タグ「高速化」が付けられているもの

リモートデスクトップで遠隔操作するとき、接続にやたら時間がかかるパソコンがあります。

こんな画面が出て↓

リモート接続を保護しています

「リモート接続を保護しています...」が消えるまでが長い。

 

以下のMicrosoftの説明によると、Vista以降はRDPにはSSLが使われていて時間がかかるらしい。

グループポリシーを変更

セキュリティのこととかさておき、操作される側(ホスト側)のグループポリシーを変更すればサクッと接続できるようになります。

gpedit.mscを起動して以下に設定を変更。

[ローカルコンピューターポリシー]
 └[コンピューターの構成]
  └[管理用テンプレート]
   └[Windowsコンポーネント]
    └[リモートデスクトップサービス]
     └[リモートデスクトップセッションホスト]
      └[セキュリティ]

グループポリシー

にある「リモート(RDP)接続に特定のセキュリティレイヤーの使用を必要とする」を開き、[有効]にチェックを入れ、[セキュリティレイヤー]の欄で[RDP]を選択する。

リモート(RDP)接続に特定のセキュリティレイヤーの使用を必要とする

これでサクッと繋がるようになります。(セキュリティ面がどうなのかは別として...。)

 

安定のシステム運用か?それとも素早い対応か?

よくわかっていないので、どちらが優先なのか考えて行わないといけないですね。

UltraVNCを使ってリモートコンピューターを遠隔操作していてヌルヌルモサモサして「遅いな~」と感じたら、Mirror Driverを操作される側のコンピューターにインストールしてみてください。劇的に描画が速くサクサク操作できるようになります。

リモートコンピューターの画面出力をソフトウェアで処理するのではなく、ハードウェア処理してくれるっぽいです。

ダウンロード

Mirror DriverUltraVNCホームページの以下のどちらかよりダウンロードできます。

ページ中間あたりに「Download MD SDK」というダウンロードリンクがあります。

[直リンク]http://support1.uvnc.com/download/UVNC_MD_SDK.zip

インストール

ダウンロードしたファイルを解凍するとdriverフォルダにOS別のフォルダがあるので、その中のファイルを使ってインストールします。

Windows7以上のOSはVistaを使います。

install.batを右クリックして「管理者として実行」するとインストールできます。

  ↓

インストールが完了するとデバイスマネージャーディスプレイアダプター「mv video hook driver2」または「mv2」が表示されます。インストール後は再起動してください。

UltraVNC側の設定

ミラードライバーを入れただけでは速くなりません。操作される側のPCにインストールされたVNCサーバーの設定が必要です。

タスクバーからアイコンを右クリックしてUltraVNCのサーバーの管理画面(Properties)を開きます。

「Check the Mirror Driver」ボタンを押してドライバーの状態を確認します。

この画面↓が出たら再起動してから再度ドライバーをインストールまたはチェックボタンを押してください。

この画面が↓出たらドライバーを有効にできます。

そして、Mirror Driverにチェックを入れれば完了です。

これで、サクサク操作できるようになりました。

会社のパソコンも自宅のパソコンもネットワークが定期的に切断されます。ひどいときは起動した時点で既にアイコンにビックリマークが付いていてインターネットができないことも...。

ネットワークアイコン

OSWindows7Windows8.1

ネットワークカードのドライバを更新したり、IPv6OFFにしてみたり、ネットワークカードの詳細設定を変更してみたりといろいろしてみましたが全く解決に至りませんでした。

以下のことを試して定期的に切断される問題は解決できませんでしたが、結果的にネットが高速化されブラウザの表示スピードが速くなったので、とりあえずやってみたことをメモ。

初期化関連

とりあえず、コマンドプロンプトでいろいろ初期化してみる

ネットワーク・インターフェイスの初期化(リセット)

netsh interface ip reset c:\reset.log

Windows Socketの初期化

netsh winsock reset

TCPパラメータの初期化

netsh interface tcp reset

SNPを無効化する設定

まずSNPの各機能の設定を確認

netsh int tcp show global
netsh int tcp show global

Receive-Side Scaling(RSS)の無効化

netsh int tcp set global rss=disabled

通信に極端な障害が発生していない場合や、効果を感じられない場合は、enabledでも良いかもしれません。

TCP Chimney オフロード の無効化

netsh int tcp set global chimney=disabled

NetDMA(Network Direct Memory Access)の無効化

netsh int tcp set global netdma=disabled

※Windows8/8.1は未サポートで設定不要。

受信ウィンドウ自動チューニングレベルも無効化

netsh interface tcp set global autotuninglevel=disabled
または
netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted

highlyrestrictedのほうが速い気がする。

disabled
自動最適化を無効
highlyrestricted
既定値より受信ウィンドウを保守的に少し拡大
restricted
既定値より受信ウィンドウを制限的に拡大
normal
既定値に戻す
experimental
restrictedの制限対応

アドオン混雑制御プロバイダに設定

netsh interface tcp set global congestionprovider=ctcp
ctcp
有効
none
無効

ネットワークアダプタの電源の設定

電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックは外します。「デバイスマネージャ」-「ネットワークアダプタ」にあるネットワークカードのプロパティの「電源の管理」というタブで設定できます。

電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする

 

参考

YSlowのUse cookie-free domain対策用として.htaccessに静的コンテンツのCookieを削除する方法を見つけたのでメモ。

<FilesMatch "\.(css|js|jpg|jpeg|png|gif)$">
RequestHeader unset Cookie
Header unset Cookie
Header unset Set-Cookie
</FilesMatch>

結局、静的コンテンツ用にサブドメインを用意してみましたが、CDNのCloudFlareを使っていると、この設定をしてもサブドメイン経由で表示する画像などにCloudFlareのクッキーが加えられ、完全なクッキーレスにはできないようです。

サイトを高速化するために評価してくれるサイトGTmetrixで評価の悪いところが何を示していて、どういった対策をすればいいか具体的なことを書いてあるサイトを見つけたのでメモ。Page SpeedとYSlowの対策がよくわかりました。

現在、MovableTypeを使用しているのですが、上記のサイトを参考にいろいろ対策した結果。あともうちょっとでAA。

GTmetrix

Windows XP + eBoostr + iRam(1GB) + システムメモリ(500MB)

でどのくらいスピードが上がるか実験してみた。

 

eboostr.jpg

 

なんと、25.6倍早くなった!

予想外の倍率でスピードアップしました。

 

after.jpg

 

Core 2 Duoのパソコンより早いような気が...。

Pentium 4マシンはまだまだ使えそうです。

 

VistaにはReady Boostという機能がありますが、

ハードディスクのキャッシュとしてフラッシュメモリを使用するのが

一般的です。

しかし、メモリをキャッシュとして使えばかなりの高速化ができると思います。

 

まだ実験していないのでなんとも言えませんが

今度、Vistaパソコンで以下の方法を試してみたいなと思います。

 

  • eBoostr+システムメモリ
  • Ready Boost+RamDisk

 

32ビット版のWindowsの場合、

メモリを4GB載せても3GBしか使えないので、

1GBの空きをキャッシュとして使おうと思います。

ネットの速度が落ちたような気がしたので、MTUとRWINをフリーソフトを使って設定。

フリーソフトはいろいろあり

  • EditMTU
    http://hp.vector.co.jp/authors/VA022090/editmtu/
  • NetTune
    http://members.at.infoseek.co.jp/mimi1014/index.html
  • Comfortable PC
    http://pc-zero.jp/software/comfortablepc_dl.html
  • Net Speed Accelerator
    http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se222442.html
  •  

    我が家の回線はNTT西日本のフレッツひかりプレミアム・マンションタイプ(VDSL)

    なので、設定値は以下の通り。

    MTU ... 1438

    RWIN ... (1438-40)X46=64308(基本)

    • RWIN=64308X1=64308
    • RWIN=64308X2=128616
    • RWIN=64308X4=257232
    • RWIN=64308X8=514464
    • RWIN=64308X16=1028928

     

    しかし、あまり変わらないというか、

    スピードテストしてみたところ、

    逆に遅くなったような気がするので、

    以下を参考に設定をリセット。

     

    • コマンドプロンプトの「netsh」コマンドでリセットする方法
    • 自動でリセットしてくれる「Microsoft Fix it」を使用する方法

    上記のいずれかの方法を行い、再起動して設定まえの状態に戻した。

     

    以下のサイトで現在のMTU・RWIN値が確認できるということで、

     

     

    ここに表示された

    1028928 (25-60 Mbit lines depending on latency. MSS * 46 * 2^4)

    の「1028928」という数字でRWIN値を設定してみたところ約5Mbpsくらいスピードアップできました。

    NetSpeedAccelerator

    VistaやXPを快適に動作させるために、

    細かい設置を自動的してくれるフリーソフトが週刊アスキーに掲載されていたので導入してみた

     

    Comfortable PC - PC-ZERO
    http://pc-zero.jp/
    Comfortable PC - PC-ZERO

     

    Auto Analysisで最適な設定に自動でしてくれる

    レジストリの変更をGUIで変更できる点

    Vista専用の詳細設定やXP専用の詳細設定などが用意されている

    変更履歴を保存してくれているため、復元ポイントを選んで設定を復元できる

    MTU値・RWIN値などネットワークの状態を自動測定し、設定できる

    など、納得の機能が盛り込まれています。

     

    今回は自宅のXPマシンと

    会社のVistaマシンに導入してみましたが、

    特にVistaはAuto Analysisを行ってみましたが、

    速度が速くなりました。

    大容量のメモリを搭載しているわけではありませんが、

    パソコンを少しでも高速化したいということで、

    メインメモリ上に仮想のドライブを作成するRAMDISKのソフトをインストールしてみた。

     

    RAMDISKを作成するフリーソフトで見つけたのは以下の2つ

    • Romex Software「VSuite Ramdisk」
    • Gavotte Ramdisk

     

     

    RAMDISKで高速化できることで思いつくこと

    • ブラウザのキャッシュフォルダ(Temp)に使用してブラウザを高速化
    • ページファイル(pagefile.sys)をRAMDISKに置いてOSを高速化
    • アプリケーションの作業フォルダに使用してアプリケーションを高速化
    • ReadyBoostに使用するリムーバブルディスクとしてハードディスクの読み込みを高速化

     

     

    そこで、

    今回は窓の杜でも紹介されていたRomex Software「VSuite Ramdisk」をインストールしてみた。

    (今のところVistaに対応していないようです。Vistaの場合はGavotte Ramdiskを使用するほうがいいようです。)

     

    使用するパソコンのスペック

     

    • CPU:Intel Pentium 4 3.2Ghz HT
    • OS:Windows XP Professional SP2
    • RAM:3GB

     

     

    3GBのメモリのうち、

    512MBをブラウザのキャッシュに使うためのRAMDISKと

    512MBをOSのページファイルに使用するRAMDISKとして

    2つのRAMDISKを使用。

     

     

    速くなったような気がする...。

    っていうかあきらかに速い!

     

     

    Gavotte Ramdiskは一つのドライブしか作れないが、

    VSuite RamdiskはRAMDISKを複数作れるという違いがあるので、

    ソフトの違いとしては管理しやすいかどうかの差があるくらいだろう。

     

     

     参考サイト

    窓の杜 - 【REVIEW】OS管理外メモリ領域へRAMディスクを構築できるフリーソフト「VSuite Ramdisk」
    http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/06/11/vsuite_ramdisk.html

    Romex Software - Desktop, Multimedia, Embedded Software Developer
    http://www.romexsoftware.com/

    VSuite Ramdisk Translations (日本語版はここからダウンロード)
    http://www.romexsoftware.com/main/products/ramdisk-translations.html

    ページングファイルを置く|Gavotte Ramdisk まとめWIKI
    http://www10.atwiki.jp/gavotterd/pages/23.html

    Google ChromeのキャッシュをRAMディスクに配置して超高速化! :教えて君.net
    http://www.oshiete-kun.net/archives/2009/02/26chrome16.html

     

     

    2009/09/16追記

    ページファイル(仮想ドライブ)にRamdiskを使用したとき、

    使用するアプリケーションによっては

    「仮想ドライブの容量が足りません」というようなエラーがでることがあります。

    ちなみにIllustratorを使ったときに出ました。



    2010/02/26追記

    Romex Software「VSuite Ramdisk」のフリー版はメモリのOS管理領域外に

    Ramdiskを作成できないようです。

    Gavotte Ramdiskは可能なようです。