タグ「検索」が付けられているもの

WordPressやMovableTypeで使うブログ更新時のPING送信先のリストがあるのですが、送信先の死活状態を確認するためにホスト名(ドメイン名)のみの一覧が必要で、それをエクセルで簡単に作る関数例を見つけたのでメモ。

例えば

http://www.bing.com/ping?sitemap=sitemapurl

上記のURLから

www.bing.com

のみを抽出するものです。

関数例

セルA1にURLが入っている場合の例です。

=MID(A1,FIND("/",A1,FIND("/",A1,1)+1)+1,SEARCH("/",A1,FIND("/",A1,FIND("/",A1,1)+1)+1)-(FIND("/",A1,FIND("/",A1,1)+1)+1))

注意

抽出元のURLがhttp://www.bing.comといった感じで.comで終わっている場合、http://www.bing.com/のように"/"で閉じておかないとエラーになります。

WordPressを使用しているサイトのドメインを変更しました。データベースやMySQLを使用していて、phpMyAdminで旧ドメインと新ドメインを手作業で入れ替える編集をしていましたが、さすがに投稿数が多いと面倒くさいです。でも、以下のSQL分を実行するとサクッと検索・置換ができます。

UPDATE wp_options SET option_value=REPLACE(option_value,"旧ドメイン","新ドメイン");
UPDATE wp_posts SET post_content=REPLACE(post_content,"旧ドメイン","新ドメイン");
UPDATE wp_posts SET guid=REPLACE(guid,"旧ドメイン","新ドメイン");
UPDATE wp_postmeta SET meta_value=REPLACE(meta_value,"旧ドメイン","新ドメイン");
phpMyAdmin

Javascriptで宅急便各社の荷物追跡サービスの検索結果を表示するフォームを作ってみた

  1. 検索窓に伝票番号(お問い合せ番号)を入力
  2. 宅急便会社を選択
  3. ボタンを押す
  4. 新規ウィンドウに検索結果が表示される

というフォームをJavascriptを使用して作ってみた。

 

よく使うのは

  • クロネコヤマト
  • 佐川急便
  • エクスパック

なので、この3つを検索できるようにしてみました。

nimotsu.html(http://hoshiya.biz/nimotsu_search/nimotsu.html

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>荷物追跡</title>
</head>
<body>
<script type="text/javascript">
<!-- function data_in(){  //フォームデータ入力用変数
    var denpyou;
    var kaisha;
 var url;
 url = new Array();
 //クロネコヤマト
 url[1] = "http://jizen.kuronekoyamato.co.jp/jizen/servlet/crjz.b.NQ0010?id=";
 //佐川急便
 url[2] = "http://k2k.sagawa-exp.co.jp/p/web/okurijosearch.do?okurijoNo=";
 //日本郵便(ゆうパック・EXPACK・ポスパケット)
 url[3] = "http://tracking.post.japanpost.jp/service/singleSearch.do?org.apache.struts.taglib.html.TOKEN=&searchKind=S002&locale=ja&SVID=&reqCodeNo1=";
    //フォームデータを受け取る
    if(document.form1.denpyou.value==""){
  alert("伝票番号が入力されていません。");
  }
 else{
  denpyou=document.form1.denpyou.value;  
 
  //ラジオボタンの値を受け取る 
  for (i=0;i<document.form1.kaisha.length;i++){
    if (document.form1.kaisha[i].checked)
        kaisha = document.form1.kaisha[i].value;
      }
      
  url = url[kaisha];
 
  //新しいウィンドウで検索結果を表示
  window.open(url+denpyou);
  } }
/* 半角数字チェック */
function TextCheck() {
   var str = document.form1.denpyou.value;
   if( str.match( /[^0-9.-]+/ ) ) {
      alert("半角数字、半角ハイフンで入力して下さい。");
      return 1;
   }
   return 0;
} --> </script>
<form id="form1" name="form1" method="post" action="">
  <br />
  <label for="denpyou">伝票番号
  <input name="denpyou" type="text" id="denpyou" value="" onblur="TextCheck();" />
  </label>
  (半角数字、半角ハイフン) <br />
  <label for="kaisha">会社選択
  <input name="kaisha" type="radio" id="kaisha" value="1" checked />
  ヤマト運輸
  <input name="kaisha" type="radio" id="kaisha" value="2" />
  佐川急便
  <input name="kaisha" type="radio" id="kaisha" value="3" />
  ゆうパック・EXPACK</label>
  <br />
  <input name="button" type="button" id="button" value="検索結果ページを開く" onClick="data_in();" />
</form>
</body>
</html>

 

実際のフォーム↓↓


(半角数字、半角ハイフン)

 

 

PHP版は以下をご参照ください。

PHPで荷物追跡サービスの検索フォームを作ってみる。
http://hoshiya.biz/2009/09/php-1.html

会社で使用しているMovable Type version 4.1なのですが、

標準の検索窓に検索語を入れて検索ボタンを押すと

 

「検索結果の作成に失敗しました。」

 

と表示されます。

これを何とか解決したちところですが、

原因がわからないため、

いろいろ検索したところ有力情報が見つかりました。

 

MovableType3→4移行時のツボ~その1. 検索フォーム編 - 道具眼日誌:古田-私的記録
http://do-gugan.com/~furuta/archives/2008/02/movabletype341.html
MovableType3→4移行時のツボ~その1. 検索フォーム編 - 道具眼日誌:古田-私的記録

 

上記のページを見ると原因は

検索結果を表示するテンプレート「検索結果」に

インクルードされている以下のモジュールが見当たらず、

ちゃんとリンクしていないことが原因でした。

 

  • ヘッダー
  • ブログ記事の概要
  • フッター

 

会社のホームページ(ブログ)の場合

このモジュールがすべて名前の変更がされており、

削除されていること同然の状態になっておりました。

モジュール名を変更したところ正常に動作しました。

 

「安否確認」という言葉について

  • 投稿

安否確認」と言えば、

  • 一人暮らしの高齢者(独居老人)が普段通りの生活をしている

というイメージが私にはありますが、

ヤフーやグーグルで検索すると、ほとんどが

  • 災害や緊急時における無事の確認

といったことが上位でヒットします。

 

「安否確認」という言葉は「無事かどうか」を確認することで

間違いはないのですが、同じ言葉でも偏った検索結果が上位で集中すると

目的が違った場合は大変困りますね。

 

「安否確認」以外に「生存確認」も調べてみましたが、

こっちのほうがびっくりです。

GoogleやYahoo!で検索してみたところ、

オタクのページがたくさんヒットした。

 

自分では

  • 疎遠になっている人間が生物として生存
  • 希少な動物が種として生存

という感覚なのですが、

  • 注目されたい人が不特定多数の人に対して自分の存在をアピール
  • マニアックなキャラクターや商品が現行も販売されている
  • データやファイルが壊れていない
  • 昔買ったものが今も動作する

といった感じで使われています。

 

検索 = ニーズということなのかもしれませんね。

日本語は1つの言葉に対して1つの意味(1:1)ではなく

1つの言葉に対して複数の意味(1:n)を持つことが多いので

本来の意味通りの検索結果であればいいのですが、

今回のように思い違いがあると苦労しますね...。

MovableTypeの標準機能のmt-search.cgiによる検索ですが、

すこぶる遅いので、他の検索方法がないか探してみた。

結構、この話題は多いみたいで、

すぐ見つかった。

 

参考ページ

 

↓↓上記を参考に作った検索フォーム↓↓(実際に検索できます。)

 

検索がびっくりするほど速いです。

これを作った暴想さんに感謝です。

いろいろSEOの対策を講じてきましたが、

家具家電レンタルの「借りたいくん」のホームページ

http://karitaikun.com

が、ヤフーの検索「家電レンタル」で1位になりました。

  

sc0000.png

 

一時的なことではありますが、

インターネット広告などのサービスを利用せずに

ビッグキーワードである「家電レンタル」で1位になったことは非常にうれしい。

 

ヤフージャパンで「家電レンタル」を検索した結果

http://search.yahoo.co.jp/search?ei=EUC-JP&fr=yjdnqp&p=%B2%C8%C5%C5%A5%EC%A5%F3%A5%BF%A5%EB

 

ちなみにグーグルでは2位。

もう満足です。

ごちそうさまです。

検索結果が何位かわかるツール。

  • 投稿

Google、Yahoo、MSNで自分のサイトや、

仕事のサイトのが特定のキーワードでいったい何位なのかを

毎日会社でチェックしていますが、

結構時間がかかって大変です。

そんな時に使えそうなツールを発見。

 

http://dw230.bglb.jp/rank/

 

http://www.seoseo.net/

 

http://seopro.jp/

 

http://theatlas8.com/

 

http://kensakurank.com/

 

ついでに見つけたSEOに関する記事

http://web-tan.forum.impressrd.jp/l/2463