タグ「Internet Explorer」が付けられているもの

Window7、Windows10のInternet Explorer 11(IE11)のインターネットオプションでローカルインターネットゾーンのサイトの設定をするレジストリのメモ。

[インターネットオプション]-[セキュリティ]-[ローカルイントラネット]-[サイト]にある画面のチェックボックスのON/OFFの設定、[詳細設定]でイントラネットのURL(http://192.168.0.10またはhttp://intranet_web)を登録したとします。

チェックボックスの設定

デフォルトでは「イントラネットのネットワークを自動的に検出する」にチェックが入っています。

それを以下のように変更したとします。

Windows7

Windows10

このチェックボックスの状態のレジストリ

  • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\ZoneMap

ここにあるレジストリをレジストリエディタで以下のように「0」か「1」に変更します。

AutoDetect
「イントラネットのネットワークを自動的に検出する」にチェックがない状態が「0」
IntranetName
「ほかのゾーンに指定されていないローカル(イントラネット)のサイトをすべて含める」にチェックが入っている状態が「1」
ProxyBypass
「プロキシサーバーを使用しないサイトをすべて含める」にチェックが入っている状態が「1」
UNCAsIntranet
「すべてのネットワークパス(UNC)を含める」にチェックが入っている状態が「1」
Windows7

Window10

イントラネットのURLの登録

[詳細設定]ボタンを押して表示される画面でイントラネットのWEBサイト(http://192.168.0.10)を登録したとします。

この状態を設定するレジストリ

  • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\ZoneMap\Ranges\Range1

この場所に以下のレジストリを登録します。

:Range
文字列値(REG_SZ) 値のデータ:192.168.0.10
http
DWORD値(REG_DWORD) 値のデータ:1

ドメインで登録する場合

イントラネットのサイトをIPアドレスではなく、ドメインで登録する場合は以下のようになります。イントラネットのサイト名が仮にintranet_webでhttp://intranet_webでアクセスできるサイトだったとします。

この場合のレジストリ

IPアドレスでアクセスする場合とは異なり、以下のレジストリの登録となります。

  • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\ZoneMap\Domains\intranet_web

ここに以下の登録をします。

http
DWORD値(REG_DWORD) 値のデータ:1

レジストリを変更するコマンド

バッチファイルで手っ取り早くレジストリを変更したいときは以下を使用。

@echo off


set REGROOT="HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\ZoneMap"

reg add %REGROOT% /f /v "AutoDetect" /t REG_DWORD /d "0" 
reg add %REGROOT% /f /v "IntranetName" /t REG_DWORD /d "1"
reg add %REGROOT% /f /v "ProxyBypass" /t REG_DWORD /d "1"
reg add %REGROOT% /f /v "UNCAsIntranet" /t REG_DWORD /d "1"


set REGROOT="HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\ZoneMap\Ranges\Range1"

reg add %REGROOT% /f /v ":Range" /t REG_SZ /d "192.168.0.10" 
reg add %REGROOT% /f /v "http" /t REG_DWORD /d "1"


set REGROOT="HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\ZoneMap\Domains\intranet_web"

reg add %REGROOT% /f /v "http" /t REG_DWORD /d "1"


pause

Windows8/8.1とIE9、IE10は環境がないのでわかりませんが同様ではないかと思います。

Internet Explorer 11yahoo.co.jpがどうしても互換表示されてしまいます。

(画像はすべてWindows10ですが、実際に症状が出ているのはWindows7)

↓こんな感じで、

IE11なのにIE9以上を使えと表示されています。

Yahoo! JAPANトップページの機能を正しくご利用いただくには、下記の環境が必要です。Windows:Internet Explorer 9.0以上 / Chrome 最新版 / Firefox 最新版 / Microsoft Edge Macintosh:Safari 5.0以上※Internet Explorer 9.0以上をご利用の場合は、「Internet Explorerの互換表示について」を参考に、互換表示の無効化をお試しください。

互換表示についてのメッセージだったので、互換表示に関連する設定を確認したところ、

  • 互換表示設定で「イントラネットサイトを互換表示で表示する」チェックなし
  • 「互換表示に追加したWebサイト」にもURLの登録なし
  • 「インターネットオプション」-「セキュリティ」-「イントラネット」-「サイト」ボタン-「ローカルイントラネット」で「イントラネットのネットワークを自動的に検出する」チェックなし
  • 上記の「詳細設定」ボタン-「ローカルイントラネット」の「Webサイト」URLの登録なし

となっており、特に互換表示をする設定になっていませんでした。

(この設定方法は「Internet Explorer 11でヤフー(YAHOO)の表示がおかしくなったときの対処方法」に詳しく書いています。)

ツールメニューから「F12開発者ツール」を開くとドキュメントモード5(既定)となっていて、一時的に「11」に変更しても、再度ヤフーを開くと5(既定)となってしまいます。(別のWindows7のPCでは「7(既定)」でした。)

デフォルトを「11」に変更することができればいいのですが、その方法が見当たりませんでした。

原因

いつこんな設定をしたのか全く覚えがありませんが、グループポリシーの互換表示するリストにこっそりyahoo.co.jpが登録されていました。

ローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)で「コンピューターの構成」-「管理用テンプレート」-「Windowsコンポーネント」-「Internet Explorer」-「互換表示」を開いて

「Internet Explorer 7 サイトのポリシー一覧を使用」(または「Quirksモードサイトのポリシー一覧を使用」)を開いて

サイトのリスト「表示」を開いていくとyahoo.co.jpがありました!こいつが原因です。

対処方法

ローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)の場合

「Internet Explorer 7 サイトのポリシー一覧を使用」(または「Quirksモードサイトのポリシー一覧を使用」)を「未構成」または「無効」にする。

複数のURLが登録されていたらyahoo.co.jpだけ消す。

レジストリで修正する場合

この上記のグループポリシーのサイト一覧の削除をレジストリで行います。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Internet Explorer\BrowserEmulation\PolicyList
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Internet Explorer\BrowserEmulation\QuirksPolicyList

ここにあるyahoo.co.jpを削除する。

結果

グループポリシーやレジストリを変更したら、IEをすべて閉じて再起動したら、いつもヤフーが表示されるようになりました。

「F12開発者ツール」のドキュメントモードも11(既定)になっていました。

Internet Explorer 11 (IE11)

Windows 7 SP1 (32bit/64bit)、Windows Server 2008 R2 SP1 (64bit)

直リンク(ファイル本体ダウンロード)
必須更新プログラム

インストールでエラーが出なければ必要なし。インストールが途中で止まるときは事前に入れたほうがいいです。

Internet Explorer 10 (IE10)

Windows 7 SP1 (32bit)

Windows 7 SP1 (64bit)

必須更新プログラム

Internet Explorer 9 (IE9)

Windows 7 (32bit/64bit)、Windows Server 2008 (32bit/64bit)、Vista (32bit/64bit)

Windows 7 (32bit)直リンク

Windows 7 (64bit)直リンク

必須更新プログラム

Internet Explorer 11(IE11)を使っているパソコンの何台かの1台のみ、ヤフー(YAHOO)の表示がおかしくなりました。

ちなみにOSはWindows7。

レイアウトが崩れているわけではないのですが、いつものデザインとは違う見たことない違和感のある変なレイアウト。

表示がおかしいヤフー

なんか急にシンプルな感じに...。

いつもの見慣れたヤフー

原因

http://www.yahoo.co.jp/がInternet Explorer(IE)にイントラネットサイトとして認識され、互換表示になっているのが原因のようです。

対処方法

ローカルイントラネットの設定を変更する

  1. 歯車のマークのメニューから「インターネットオプション」をクリックします。
  2. 「セキュリティ」タブで「ローカルイントラネット」を選択し「サイト」をクリックします。
  3. 「イントラネットのネットワークを自動的に検出する」にチェックが入っていたらチェックを外します。
  4. 「詳細設定」を開き、「Webサイト」欄にhttp://www.yahoo.co.jp/が追加されていたら削除してください。
  5. 画面を閉じてF5を押すか再度アクセスして画面を更新してみてください。

 

それでもダメなら...。

 

互換表示設定を変更する

  1. 歯車のマークのメニューから「互換表示設定」をクリックして「互換表示設定の変更」の画面を出します。
  2. 「イントラネットサイトを互換表示で表示する」にチェックが入っていたらチェックを外します。
  3. 画面を閉じてF5を押すか再度アクセスして画面を更新してみてください。

 

ちなみに互換表示設定されたサイトは以下に格納されています。

%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Internet Explorer\IECompatData\iecompatdata.xml

 

それでもダメなら...。

 

IE11をリセット

 

それでもダメなら...。

 

再インストール

Internet Explorer 11のインストーラーは以下からダウンロードできます。

 

オフラインのインストーラーはこちら↓

 

Chromeがインストールされている場合は、ChromeをアンインストールしてからIEを再インストールしてみてください。(どっかのサイトにそんなことが書いてありました。)

また、IEを削除した場合にIE8などに戻った場合、IE8→IE9→IE10→IE11と順番に再インストールしたほうがいいかもしれません。(これもどっかのサイトにそんなことが書いてありました。)

 

これで、いつものヤフーの表示に戻るはず?です。

2016/09/14追記

上記では直らない場合はこちらも参考にしてみてください。

Windows7でInternet Explorer 9という環境で以下の警告が出ます。レジストリ「許可」を設定し、この警告がでないようにする方法があったのでメモ。コンピューター丸ごとではなく、ユーザー毎の設定になりますが...。

Internet Explorer セキュリティ Webサイトで、このプログラムを使ってWebコンテンツを開こうとしています

「今後、このプログラムに関する警告を表示しない」にチェックを入れて「許可する」を押しても、同じコンピューターでログオンするユーザーが違うと出てきます。

原因はKB2899516らしいのですが、セキュリティの関係上、削除はしないほうがよさそうです。

レジストリの場所

HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Low Rights\ElevationPolicy\{****}

上記になかったらこちら↓

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Internet Explorer\Low Right\ElevationPolicy\{****}

HKEY_LOCAL_MACHINEの場合はユーザー単位ではなくグローバル(コンピューター全体)に影響するようです。

IME 2010の場合の{****}の部分

{****}はOfficeアプリケーションによって決まっているようです。IME 2010の場合は以下のいずれかのようです。

  • {9CDE85F5-9233-4bf4-89CB-CC7B51BBAD8A}
  • {CF1E7C6B-B6CC-4AF8-84B9-86A7F6BDCA96}
  • {A52FD337-7C43-494f-9D47-68950F39708C}
  • {CE103198-9107-4D02-937E-F0D82826D68C}

[参考ページ] https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3112369

変更する値

上記のキーに「Policy」DWORD値「3」(許可する)に変更します。

[参考ページ] http://morokoshi.hateblo.jp/entry/2014/09/07/000000

[参考ページ] http://winveg.com/win/kb2899516-registry-ie-24-nov-2015/

バッチファイル

もし、Policyの値を「3」に変更するバッチファイルを作るとしたら以下のようになります。(HKEY_LOCAL_MACHINEの場合)

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Low Rights\ElevationPolicy\{9CDE85F5-9233-4bf4-89CB-CC7B51BBAD8A}" /v Policy /t REG_DWORD /d 3 /f

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Low Rights\ElevationPolicy\{CF1E7C6B-B6CC-4AF8-84B9-86A7F6BDCA96}" /v Policy /t REG_DWORD /d 3 /f

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Low Rights\ElevationPolicy\{A52FD337-7C43-494f-9D47-68950F39708C}" /v Policy /t REG_DWORD /d 3 /f

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Low Rights\ElevationPolicy\{CE103198-9107-4D02-937E-F0D82826D68C}" /v Policy /t REG_DWORD /d 3 /f

pause

Windows7IE9を使用しています。

フリーソフトのダウンロードをしようとページのダウンロードボタンを何度クリックしてもダウンロードが突然できなくなりました。

インターネットオプションの「閲覧の履歴」「設定」を開くと一時ファイルの保存先を見ると。

  • 容量が「0MB」
  • 保存場所のファイルパスが表示されているはずの部分が空白

になっていました。

 

通常のデフォルトは

  • c:\users\ユーザー名\Appdata\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files

のはずなので、保存場所を再設定しようとしたら、通常ではこのフォルダは表示されないので、フォルダオプションで

  • 「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択
  • 「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外す

をして保存場所を指定したら、「容量が足りない…」みたいなエラーで再設定できず。

インターネットオプションを閉じようとしたら8MBにしなさい的な警告が出たので一時ファイルの容量を8MBに設定しても反映されず…。

レジストリエディタで保存先を変更してみてもダメでした。

 

解決方法

最終的に、以下のURLを参考にレジストリを変更したところ、解決できました。

以下のレジストリキーの中にある「CacheLimit」がすべて「0」になっていました。

以下のキーがすべて揃っていませんでしたが、存在するものだけの「CacheLimit」を全部「1」にしてみたところ、PC再起動後にはすべてが解決されていました。

  • HKEY_USERS\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\5.0\Cache\Extensible Cache\DOMStore
  • HKEY_USERS\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\5.0\Cache\Extensible Cache\feedplat
  • HKEY_USERS\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\5.0\Cache\Extensible Cache\iecompat
  • HKEY_USERS\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\5.0\Cache\Extensible Cache\iedownload
  • HKEY_USERS\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\5.0\Cache\Extensible Cache\MSHistXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
  • HKEY_USERS\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\5.0\Cache\Extensible Cache\PrivacIE:
  • HKEY_USERS\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\5.0\Cache\Extensible Cache\UserData

レジストリエディタはWindows+Rを押してregeditまたはregedt32と入力してEnterで開けます。

MovableType4~5はバージョンごとにレンダリング方法が異なるInternetExploreのバージョン9以上ではブログ記事が入力できないとかメニューが表示できないなど正しく操作できない部分があるようです。(MT6はIE9以降でも動くようです。)

対処方法は簡単な順で以下の方法がありあます。

その1、ChromeなどIE以外のブラウザを使う。

これが一番手っ取り早いのですが、自分以外のユーザーやChromeがインストールされていないパソコンでMTの編集を行うときに困ります。

その2、IEの互換表示設定にURLを登録する

InternetExploreの歯車のメニューの互換表示設定にURLを追加すれば、登録されたURLを表示するときは常に互換表示となります。

その3、メタタグを管理画面のテンプレートに埋め込む

MT設置ディレクトリ内の/tmpl/cms/include/header.tmplを開いて<head>~</head>に以下のタグを埋め込みます。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=EmulateIE7"/>

これで、どのパソコンであろうとIEで管理画面にアクセスしたときはIE7の互換表示となり、管理画面を操作できます。

RamDiskのテストなど、Internet Explorer(IE)の一時ファイルの保管場所を変更したあと、元の場所に戻したいときにわからなくなるのでメモ。

Windows 8/7/Vista

c:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\

Windows XP

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Temporary Internet Files\