タグ「UltraVNC」が付けられているもの

UltraVNCを使ってリモートコンピューターを遠隔操作していてヌルヌルモサモサして「遅いな~」と感じたら、Mirror Driverを操作される側のコンピューターにインストールしてみてください。劇的に描画が速くサクサク操作できるようになります。

リモートコンピューターの画面出力をソフトウェアで処理するのではなく、ハードウェア処理してくれるっぽいです。

ダウンロード

Mirror DriverUltraVNCホームページの以下のどちらかよりダウンロードできます。

ページ中間あたりに「Download MD SDK」というダウンロードリンクがあります。

[直リンク]http://support1.uvnc.com/download/UVNC_MD_SDK.zip

インストール

ダウンロードしたファイルを解凍するとdriverフォルダにOS別のフォルダがあるので、その中のファイルを使ってインストールします。

Windows7以上のOSはVistaを使います。

install.batを右クリックして「管理者として実行」するとインストールできます。

  ↓

インストールが完了するとデバイスマネージャーディスプレイアダプター「mv video hook driver2」または「mv2」が表示されます。インストール後は再起動してください。

UltraVNC側の設定

ミラードライバーを入れただけでは速くなりません。操作される側のPCにインストールされたVNCサーバーの設定が必要です。

タスクバーからアイコンを右クリックしてUltraVNCのサーバーの管理画面(Properties)を開きます。

「Check the Mirror Driver」ボタンを押してドライバーの状態を確認します。

この画面↓が出たら再起動してから再度ドライバーをインストールまたはチェックボタンを押してください。

この画面が↓出たらドライバーを有効にできます。

そして、Mirror Driverにチェックを入れれば完了です。

これで、サクサク操作できるようになりました。

遠隔操作のフリーソフト「UltraVNC」からWindowsにログオンする画面でCtrl+Alt+Delを送信しても受け付けてくれないので、いつもソフトウェアキーボードで操作していますが、とても面倒です。

そんな時はグループポリシーの設定で解決できます。

設定方法

  1. Windows+Rを押してgpedit.mscを開く
  2. ローカルグループポリシーエディターで以下を開く

    コンピューターの構成

    管理用テンプレート

    Windowsコンポーネン ト

    ソフトウェアのSecure Attention Sequenceを無効または有効
  3. 「有効」とオプション「サービスとコンピューターの簡単操作アプリケーション」を選択

    オプションに関しては「サービス」でも大丈夫です。違いはよくわかりません。

便利なショートカット

  • Ctrl+Alt+Delの送信
    Ctrl+Alt+F4
  • フルスクリーン表示
    Ctrl+Alt+F12