちなみにヤマハルーターの設定にTFTPを使う場合は『TFTPクライアント』のチェックも入れてください。

Windows Vista/7には、『GodMode(ゴッドモード)』と呼ばれる隠し機能が存在するしているそうです。

GodeModeを使うと、省略されすぎてわかりにくいコントロールパネルの内容が説明付きでリスト表示され、非常にわかりやすくなります。

 

GodModeの使い方

  1. デスクトップ等にマウスの右クリックメニューから[新規作成]-[フォルダー]を選択。
  2. 「新しいフォルダー」の名前を以下に変更する。
    GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
  3. フォルダアイコンがGodModeアイコンに変身するのでダブルクリック。

 

Windows Vistaと7でできるいうことは今から発売されるWindows8でもGodModeが存在するかもしれません。

 

2013/02/09追記

ウィンドウズ8でもできました!