タグ「遅い」が付けられているもの

Windows7のWindowsアップデートに時間がかかる場合は最新のWindows Update Clientの更新ファイルを入れるのが手っ取り早いです。

2016年08月現在、最新のWindows Updateクライアント(エージェント)はKB3161647ですが、これは単体でダウンロードできないようで、KB3172605に含まれているようです。

KB3161647のページを見るとKB3161647を入れることで、以前に悩まされたWindows Update エラー 0x8007000を修正できるようです。

KB3172605 ダウンロードページ

バッチファイルでダウンロード&インストールするコマンド

ダウンロードしたKB3172605をダブルクリックしてもインストールに失敗するときは、以下のバッチファイルの実行を試してみてください。Windows7(x86)用のKB3172605をダウンロード、展開、インストールまでサイレントで実行します。

md c:\InstallKB

bitsadmin.exe /transfer htmlget https://download.microsoft.com/download/C/D/5/CD5DE7B2-E857-4BD4-AA9C-6B30C3E1735A/Windows6.1-KB3172605-x86.msu c:\InstallKB\Windows6.1-KB3172605-x86.msu

wusa.exe c:\InstallKB\Windows6.1-KB3172605-x86.msu /extract:c:\InstallKB

pkgmgr.exe /n:c:\InstallKB\Windows6.1-KB3172605-x86.xml /quiet

rd /s /q c:\InstallKB

2016/11/09追記

KB3172605は2016/07/21と2016/09/15と2つのリリースがあったようです。このページにあるリンクは2016/09/15にリリースされたダウンロードページのURLに変更しています。

速くなると言っても更新ファイルの確認の時間が早く済むということですが、2016年6月現在で最新のWindows Update Clientをインストールすると、数時間かかっていた更新ファイルの確認の時間が数十分~数分で済むようになりましたので、Windows Updateが遅くてイライラしている方はお試しください。

ダウンロードページ

Windows7(KB3138612)

Windows8.1(KB3138615)

バッチファイルでダウンロード&インストールするコマンド

Windows7(32bit)用のWindows Updateエージェント(KB3138612)をダウンロード、展開、インストールまでサイレントで行います。

md c:\InstallKB

bitsadmin.exe /transfer htmlget https://download.microsoft.com/download/E/4/7/E47FB37E-7443-4047-91F7-16DDDCF2955C/Windows6.1-KB3138612-x86.msu c:\InstallKB\Windows6.1-KB3138612-x86.msu

wusa.exe c:\InstallKB\Windows6.1-KB3138612-x86.msu /extract:c:\InstallKB

pkgmgr.exe /n:c:\InstallKB\Windows6.1-KB3138612-x86.xml /quiet

rd /s /q c:\InstallKB

追記

2016/8/27に調べた時点での最新は以下

Windows7からWindows8にアップグレードしてからというもの、起動時にLANの認識よりも先にネットワークドライブの再接続をしているみたいで、いつも『ネットワークドライブの接続に失敗しました』とバルーンメッセージが表示されます。当然、起動直後はネットワークドライブが切断されたままの状態になっています。

iTunesで使用する音楽や、Lightroomで使う写真はすべてNASに入れており、一度マイコンピュータからネットワークドライブを開いてからアプリケーションを起動しないと、フォルダが見当たらないということで、フォルダ設定がデフォルトに戻ってしまいます。毎度設定を戻すのが面倒です。

できれば、LANの認識が終わってからネットワークドライブの再接続をして欲しいのですが、その方法が今のところ見当たりません。しかし、応急的な対応ですがネットワークドライブにあらかじめアクセスするWSH(Windows Script Host)というスクリプトファイルをタスクスケジュールやスタートアップで起動時に実行することで解消できるようです。

方法

以下の内容をテキストエディタで『netDrvCon.vbs』など拡張子を『.vbs』にして保存します。

WSH(Windows Script Host)

On Error Resume Next

'10秒遅延させる
WScript.sleep 10000

'ネットワークオブジェクトの作成
Set objNetwork = CreateObject("WScript.Network")

'接続するネットワークドライブ
'objNetWork.MapNetworkDrive "[ドライブレター]:", "[共有フォルダのパス]"
objNetWork.MapNetworkDrive "W:", "\\NAS\Video"
objNetWork.MapNetworkDrive "X:", "\\NAS\Music"
objNetWork.MapNetworkDrive "Y:", "\\NAS\Photo"

このファイルを起動後にダブルクリックして切断されていたネットワークドライブが接続状態になっていることを確認できたら、あとはタスクスケジュールやスタートアップに登録するだけでOK。

今回は10秒くらいの待ち時間にしましたが、環境によってはもう少し短い待ち時間にしてもうまくいくかもしれません。ちなみにスタートアップフォルダは以下の場所です。AppDataは隠しフォルダで、フォルダオプションで隠しフォルダを表示できるように設定してからでないと見えないので注意してください。

スタートアップフォルダの場所

C:\ユーザー\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ

しかし、こんな小細工して使わなければならないOSがちょっと残念。起動時のLANの認識が遅いのを早くする方法や、ネットワークドライブの接続を遅らせる方法もあれば探してみたいと思います。

その他

上記のWSH(Windows Script Host)を使った方法以外に管理コンソールを使用する方法もあるようです。

NET USEコマンドを使った方法