タグ「URL」が付けられているもの

手動でブログやホームページのsitemap.xmlなどのサイトマップを送信する際、ウェブマスターツールを開くのが面倒なので、URLを開くだけで送信できるリンクをメモ。

ただ、これはWordPressやMovableTypeの更新通知先にも登録して使っているもので、ただそのリンクをブラウザで開くというだけのものです。また、事前にウェブマスター登録をしておく必要があります。(多分)

サイトマップ送信リンク

例えば、当ブログのサイトマップがhttp://hoshiya.biz/blog/index.xmlだっとしたら以下のようになります。

「:」「%3A」「/」「%2F」としてURLエンコードした文字列にしています。

リンクを開くとサイトマップを受け付けた旨のメッセージが表示されます。

Bing

Google

Yahoo

現在はサイトマップの受付はしていませんが、以前は以下で送信できていました。

ウェブマスターツール

WordPressやMovableTypeで使うブログ更新時のPING送信先のリストがあるのですが、送信先の死活状態を確認するためにホスト名(ドメイン名)のみの一覧が必要で、それをエクセルで簡単に作る関数例を見つけたのでメモ。

例えば

http://www.bing.com/ping?sitemap=sitemapurl

上記のURLから

www.bing.com

のみを抽出するものです。

関数例

セルA1にURLが入っている場合の例です。

=MID(A1,FIND("/",A1,FIND("/",A1,1)+1)+1,SEARCH("/",A1,FIND("/",A1,FIND("/",A1,1)+1)+1)-(FIND("/",A1,FIND("/",A1,1)+1)+1))

注意

抽出元のURLがhttp://www.bing.comといった感じで.comで終わっている場合、http://www.bing.com/のように"/"で閉じておかないとエラーになります。

ムーバブルタイプの記事一覧にサムネイルを付けたいけど、MT上の画像登録機能を使わず、直接IMGタグで画像を指定していう記事ばかりなのでいくら<$mt:AssetThumbnailURL$>で呼び出しても画像が表示されません。

そこで、記事内のHTMLからIMGタグ内にある画像URLを正規表現で抜き出す方法がないかと探したらブログ記事本文中の最初のimgのURLを取得する | かたつむりくんのWWWにありました。

<img src="<mt:EntryBody regex_replace="/<[^i].*?>|<i[^m]*?>|<iframe.*?>|<input.*?>|<ins.*?>|<isindex.*?>|\s/g","" regex_replace='/(.*?src=")(.*?)(".*)/g','$2' regex_replace="/^[^\.\/].*/g","">" />

正規表現は苦手なので、こういうサンプルがないとわけがわかりません。

mod_rewriteで日本語を含むURLからのアクセスをリダイレクトしようと.htaccessに以下を記述しました。結局は以下の書き方で正しかったのですが、404エラーや500エラーが出て動きませんでした。いろいろなサイトを参考に試行錯誤するものの時間ばかり消費して心が折れそうになりました。

http://hoshiya.biz/ブログ/にアクセスがあったら、http://hoshiya.biz/blog/にリダイレクトする

Redirect permanent /ブログ/ http://hoshiya.biz/blog/
または
RewriteRule ^ブログ/$ /blog/ [R,L]

 

上記で正しく動くはずが動かなかったのは.htaccessをUTF-8の「BOMあり」で保存していたのが原因でした。BOMがどういうものかわかりませんが、「UTF-8(BOMあり)」で保存すると、例えURL内の文字や.htaccessの文字がちゃんとURLエンコードされていても転送元にエンコード文字や日本語があるとエラーになるようです。

UTF-8とUTF-8Nの違いによるワナ」を参考に「BOMなし」のUTF-8(UTF-8N)で保存したら、ちゃんとリダイレクトできました。メモ帳でできるかどうかわかりませんが、私の場合、テキストエディターのEmEditorで「BOMなし」保存しました。

 

ちなみに転送元の「ブログ」はUTF-8でダイレクト(URLエンコードなし)で書かないと動かないようです。

逆に、転送先に日本語が含まれている場合は、URLエンコードしていないとダメです。

http://hoshiya.biz/blog/にアクセスがあったら、http://hoshiya.biz/ブログ/にリダイレクトする

RewriteRule ^blog/$ /¥%e3¥%83¥%96¥%e3¥%83¥%ad¥%e3¥%82¥%b0/ [NE,R,L]

また、URLエンコードされた文字列の「%」の前に「\」を付けてエスケーブさせておくのと、「NE」を行末に入れておかないとURLエンコードの文字列のまま出力されたり、「%」なしの文字列が表示されたりします。

サイトのサムネイルに『Mozshot』を使っていましたが、使用者が多いせいか最近は画像が重たくてページの表示が最近遅いです。でも、こういったサービスは便利なので、他にないか探してみました。

wordpress.comのAPI

エンコードしたURLを指定します。「w」パラメータで画像の幅を自由に指定できWordpressのプラグインではないので、Wordpressを使用していないサイトでも使えます。

http://s.wordpress.com/mshots/v1/http%3A%2F%2Fwordpress.com%2F?w=300
【サンプル】wordpress.com のスクリーンショットを幅300pxで取得してみました。

WordPressのプラグインは以下があり、ショートコードでサムネイル表示できるので便利です。

HeartRails Capture を使う

有名どころ。影や枠線をつけたり、角丸にしたり。サイズも指定できます。

HeartRails Capture | サムネイル画像/PDF ファイル作成サービス

http://capture.heartrails.com/300×225?http://capture.heartrails.com/

【サンプル】HeartRails Capture のスクリーンショットを300x225pxで取得してみました。

SimpleAPI ウェブサイトサムネイル作成API

128×128のサムネイル画像を取得できます。

SimpleAPI – ウェブサイト・サムネイル化ツール

http://img.simpleapi.net/small/http://img.simpleapi.net/

【サンプル】SimpleAPI トップページのサムネイルを取得してみました。

MozShot

64×64 / 128×128 / 256×256 などの大きさが選べます。

Mozshot

http://mozshot.nemui.org/shot/large?http://mozshot.nemui.org/

【サンプル】MozShotのスクリーンショットを256×256で取得してみました。

ウェッジ:ウェブサイトのスクリーンショットを自動生成

200×150の大きさで取得されるようです。

ウェブサイトのスクリーンショットを自動生成 – デザインスタジオウェブログ – WEB関連 – ウェッジ

http://www.j-wedg.co.jp/img/?url=http://www.j-wedg.co.jp/

【サンプル】

thumbalizr

海外のサービス。サイズやクオリティなど細かく指定でき、API Keyを登録すれば指定できるパラメータが増えます。「powered by thumbalizr.com」という表示が付きます。

有料プランにすれば書き出す形式を指定したり、ウォーターマークをつけたりできるようです。

thumbalizr – thumb your webpages

http://api.thumbalizr.com/?url=http://www.thumbalizr.com/&width=250

【サンプル】

その他

Thumboo!

Thumboo! Free Website Thumbnails and PHP Script to Generate Web Screenshots

海外のサービス。サイトにアクセスしてスクリーンショットを撮りたいURLを入力し、生成されたPHPコードをコピー&ペーストすれば自分のブログなどでサムネイル画像を表示できます。API Keyを登録すればウェブサービスなどに組み込んで動的にも使えるようになるみたいです。

はてなスクリーンショット

はてなスクリーンショット

はてなダイアリーなど、はてなのサービス内でのみ使用できます。

livedoor Screenshot

livedoor Screenshot

livedoor Wikiなど、ライブドアのサービス内でのみ使用できます。

APIを使って短縮URLを取得して表示

  • 投稿

APIを使って短縮URLを取得して表示したくて、

PHPで変数に入れたURLを短縮して受け取る方法を探して以下のAPIが候補に上がった。

  • tinyurl.com ... 特に何かの登録がいるわけではない
  • bit.ly(j.mp) ... ユーザー登録をしてAPIキーを取得する必要あり
  • goo.gl ... 調査中

tinyurl.comを利用した例

<?php
$url1 = "http://tinyurl.com/api-create.php?url=";
$url2 = "http://hoshiya.biz"; //短縮したいURLを入れる
$url3 = $url1.$url2;
$url4 = file_get_contents($url3); //短縮されたURLを取得
echo "<a href=\"".$url2."\">".$url2."</a>が<a href=\"".$url4."\">".$url4."</a>に短縮されました。";
?>

 

参考サイト
Twitter 短縮URL TinyURLのAPI
http://memorva.jp/memo/api/twitter_tinyurl.php

 

bit.ly(j.mp)を利用した例

<?php
//短縮URLを取得する
function shorten_url($url){

$bitly_user = '******'; //bit.lyに登録したユーザー名を入れる
$bitly_apikey = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'; //発行されたAPIキーを入れる

//j.mpを使いたい場合はbit.lyと入替える
$bitlyurl = 'http://api.bit.ly/shorten?version=2.0.1&login='.$bitly_user.'&apiKey='.$bitly_apikey.'&longUrl='.$url;
$context = stream_context_create(array('http' =>
array(
'method' => 'GET',
'timeout' => 5
)
));
$ret = file_get_contents($bitlyurl,false,$context);
if($ret !== FALSE){
$json = json_decode($ret, true);
if($json['statusCode'] == 'OK') {
$surl = $json['results'][urldecode($url)]['shortUrl'];
return $surl;
}
}
return FALSE;
}

$url = "http://hoshiya.biz"; //短縮したいURL

echo "<a href=\"".$url."\">".$url."</a>が<a href=\"".shorten_url($url)."\">".shorten_url($url)."</a>に短縮されました。";
?>

 

参考サイト
twitter/URL短縮する(bit.ly)
http://hodade.adam.ne.jp/itmemo/index.php?twitter%2FURL%C3%BB%BD%CC%A4%B9%A4%EB(bit.ly)

宅急便やメール便等の到着確認などをするとき、各宅急便会社のホームページに伝票番号を入力しないとできないと思っていましたが、アドレスバーに伝票番号を追加したURLを入力することで、ダイレクトに検索できるようです。

また、そのURLをお客様など、送り先の方に教えてあげると、受け取る側はワンクリックで配送状況の画面を開けるので便利です。

クロネコヤマト(ヤマト運輸)宅急便・メール便対応

http://jizen.kuronekoyamato.co.jp/jizen/servlet/crjz.b.NQ0010?id=伝票番号

佐川急便

http://k2k.sagawa-exp.co.jp/p/web/okurijosearch.do?okurijoNo=伝票番号

日本郵便 ゆうパック・エクスパック・レターパック・ポスパケット

http://tracking.post.japanpost.jp/service/singleSearch.do?org.apache.struts.taglib.html.TOKEN=&searchKind=S002&locale=ja&SVID=&reqCodeNo1=伝票番号

日本郵便 翌朝10時郵便

http://tracking.post.japanpost.jp/service/singleSearch.do?searchKind=S003&locale=ja&SVID=023&reqCodeNo1=伝票番号

日本郵便 EMS

http://tracking.post.japanpost.jp/service/singleSearch.do?searchKind=S004&locale=ja&SVID=023&reqCodeNo1=伝票番号

日通ペリカン便(日本通運)

https://lp-trace.nittsu.co.jp/web/webarpaa702.srv?denpyoNo1=伝票番号

西濃運輸・カンガルー便

https://track.seino.co.jp/cgi-bin/gnpquery.pgm?GNPNO1=伝票番号

福山通運

http://www4.fukutsu.co.jp/inq/INQJS120?toino=&toino=&toino=&toino=&toino=&toino=&toino=&toino=&toino=&toino=伝票番号

2009/09/14追記

↓伝票番号を入力して。各社の追跡結果ページを開くブログパーツを作ってみた。

 

2011/02/25追記

↓荷物追跡用リンク作成フォームを作ってみた(仮)

自動サイトサムネイルMozshot

  • 投稿

指定のURLのサムネイルをリアルタイムに表示するツール。

以下のタグを例に「?」以降にURLを指定してやるだけ!

こんなツール待ってました。

 

 

サムネイルの表示の方法もいくつかあるようです。

説明のページ↓

上記ページの内容を参照

 

更に詳細設定も可能。

http://mozshot.nemui.org/shot?uri=http%3A%2F%2Fwww.mozilla.org%2F;noresize=true;win_x=1000;win_y=1000;effect=false;keepratio=true

  • uri
  •  対象のURL
  • noresize
  • win_x
  • win_y
  • effect
  •  影の有無 true:あり false:なし
  • keepratio