タグ「PCIe」が付けられているもの

ずっと気になっていたNVMe版のM.2 SSD Samsung SM961。

もともと前モデルのSM951を持っていて、9月くらいにアマゾンでSM961が販売されたのですが、購入を悩んでいるうちに完売してしまいました。それから11月になって並行輸入品が販売されていたのを見つけたので、またなくならいうちに買うことにしました。

できれば3.5GB/s出る512GBが欲しかったのですが予算の都合上、手が出ず256GBを買いました。

SM961950PRO/960 PROなどのコンシューマーモデルと違ってOptionROM非搭載なので、マザーボードによってはWindows上ではディスクとして認識されますが、BIOS上で認識されず起動ディスクとして使えなかったり、Samsung製品なのにSamsung Magician(SSD最適化ツール)でSamsung製品として認識されず、TRIMが簡単にできないなとありますので、購入の際はご自分の環境がネイティブにNVMeに対応しているかをご確認ください。

早速ベンチ

速い。システムドライブとして使ってこの数値。

ちなみに公称値はシーケンシャル:読み出し3,100MB/s、書き込み1,400MB/s。

Windowsやアプリケーションの起動もスリープからの復帰も爆速です。

PCIe変換基板に取り付け、ASRock Z97 Extreme6のPCIeスロットに挿し、Windows 10 Pro 64bitのシステムドライブとして測定しました。

温度が低い

アイドル状態でCrystalDiskInfoでSM961の温度を見ると36℃

スピードが速い分熱いかもと思っていましたが、逆に前モデルのSM951よりも温度が低かったです。

SM951はDドライブとして使用していますが、こちらは42℃

UltraM.2スロットでベンチ

マザーボードのUltraM.2スロットに挿してデータドライブとしてベンチマークしてみました。

変換基板使ってPCIeスロットに挿す方がちょっと速いみたいです。

Samsung NVMeドライバー

上記のSamsungのホームページからドライバーをダウンロードしようとしたら以下のように英語で「1日のダウンロード数が上限を超えたから24時間後に再度チャレンジしてください」という旨のメッセージが出ました。

他にどこかでダウンロードできないかな?と検索したら、以下のページからVer2.4.7をダウンロードすることができました。

ドライバーを適用すると下のように表示されます。

せっかくNVMe版m.2 SSD×2枚で爆速のRAID0を構築しようとウキウキで購入したというのに以下の組み合わせでRAIDが組めませんでした。

ちなみにSamsung SM951 m.2 SSD NVMe版はコンシューマー向けのパーツではなく、組み込み専用のOptionROM非搭載で、コンシューマー向けの950 PRO(OptionROM搭載)と違ってほとんど店頭に並んでいません。

IRSTにドライブが表示されない

IRST(インテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジー)でRAID0を組もうと、マザーボード上のm.2スロットに直接挿しても、変換基板でPCIeに挿しても、単独のディスクとしてはWindows上で動作していますが、IRST上にはディスクが表示されずRAIDを構築することができませんでした。

NVMe対応のIRSTをインストールしてみる

IRSTはVer.13からNVMeに対応しているみたいで、今日現在インストールしているIRSTのバージョンは14.8.0.1042。UEFIのIRSTは13.0.0.2075。

マザーボードのファームウェアも最新にして、チップセットも最新にアップデートしました。

m.2スロットに挿しているのにBIOSのAdvanced > Storage Configurationm.2 Slotの部分にもディスクの表示が出ていませんでした。

多分、このマザーボードがNVMeに対応しているとは言っても単独ディスクのみで、RAIDはAHCI版のm.2 SSD(SATA接続)じゃないと認識してくれないんでしょうね。

チップセットの問題?

いろいろ調べてみると、Z97X99のチップセットはPCIe/SATAリマッピングという機能がないから仕様上、PCIe接続されたドライブでIRSTによるチップセットRAIDは組めないようです。

Z170チップセットはPCIe/SATAリマッピングに対応しているみたいで、Z170であればIRST上にPCIeディスクとして表示されるようです。

 

残念…。

 

ちなみに

ASRockのマザーボードでUEFI上のIRSTでRAIDを組むときはUEFIで以下の設定をしておくことが必要のようです。

BOOT > CSM(Comatibilit Support Module)

  • CSM : Enabled
  • Launch Storage OpROM Policy : UEFI Only

Advanced > Storage Configuration

  • SATA Mode Selection : RAID

これを設定すると、Advanced > Storage ConfigurationIntel(R) Rapid Storage Technologyの項目が現れ、UEFI上でRAIDを構築できるようです。

参考

以前から爆速だということで気になっていたSamsungのm.2 SSDを2枚ゲット。思ったよりかなり小さい。

 

PCI Express Gen3 x4接続でAHCIよりもSSDのパフォーマンスを引き出すNVMeというプロトコルでRAIDなしの単体で連続読込 2150 MB/s連続書込 1260 MB/s出るという代物。起動ディスクとして使用する予定ですが、とりあえずデータ領域としてCrystalDiskMarkでベンチマークしてみました。SATA接続のSSD 6枚でIRSTのRAID0を組んでいますが、それよりも単体で圧倒的に速いです。

環境

OS Microsoft Windows 10 Pro 64bit
CPU Intel(R) Core(TM) i5-4460 CPU @ 3.20GHz
メモリ 32GB (PC3-10600 DDR3 8GBx4枚)
マザーボード ASRock Z97 Extreme6
SSD SAMSUNG SM951 MZVPV256HDGL-00000(M.2 SSD 256GB NVMe)

Ultra m.2スロット、PCIeスロット(玄人志向 M.2(Type.M)→PCI-Express x4変換基板使用)にそれぞれ接続し、NVMeドライバーOS標準SamsungIntelに切り替えて、1GB4GBでやってみました。

標準NVMeドライバー

Windows 10は標準でNVMeをドライバーを持っているようで、SSDを取り付け電源を入れたらあっさり認識していました。

Ultra m.2スロット

PCIeスロット(玄人志向 M.2(Type.M)→PCI-Express x4変換基板使用)

Samsung NVMeドライバー

Windows10の標準ドライバーよりもSamsung純正のドライバーだとパフォーマンスが上がるかな?と思い、SM951のドライバーを探しましたが見つけることができず、試しに以下のURLから950 PROのドライバーに更新してみました。

Ultra m.2スロット

PCIeスロット(玄人志向 M.2(Type.M)→PCI-Express x4変換基板使用)

Intel NVMeドライバー

Intelのドライバーも気になったので、Intel SSD 750のドライバーを以下よりダウンロードでしてみました。以外に適用することができました。

Ultra m.2スロット

PCIeスロット(玄人志向 M.2(Type.M)→PCI-Express x4変換基板使用)

結果、どれも公称値に近い値でどれがいいのかよくわからない状況です。

 

ちなみにUltra m.2ではないm.2スロットに挿すと帯域が狭いので当たり前ですが、速度が出ませんでした。