タグ「Java」が付けられているもの

Javaをインストールしていると頻繁に更新のポップアップのお知らせが出てザイのですが、更新しておかないと気が済まないので更新はするのですが、更新ついでにアマゾンとかサードパーティーのツールバーをうっかり入れてしまったり、最近では必ずインストールのチェックを入れないと、インストールの画面が進まないことがありイライラします。

特に最近のコレ↓

チェックしないとエラーが表示されて先に進めません...。

でも回避する方法がありました。

Javaの詳細設定で回避

  1. コントロールパネルのJavaを開く
  2. 詳細タブの「Javaのインストールまたは更新時にスポンサーのオファーを表示しない」にチェックを入れる

これで、次回からはツールバーを選択する画面は出なくなります。

ただ、既にJavaがインストールされていて更新の場合はこれでいいのですが、初回インストールするときはどうすればいいかというとコレ↓

コマンドラインを使用してインストール

仮にCドライブJavaSetup8u111.exeをダウンロードしたとしたら、コマンドプロンプトに以下のコードを貼り付けて実行します。このコマンドでインストールすると、先ほどの「Javaのインストールまたは更新時にスポンサーのオファーを表示しない」にインストール時点でチェックが入った状態になります。

C:\JavaSetup8u111.exe SPONSORS=0

これでツールバーの選択画面は出なくなります。

ちなみに0の部分はDisableと指定することもできます。

C:\JavaSetup8u111.exe SPONSORS=Disable

既に古いバージョンのJavaが入っていて手動更新するときはREMOVEOUTOFDATEJRES=1を加えることで、古いバージョンのアンインストール同時に行います。

C:\JavaSetup8u111.exe SPONSORS=0 REMOVEOUTOFDATEJRES=1

他にも、Javaのインストール方法はコマンドラインでサイレントインストールや構成ファイルを使用する方法もありますので、以下を参考にしてください。

これでスキッリ。

Java Runtime Environment(JRE)をインストールする際、バージョンによっていろんなツールバーや、アプリケーションをインストールされそうになります。

そのオプションを必ず選択しないとインストールができないようになっていたりすることもありますが、コマンドラインからサイレントインストールするか、以下の方法で回避できることを知りました。

構成ファイルを作り、インストールファイルのパスにINSTALLCFG=**を付けて構成ファイルを指定してインストールする方法です。

例えば、ダウンロードしたjre-8u101-windows-i586.exeと以下のようなインストールのセッティングファイル(仮にinstall.cfgとして)をテキストエディタで作成し、Cドライブにjreというフォルダを作って置いたとします。

以下のコマンドをコマンドプロンプトで実行するだけ

C:\jre\jre-8u101-windows-i586.exe INSTALLCFG=C:\jre\install.cfg

インストール構成ファイルの内容 install.cfg(仮)

SPONSORS=Disable
REMOVEOUTOFDATEJRES=1 
  • SPONSORS=Disableの部分が余計なツールバーとかを無視する部分です。
  • REMOVEOUTOFDATEJRES=1は古いバージョンを削除します。

内容については以下を参考にしてください。

スクリーンショット

そして実行した画面はこちら↓

オプションを選択する画面が出てこないままインストールが完了しました!

全部指定するとき用にメモ

INSTALL_SILENT=Disable
INSTALLDIR=
STATIC=Disable
AUTO_UPDATE=Enable
WEB_JAVA=Enable
WEB_JAVA_SECURITY_LEVEL=VH
WEB_ANALYTICS=Disable
EULA=Enable
REBOOT=Disable
NOSTARTMENU=Disable
SPONSORS=Disable
REMOVEOUTOFDATEJRES=1

INSTALL_SILENT=Enableにしてサイレントインストールしたり、AUTO_UPDATE=Disableにして自動更新を無効にしたりもできるようです。

バッチファイル

繰り返しインストール作業をする場合のバッチファイルのメモ。

このバッチファイルとインストーラーと構成ファイルをセットにしておけば、どの階層に置いていても簡単に実行できます。

@echo off

echo.
echo ===============================================
echo Java Runtime Environmentをインストールをします。
echo ===============================================
echo.

rem ----- 環境変数 -----
set PARAMETER=jre-8u101-windows-i586.exe
set CONFIGFILE=install.cfg

rem ----- インストール -----
%~dp0%PARAMETER% INSTALLCFG=%~dp0%CONFIGFILE%

pause

exit

コマンドラインでインストールする方法はこちら↓

Javaをインストールするときに余計なオプションもインストールさせられるのが嫌なときはサイレントインストールするのがおすすめです。

例えば、Version 8 Update 101(JavaSetup8u101.exe)をCドライブにダウンロードしたとしたら、

C:\JavaSetup8u101.exe /s

と、ファイルパスの後ろに" /s"と付けてコマンドプロンプトで打つだけでOK。

これだけだと古いバージョンを残しつつ、新しいバージョンがインストールされてしまうので、インストールと同時に古いバージョンを削除する場合はREMOVEOUTOFDATEJRES=1を付けます。

C:\JavaSetup8u101.exe /s REMOVEOUTOFDATEJRES=1

他にも使えるオプションは以下を参照

ちなみに、何台もセットアップするときに楽になるバッチファイルはこれ。(Javaのインストーラーと同じ階層で使います。)

@echo off

echo.
echo =========================================================
echo Java Runtime Environmentのサイレントインストールをします。
echo =========================================================
echo.

pause

rem ----- 環境変数 -----
set PARAMETER=JavaSetup8u101.exe

rem ----- インストール -----
"%~dp0%PARAMETER%" /s REMOVEOUTOFDATEJRES=1

rem ----- バージョンの確認ページを開く -----
start https://java.com/ja/download/installed8.jsp

pause

exit

テキストエディタに上記のコードを貼り付け、『Javaインストール.bat』とか名前を付けて保存し、右クリック「管理者として実行」します。

オフライン版のインストーラーを使用する場合も同じく、ファイルパスの後ろに" /s"を付けるだけです。

構成ファイルを使用してインストールする方法はこちら↓