タグ「Ping」が付けられているもの

固定IPを使用するLANの中で、今どのIPアドレスが空いているか適当にpingを打ってみることがありますが、連続して応答が返ってくるとちょっと疲れます。1~254まで全部手動で行うのは面倒なので、コマンドの例を探したらありましたのでメモ。

コマンドプロンプトの例

例えば、192.168.0.2~192.168.0.10を調べる場合

指定した範囲でpingarpを連続で打つコマンドです。

for /l %i in (2,1,10) do ping -w 1 -n 1 192.168.0.%i && arp -a 192.168.0.%i

最初の(2,1,10)は変数「%i」を2から10まで1ずつ加算していくことを表しています。

結果のログをテキストファイルで残す場合

コマンドの後ろに>> result.txtなど任意のファイル名を記載します。

for /l %i in (2,1,254) do ping -w 1 -n 1 192.168.0.%i && arp -a 192.168.0.%i >> result.txt

上記のようにファイル名のみ指定すると、ファイルの保存先はコマンドを実行したディレクトリに保存されます。(ほとんどの場合、ユーザーフォルダ)

分かりやすい場所に保存する場合はd:\result.txtなど、任意のディレクトリに変更します。

バッチファイルを作る場合

このコマンドをバッチファイルにする場合は、3カ所ある「%i」「%%i」にして「.bat」の拡張子を付けた名前で保存します。

for /l %%i in (2,1,254) do ping -w 1 -n 1 192.168.0.%%i && arp -a 192.168.0.%%i >> result.txt

結果について

応答があったもののみがテキストファイルに出力されていますので、ここにないIPアドレスが空いているということになりますが、たまたま電源が入っていない機器も含まれるので注意が必要です。

PowerShellのスクリプトの例

こちらはPowerShell192.168.0.1~192.168.0.255まで連続でpingを送信するスクリプトです。以下のスクリプトをPowerShellに貼り付けるか、メモ帳で「.ps1」という拡張子を付けて保存します。

$date = Get-Date -Format _yyyy_MMdd_HHmmss
for ($i = 1; $i -lt 255; $i++) {
        ping 192.168.0.$i >> pinglog$date.txt
}

実行すると、実行結果の入ったテキストファイルが「pinglog_2016_1127_092028.txt」のようなファイル名で実行ディレクトリに保存されます。

WordPressやMovableTypeで使っているブログ更新時のPING送信先が活きているか、PowerShellで簡単に調べるスクリプトを見つけたのでメモ。

ping送信先のテキストファイルを用意

例えば、以下のテキストをpinglist.txtという名前を付けて保存

google.co.jp
facebook.com
yahoo.co.jp

スクリプト作成

以下のスクリプトをメモ帳に貼り付け、先ほどのpinglist.txtと同じ階層にping.ps1といった感じで適当に.ps1の拡張子を付けて保存します。

echo pingを実行しています。しばらくお待ちください。

$date = Get-Date -Format _yyyy_MMdd_HHmmss
$target = Get-Content pinglist.txt

foreach ($item in $target) {
  ping $item >> pinglog$date.txt
  }

echo 結果を「pinglog$date.txt」に保存しました。

pause

スクリプト実行

スクリプトファイル(ping.ps1)を右クリックして「PowerShellで実行」をクリックするとスクリプトが実行されます。

 ↓

実行結果

実行結果は以下のような内容でスクリプトファイル(ping.ps1)と同じ階層に「pinglog_2016_1126_225217.txt」といったテキストファイルが作成されているので開いて確認できます。

これで、今後の確認作業が楽になりそうです。

先日、会社のルーターをYAMAHA RT-58iからRTX-1200に切り替えました。

本店と支店のVPNが開通したことを確認し、切り替えの作業は終了したのですが、次の日に支店から『インターネットはできるが、本店のサーバーにアクセスできない。』と連絡がありました。

本店と支店のVPNが切断されているのではないか?と思ったので、両方に設置されているRTX-1200の管理画面をブラウザで見ると、インターネットの接続もVPNも『UP』になっており、切断を意味する『DOWN』になっていませんでした。それなのにいつも開ける共有フォルダを開くことができません。

しかし、本店のサーバーかルーターにPINGを打つと反応があり、その直後は共有フォルダーにアクセスできるようになりました。でも、数分後にはまた同じ状況に...。

 

結局、以下のコマンドがお互いのルーターのConfigから抜けていただけでした。

ip keepalive 1 icmp-echo 10 6 192.168.100.1

10秒に1回、拠点先ルーターのアドレス192.168.100.1にPINGを送信し、信号が到達できなかったら6回チャレンジしてみるというもので、常にパケットをVPNトンネルに流しておかないと、接続はあっても『まるで切断されたかのよう』になるみたいです。

まるで、目の前にはいるけど話をしながら寝てしまうおじいちゃんのようです(笑)

iPhone4のiOSを4.3にアップデートしたら、待ち受けだけでもバッテリーの消耗が今までよりも著しく早くなった。

アップデートしたのになんか損した感じで思っていましたが、バッテリーの消耗を激しくしているのはiTunesでおなじみの「Ping」が原因でした。

「Ping」が待ち受け状態でも定期的に送受信しているので、バッテリーの消費を早くなるそうです。

あまりに減りが早いので、もうバッテリーの寿命かと思い焦りました...。

ということで、特に「Ping」は使用していないので、この機能をオフにしました。

  1. 設定をタップ
    IMG_0256.jpg
  2. 一般をタップ
    IMG_0257.jpg
  3. 機能制限をタップ
    IMG_0258.jpg
  4. 暗証番号を入れる
    IMG_0259.jpg
  5. 「Ping」をオフにする
    IMG_0260.jpg

これで消耗が落ち着きます。