タグ「設定」が付けられているもの

バリューサーバー(ValueServer)で独自ドメインのメールを使っているのですが、最近1日に約100通以上のスパムメールが届くようになり、メールの削除作業が面倒になってきました。送られてくる迷惑メールはほぼすべてが海外からの英文メール。

リアルタイムなメールの受信や、いろいろなデバイスでメールができるようにWEBメーラーを使用しています。現在使用しているメーラー側では迷惑メールの設定の画面もなく、メーラー側で迷惑メールのフィルター設定ができません。

じゃぁ、どうすればいいの?

バリューサーバーの管理画面の「ドメインメールの設定・追加」「カスタムフィルター」というのがあり、メールクライアント側ではなく、メールサーバー側に振り分けルールを登録してやれば振り分けれるようです。

カスタムフィルターを登録してみる

例えば、迷惑メールが届くアドレスを仮に[email protected]とします。

フィルター1 ウィルスメールはゴミ箱へ

バリューサーバー(ValueServer)ではウィルスメールはメールの件名に「******VIRUS*****」が付いて届きます。

なので、件名に「******VIRUS*****」が含まれたものは直接削除でもいいのですが、振り分けの挙動を見るために今回はゴミ箱(.Trashフォルダ)に入れるようにします。

  • 1行目の条件: [Subject(題名)] が [\*\*\*\*\*VIRUS\*\*\*\*\*] [を含む]
  • 処理: [./.Trash] [に振り分ける]

エスケープ処理と使用できない文字

「*」はエスケープ処理しないといけないので「\」を付けて「\*」にします。その他の文字は以下の通り。

フィルター2 迷惑メールはスパムフォルダへ

バリューサーバー(ValueServer)ではSpamAssassinというもので迷惑メールを判定して、メールヘッダにスパムレベル(*印の数がレベル数になっている)を「X-Spam-Level: ******」といった感じで挿入しているようで、ここをフィルターにかけます。「X-Spam-Flag: YES」でもいいかもしれません。ちなみにフィルターによるメールの振り分けはprocmailというもので行っているようです。

メーラーでメールヘッダーを開いてみたところ

英文メールに限らず、日本語やその他の言語でもSpam Levelが「*****(5)以上」の場合、迷惑メールフォルダ(.Spamフォルダ)に振り分けます。どのレベルがいいかはよくわかりませんがとりあえず5で様子をみたいと思います。

  • 1行目の条件: [ヘッダ全体] が [X-Spam-Level: \*\*\*\*] [を含む]
  • 処理: [./.Spam] [に振り分ける]

※「*」はエスケープ処理しないといけないので「\」を付けて「\*」にします。

メールフォルダーについて

ちなみにバリューサーバー(ValueServer)のメールフォルダーは以下のように「.(どっと)」が付いたフォルダーになっています。

フィルター3 英文メールは全部スパムフォルダへ

  • 1行目の条件: [全体に日本語を含まない]
  • 2行目の条件: [全体] が [.*] [を含む] ←これ絶対必要
  • 処理: [./.Spam] [に振り分ける]

2行目の条件は不要に思えますが、これがないと保存してもこのフィルターの登録が消えます。

そして、この条件を登録するとなぜか英文メールがスパムフォルダに振り分けられると同時に、同じメールが受信トレイにも残り、メールが2重になります。多分2行目に [.*] があるからなんだと思います。

この場合、「ドメインメールの設定」画面で[email protected]の「受信方法」を「POP/WEB受信のみ」を「メールを破棄」にします。保存を押すと「破棄」と表示が変わります。

  ↓

破棄して大丈夫なの?

と、フィルターのルールに引っかからない正常なメールも全部受信された時点で破棄されてしまうんじゃないかと思いましたが、ちゃんとメールは届きました。「破棄」にすると英文メールはすべて迷惑メールフォルダへ行き、受信トレイには同じメールが残らなくなりました。

フィルター4 ルールの最後に必要なお約束フィルター

ルールの最後には必ずこのフィルターのルールが必要です。上記以外は全部普通に受信トレイに振り分けるという感じっぽいです。

  • 1行目の条件: [全体] が [.*] [を含む]
  • 処理: [./] [に振り分ける]

おわり

これで取り合えず今のところ迷惑メールの振り分けに成功しています。

ルール設定画面全体のスクリーンショットも残しておきます。

参考サイト

以下のサイトを参考しました。バリューサーバー(ValueServer)以外に同じGMOデジロックが提供しているXREACORESERVERも同じ方法になるかと思います。

 

Internet Explorer 11(IE11)を使っているパソコンの何台かの1台のみ、ヤフー(YAHOO)の表示がおかしくなりました。

ちなみにOSはWindows7。

レイアウトが崩れているわけではないのですが、いつものデザインとは違う見たことない違和感のある変なレイアウト。

表示がおかしいヤフー

なんか急にシンプルな感じに...。

いつもの見慣れたヤフー

原因

http://www.yahoo.co.jp/がInternet Explorer(IE)にイントラネットサイトとして認識され、互換表示になっているのが原因のようです。

対処方法

ローカルイントラネットの設定を変更する

  1. 歯車のマークのメニューから「インターネットオプション」をクリックします。
  2. 「セキュリティ」タブで「ローカルイントラネット」を選択し「サイト」をクリックします。
  3. 「イントラネットのネットワークを自動的に検出する」にチェックが入っていたらチェックを外します。
  4. 「詳細設定」を開き、「Webサイト」欄にhttp://www.yahoo.co.jp/が追加されていたら削除してください。
  5. 画面を閉じてF5を押すか再度アクセスして画面を更新してみてください。

 

それでもダメなら...。

 

互換表示設定を変更する

  1. 歯車のマークのメニューから「互換表示設定」をクリックして「互換表示設定の変更」の画面を出します。
  2. 「イントラネットサイトを互換表示で表示する」にチェックが入っていたらチェックを外します。
  3. 画面を閉じてF5を押すか再度アクセスして画面を更新してみてください。

 

ちなみに互換表示設定されたサイトは以下に格納されています。

%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Internet Explorer\IECompatData\iecompatdata.xml

 

それでもダメなら...。

 

IE11をリセット

 

それでもダメなら...。

 

再インストール

Internet Explorer 11のインストーラーは以下からダウンロードできます。

 

オフラインのインストーラーはこちら↓

 

Chromeがインストールされている場合は、ChromeをアンインストールしてからIEを再インストールしてみてください。(どっかのサイトにそんなことが書いてありました。)

また、IEを削除した場合にIE8などに戻った場合、IE8→IE9→IE10→IE11と順番に再インストールしたほうがいいかもしれません。(これもどっかのサイトにそんなことが書いてありました。)

 

これで、いつものヤフーの表示に戻るはず?です。

2016/09/14追記

上記では直らない場合はこちらも参考にしてみてください。

以下の環境にphpMyAdminをインストールしてみました。

OS Windows 2012 Server(IIS8)
PHP 5.4
MySQL 5.6.11
phpMyAdmin 4.0.0

しかし、

Cannot start session without errors, please check errors given in your PHP and/or webserver log file and configure your PHP installation properly.

というエラーが出て苦戦...。でもなんとか以下の設定で解決できたのでメモ。

 

phpMyAdminをダウンロード

  1. http://www.phpmyadmin.net/のダウンロードページからphpMyAdminをダウンロード
  2. 解凍して任意のサイトのディレクトリにコピー
    (例)C:\inetpub\wwwroot\phpmyadmin

 

php.iniを変更

  • session.save_path = "/tmp"のコメント解除し有効化し、session.save_path = "C:\php\tmp"に変更。 php.iniがあるディクレクトリにtmpフォルダを作っておく(※ここが超重要)
  • extension=php_mbstring.dll をコメント解除し、エクステンションを有効化
  • extension=php_mcrypt.dll をコメント解除し、エクステンションを有効化
    自分の環境にはこの記載がなかったので無視
  • extension=php_mysqli.dll をコメント解除し、エクステンションを有効化

 

config.inc.phpを変更

  • config.sample.inc.phpをconfig.inc.phpにリネーム
  • Cookie 認証用のパスフレーズを入力。内容については任意で決定。
    $cfg['blowfish_secret'] = '**任意**'
  • MySQL のサーバー名 (webサーバーと同一の場合は、 localhost のままで OK) を入力。
    $cfg['Servers'][$i]['host'] = 'localhost';
  • Uploadディレクトリを変更(フォルダも作成しておくこと)
    $cfg['UploadDir'] = 'C:\inetpub\wwwroot\phpmyadmin\upload';
  • Saveディレクトリを変更(フォルダも作成しておくこと)
    $cfg['SaveDir'] = 'C:\inetpub\wwwroot\phpmyadmin\save';

 

アクセスしてみる

実際にアクセスしてみて以下の画面が出れば設定成功
(例)http://localhost/phpmyadmin/

phpmyadmin

 

その他

無事にログインできたあとは以下も行っておきましょう。

Windows 2012 ServerでIISを開始したからと言ってもページを表示できない状態で簡単には動いてくれなかったのでメモ。

WEBサーバー

  • サイトが保存されているフォルダにアクセス権を設定
    EveryoneとかIIS_IUSRとか
  • 『サーバーの役割』-『Webサーバー(IIS)』-『アプリケーション開発』の『CGI』と『ISAPI拡張』をインストール
  • 『インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャー』-『ISAPIおよびCGIの制限』-『機能設定の編集』で『特定できないCGIモジュールを許可する』、『特定できないISAPIモジュールを許可する』
  • 『インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャー』-『ハンドラーマッピング』-『機能のアクセス許可の編集』 で 『実行』にチェックを入れる

PHPを使う場合

  • 『インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャー』-『ハンドラーマッピング』-『機能のアクセス許可の編集』 で 『モジュールマップの追加』する
    要求パス:*.php
    モジュール:FastCgiModule
    実行可能ファイル:c:\php5\php-cgi.exe
    名前:PHP FastCGI(任意)

 

その他関連

Windows7をWindows8にアップグレードしましたが、起動後にひと手間かかったり、スタートボタンがなかたりで使いづらいのですが、フリーソフトの『Classic Shell(クラシックシェル)』で解決できます。

日本語版の配布元はこちら↓(本家英語版のClassic Shellを日本語化して配布している)

ダウンロードページはこちら↓

 

これをインストールすると、

  • 起動時にスタート画面をスキップできる。
  • スタートボタンが使えるようになる。

 

こんな感じにできます。

スタートメニュー

 

上記のようにするにはインストール後に設定をいじることが必要です。

 

設定方法

スタートボタンを表示させ、デザインを変更する。

スタートボタンの設定

メトロボタンを選択すると、スタートボタンのデザインがWindows8のロゴのようなデザインに替ります。

Windows8ロゴ風のスタートボタン

 

スタートボタンを押したときに表示するメニュー形式を選ぶ。

クラシックスタートメニューの設定

 

メトロスクリーンをスキップ

メトロスクリーンをスキップ

これで起動時にスタート画面↓が表示されなくなります。

Windows8スタート画面

 

これで、スタート画面はスキップできるようになるのですが、起動時はロック画面で止まり、ログオンのためパスワード入力をしなければなりません。それらをスキップする方法は以下参照。

 

類似ソフト

Windows8.1の場合

SleipnirからFirefoxに移行するにあたって、

まず「ん?」と思うのが、

アドレスバーの入力や検索窓で表示したページが新しいタブで表示されないこと。

これでは現在表示しているページが上書きされて困ります。

 

そこで、

検索結果を新しいタブで表示できるようにするため、

Firefoxのオプション設定では簡単にできないので、

以下の方法で設定が必要。

 

検索窓での検索結果を新しいタブで開くようにする方法

  1. アドレスバーにabout:configと入力
  2. 表示された一覧の「browser.search.openintab」をダブルクリックし、「false」を「true」に変更する。
  3. Firefoxを再起動する。

これだけで次からの検索窓での検索結果が新規タブで開くようになります。

 

しかし、

アドレスバーに入力したURLは新規タブで開く設定は別で、

よくわからないので拡張アドオンの「Tab Mix Plus」をインストールして設定した。

 

Tab Mix Plus
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1122

「Firefox」のタブ機能を拡張するプラグイン「Tabbrowser Preferences」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/01/13/tabbrowspreferences.html

 

その他、やっておいた方がいい設定は以下のページで見つけました。

Firefoxを思い通りに--about:configページで使える便利な10の「ハック」 - Zero Day - ZDNet Japan
http://japan.zdnet.com/sp/feature/07zeroday/story/0,3800083088,20393127,00.htm

SleipnirからFirefoxに移行するにあたって、

まず「ん?」と思うのが、

アドレスバーの入力や検索窓で表示したページが新しいタブで表示されないこと。

これでは現在表示しているページが上書きされて困ります。

 

そこで、

検索結果を新しいタブで表示できるようにするため、

Firefoxのオプション設定では簡単にできないので、

以下の方法で設定が必要。

 

検索窓での検索結果を新しいタブで開くようにする方法

  1. アドレスバーにabout:configと入力
  2. 表示された一覧の「browser.search.openintab」をダブルクリックし、「false」を「true」に変更する。
  3. Firefoxを再起動する。

これだけで次からの検索窓での検索結果が新規タブで開くようになります。

 

しかし、

アドレスバーに入力したURLは新規タブで開く設定は別で、

よくわからないので拡張アドオンの「Tab Mix Plus」をインストールして設定した。

 

Tab Mix Plus
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1122

「Firefox」のタブ機能を拡張するプラグイン「Tabbrowser Preferences」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/01/13/tabbrowspreferences.html

 

その他、やっておいた方がいい設定は以下のページで見つけました。

Firefoxを思い通りに--about:configページで使える便利な10の「ハック」 - Zero Day - ZDNet Japan
http://japan.zdnet.com/sp/feature/07zeroday/story/0,3800083088,20393127,00.htm

ネットの速度が落ちたような気がしたので、MTUとRWINをフリーソフトを使って設定。

フリーソフトはいろいろあり

  • EditMTU
    http://hp.vector.co.jp/authors/VA022090/editmtu/
  • NetTune
    http://members.at.infoseek.co.jp/mimi1014/index.html
  • Comfortable PC
    http://pc-zero.jp/software/comfortablepc_dl.html
  • Net Speed Accelerator
    http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se222442.html
  •  

    我が家の回線はNTT西日本のフレッツひかりプレミアム・マンションタイプ(VDSL)

    なので、設定値は以下の通り。

    MTU ... 1438

    RWIN ... (1438-40)X46=64308(基本)

    • RWIN=64308X1=64308
    • RWIN=64308X2=128616
    • RWIN=64308X4=257232
    • RWIN=64308X8=514464
    • RWIN=64308X16=1028928

     

    しかし、あまり変わらないというか、

    スピードテストしてみたところ、

    逆に遅くなったような気がするので、

    以下を参考に設定をリセット。

     

    • コマンドプロンプトの「netsh」コマンドでリセットする方法
    • 自動でリセットしてくれる「Microsoft Fix it」を使用する方法

    上記のいずれかの方法を行い、再起動して設定まえの状態に戻した。

     

    以下のサイトで現在のMTU・RWIN値が確認できるということで、

     

     

    ここに表示された

    1028928 (25-60 Mbit lines depending on latency. MSS * 46 * 2^4)

    の「1028928」という数字でRWIN値を設定してみたところ約5Mbpsくらいスピードアップできました。

    NetSpeedAccelerator

    VistaやXPを快適に動作させるために、

    細かい設置を自動的してくれるフリーソフトが週刊アスキーに掲載されていたので導入してみた

     

    Comfortable PC - PC-ZERO
    http://pc-zero.jp/
    Comfortable PC - PC-ZERO

     

    Auto Analysisで最適な設定に自動でしてくれる

    レジストリの変更をGUIで変更できる点

    Vista専用の詳細設定やXP専用の詳細設定などが用意されている

    変更履歴を保存してくれているため、復元ポイントを選んで設定を復元できる

    MTU値・RWIN値などネットワークの状態を自動測定し、設定できる

    など、納得の機能が盛り込まれています。

     

    今回は自宅のXPマシンと

    会社のVistaマシンに導入してみましたが、

    特にVistaはAuto Analysisを行ってみましたが、

    速度が速くなりました。

    Windows VISTAを使用していると、いつも思う。

    エクセルやワードを含むほとんどのアプリケーションで

    新規作成したファイルを「名前を付けて保存しよう」とした際、

    エクスプローラーはデフォルトで「マイドキュメント」になっている。

     

    わたくしの場合、

    • 現在作業中ファイル → デスクトップ
    • 作業終了済みファイル → ネットワークドライブ
    • 共有ファイル → ネットワークドライブ

    としており、マイドキュメントは使用していません。

     

    マイドキュメントを使用しない理由は、

    いろんなアプリケーションをインストールすると、

    勝手にいろんなフォルダが作成されて、

    操作の邪魔になるからです。

     

    そこで、新規保存時にデフォルトでマイドキュメントが表示されないようにする方法を探すのですが、

    なかなかありません。

    今回のことには全く関係ないのですが、

    なにかヒントになりそうなので、以下の参考サイトをメモしておきます。

     

    Windows Vistaのエクスプローラにおける自動フォルダ・タイプ設定を無効にする - @IT
    http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1022foldertype/foldertype.html
    Windows Vistaのエクスプローラにおける自動フォルダ・タイプ設定を無効にする - @IT

     

    Vista フォルダの種類 設定を忘れる。あるいは勝手に変更する。 - kazu2 の日記
    http://slashdot.jp/~kazu2/journal/413519
    Vista フォルダの種類 設定を忘れる。あるいは勝手に変更する。 - kazu2 の日記