タグ「メール」が付けられているもの

バリューサーバー(ValueServer)で独自ドメインのメールを使っているのですが、最近1日に約100通以上のスパムメールが届くようになり、メールの削除作業が面倒になってきました。送られてくる迷惑メールはほぼすべてが海外からの英文メール。

リアルタイムなメールの受信や、いろいろなデバイスでメールができるようにWEBメーラーを使用しています。現在使用しているメーラー側では迷惑メールの設定の画面もなく、メーラー側で迷惑メールのフィルター設定ができません。

じゃぁ、どうすればいいの?

バリューサーバーの管理画面の「ドメインメールの設定・追加」「カスタムフィルター」というのがあり、メールクライアント側ではなく、メールサーバー側に振り分けルールを登録してやれば振り分けれるようです。

カスタムフィルターを登録してみる

例えば、迷惑メールが届くアドレスを仮に[email protected]とします。

フィルター1 ウィルスメールはゴミ箱へ

バリューサーバー(ValueServer)ではウィルスメールはメールの件名に「******VIRUS*****」が付いて届きます。

なので、件名に「******VIRUS*****」が含まれたものは直接削除でもいいのですが、振り分けの挙動を見るために今回はゴミ箱(.Trashフォルダ)に入れるようにします。

  • 1行目の条件: [Subject(題名)] が [\*\*\*\*\*VIRUS\*\*\*\*\*] [を含む]
  • 処理: [./.Trash] [に振り分ける]

エスケープ処理と使用できない文字

「*」はエスケープ処理しないといけないので「\」を付けて「\*」にします。その他の文字は以下の通り。

フィルター2 迷惑メールはスパムフォルダへ

バリューサーバー(ValueServer)ではSpamAssassinというもので迷惑メールを判定して、メールヘッダにスパムレベル(*印の数がレベル数になっている)を「X-Spam-Level: ******」といった感じで挿入しているようで、ここをフィルターにかけます。「X-Spam-Flag: YES」でもいいかもしれません。ちなみにフィルターによるメールの振り分けはprocmailというもので行っているようです。

メーラーでメールヘッダーを開いてみたところ

英文メールに限らず、日本語やその他の言語でもSpam Levelが「*****(5)以上」の場合、迷惑メールフォルダ(.Spamフォルダ)に振り分けます。どのレベルがいいかはよくわかりませんがとりあえず5で様子をみたいと思います。

  • 1行目の条件: [ヘッダ全体] が [X-Spam-Level: \*\*\*\*] [を含む]
  • 処理: [./.Spam] [に振り分ける]

※「*」はエスケープ処理しないといけないので「\」を付けて「\*」にします。

メールフォルダーについて

ちなみにバリューサーバー(ValueServer)のメールフォルダーは以下のように「.(どっと)」が付いたフォルダーになっています。

フィルター3 英文メールは全部スパムフォルダへ

  • 1行目の条件: [全体に日本語を含まない]
  • 2行目の条件: [全体] が [.*] [を含む] ←これ絶対必要
  • 処理: [./.Spam] [に振り分ける]

2行目の条件は不要に思えますが、これがないと保存してもこのフィルターの登録が消えます。

そして、この条件を登録するとなぜか英文メールがスパムフォルダに振り分けられると同時に、同じメールが受信トレイにも残り、メールが2重になります。多分2行目に [.*] があるからなんだと思います。

この場合、「ドメインメールの設定」画面で[email protected]の「受信方法」を「POP/WEB受信のみ」を「メールを破棄」にします。保存を押すと「破棄」と表示が変わります。

  ↓

破棄して大丈夫なの?

と、フィルターのルールに引っかからない正常なメールも全部受信された時点で破棄されてしまうんじゃないかと思いましたが、ちゃんとメールは届きました。「破棄」にすると英文メールはすべて迷惑メールフォルダへ行き、受信トレイには同じメールが残らなくなりました。

フィルター4 ルールの最後に必要なお約束フィルター

ルールの最後には必ずこのフィルターのルールが必要です。上記以外は全部普通に受信トレイに振り分けるという感じっぽいです。

  • 1行目の条件: [全体] が [.*] [を含む]
  • 処理: [./] [に振り分ける]

おわり

これで取り合えず今のところ迷惑メールの振り分けに成功しています。

ルール設定画面全体のスクリーンショットも残しておきます。

参考サイト

以下のサイトを参考しました。バリューサーバー(ValueServer)以外に同じGMOデジロックが提供しているXREACORESERVERも同じ方法になるかと思います。

 

もうすぐWindowsXPのサポートが終わろうとしているにもかかわらず、パソコンの入れ替えでXPにWindows Liveメールを入れようと、検索でヒットしてインストールしたら英語版だった。

日本語版は普通に検索で見つけるのが大変だったので今後のためにメモ。

上記のURLからダウンロードすると日本語版がインストールできます。

パソコンの入れ替えなどでメールのバックアップや復元でインポート・エクスポートを繰り返すと過去のメールが重複しまくってしまい、整理に困ります。メールクライアントは主にOutlook(ExpressじゃないOfficeの方)を使用しています。重複メールを削除したり検索したりする機能はOutlook 2010以降じゃないとないみたいです。

いちいちクリックして作業するのは面倒なので、いい方法がないか探したところ、Outlookに重複メールを削除するアドインがありました。

重複メールを削除するアドイン

POPで受信したローカルの受信トレイのみ対応で、IMAPなどの受信トレイには対応していないようです。使い方は以下のページを参考にしてください。

IMAPの受信トレイを整理する場合は、IMAPの受信トレイのすべてのメールを個人用フォルダの受信トレイに移動させ、重複を削除したあとにIMAPの受信トレイに戻すという方法も使えます。

 

Outlook重複アイテムリムーバー(ODIR)

こちらはIMAPフォルダにも対応していました。実行後は受信トレイの中に重複メールを「ODIR_Duplicate_Items」というフォルダーに移動してくれています。ただし、件名とサイズと時間で重複を判別しているようで、中身までは比較していないため、完全ではないようです。

使い方は、ダウンロードしたファイルでインストールすると、Outlookのメニューに「ODIR」というメニューが出てくるので、その中の「Remove Duplicate Items」を選択し、表示された画面よりメールフォルダー(文字化けしてる)を選択し、「Remove Duplicate Items」というボタンを押すと重複メールの仕訳が始まります。

Outlook.comはWEBのみではなくローカルのメールソフトでも使えます。メールサーバー側でメールを管理するIMAPに対応してしているので、メールをWEBとローカルで同時に使ったり、スマホやタブレットなどのメールアプリで設定してしまえば複数の端末で同時にメールを管理することができます。

  • 受信 (IMAP) サーバー
    • サーバー アドレス: imap-mail.outlook.com
    • ポート: 993
    • 暗号化された接続: SSL
  • 受信 (POP3) サーバー
    • サーバー アドレス: pop-mail.outlook.com
    • ポート: 995
    • 暗号化された接続: SSL
  • 送信 (SMTP) サーバー
    • サーバー アドレス: smtp-mail.outlook.com
    • ポート: 25 (25 がブロックされている場合は 587)
    • 認証: はい(必要)
    • 暗号化された接続: TLS
  • ユーザー名: メール アドレス(Outlook.comのアカウント)
  • パスワード: パスワード (Outlook.comのパスワード)

 

最近、メインのメーラーをWindowsメールからOutlook.comに乗り換えました。ただ、メールを作成するためにいちいちブラウザを立ち上げたり、メールアドレスを入力しないといけないなどが面倒ですが、「デフォルトWebメーラー」が解決してくれて、使い勝手をよくしてくれます。

デフォルトWebメーラー

ウィンドウズの既定のメールソフトを変更するソフトで、これを使えば「mailto:」が設定されているリンクをクリックすると、ブラウザの起動からOutlook.comのメールフォームの表示までやってくれます。

しかも、GmailやYhahooメールを含め、使えるWEBメールの種類が豊富で、IEかChromeか使うブラウザも指定できます。

Outlook.comを使う場合は「Windows Live Hotmail」を選択します。

Chromeでもちゃんと使えるけど、Outlook.comなんで、なんとなくIEにしてみた。

これでMAILTOプロトコルで使う既定のメールソフトはOutlook.comにできました。

しかし、問題はMAPIMAIL経由でローカルアプリケーションからWEBメールのフォームを呼び出すことができません。結局Windows7やVistaはローカルで使うメールソフトが必要ということなんですね。

メールソフトを使用していて、パソコンが壊れると修復するまで仕事のメールが見れずに困ったことがありました。最近はGmailやYahooメールなどWEBメールがありますが、仕事用としてはOutlook.comが一番使えると思いました。

ただ、ローカルのメーラーにある過去のメールをOutlook.comにアップロードしなければなりません。そのいくつかの方法メモ。

IEで「Mail Migration アドオン」を使用する方法

「eM Client」というソフトを使う方法

 

移行後の参考に

フォームに入力された内容をPHPのmb_send_mailでメールの送信をしようと、以下のようなスクリプトで送信したらmb_encode_mimeheaderで指定した文字が文字化けしました。

<?php
mb_language("Ja") ;
$to = mb_encode_mimeheader("A様","iso-2022-jp")."<a@aaa.com>";
$subject = "◯◯の件について";
$subject = mb_convert_encoding($subject,"iso-2022-jp","auto");
$content = "A様\nこの度はありがとうございました。\nBより";
$content = mb_convert_encoding($content,"iso-2022-jp","auto");
$from = "From:".mb_encode_mimeheader("差出人B","iso-2022-jp")."<b@bbb.com>";
mb_send_mail($to,$subject,$content,$from);
?>

これで送信したら、以下のようなメールが届きました。

From: 綏??坂査鐚 <[email protected]>
To: 鐚≧? <[email protected]>
件名: ◯◯の件について
本文:
A様
この度はありがとうございました。
Bより

原因

サーバーの内部エンコーディングとmb_encode_mimeheaderで使う文字は同じエンコーディング同士じゃないと文字化けするようです。今回の環境では以下のエンコーディングとなっています。

  • 内部エンコーディング:EUC-JP
  • フォームの入力値:UTF-8
  • メール送信:ISO-2022-JP

対処方法

  • 内部エンコーディング:EUC-JP
  • フォームの入力値:EUC-JP
  • メール送信:ISO-2022-JP

となるように、mb_encode_mimeheaderに使う文字列を内部エンコーディングに合わせて『EUC-JP』にしてみました。

<?php
mb_language("Ja") ;
$to = mb_convert_encoding("A様","euc-jp","auto");
$to = mb_encode_mimeheader($to,"iso-2022-jp")."<a@aaa.com>";
$subject = "◯◯の件について";
$subject = mb_convert_encoding($subject,"iso-2022-jp","auto");
$content = "A様\nこの度はありがとうございました。\nBより";
$content = mb_convert_encoding($content,"iso-2022-jp","auto");
$from = mb_convert_encoding("差出人B","euc-jp","auto");
$from = "From:".mb_encode_mimeheader($from,"iso-2022-jp")."<b@bbb.com>";
mb_send_mail($to,$subject,$content,$from);
?>

すると正常なメールが届きました。

From: 差出人B <[email protected]>
To: A様<[email protected]>
件名: ◯◯の件について
本文:
A様
この度はありがとうございました。
Bより

仕事でお問い合わせのメールを受け取ると、住所の一部に『鵺(ぬえ) 』という文字が表示されることがあります。

はじめは『スターパレス鵺 』というアパートがあると思っていましたが、日が経つにつれ、何度も『鵺(ぬえ) 』という文字の付いたアパート名に遭遇しました。

  • スターパレス鵺
  • コーポ若葉鵺
  • プランドール鵺
  • シャン・ド・フルール鵺
  • エンブレム鵺

etc...

 

そんなに『鵺(ぬえ) 』という文字がつくアパートがあるわけないと思い、お客様に連絡をとったところ、

『Ⅱ』です。

とのことでした。納得...。

他のも、住所からグーグルマップで場所を表示したら、アパート名に『Ⅱ』が付いていたりしました。

 

『鵺(ぬえ)』という文字が入ったメールの送信元のOSを確認してみるとiOSかAndroidだったので、スマートフォンからのお問い合わせということは分かったのですが、ブラウザもMozilla、AppleWebKit、Mobile Safariなど一般的なもので、正常なメールと『 鵺(ぬえ)』と変換されてしまうメールの違いが分かりませんでした。

とりあえず『鵺(ぬえ)』と表示されていたら、『Ⅱ』と思っておけばいいかもしれません。

 

ちなみに『鵺(ぬえ)』とは...

 

追記

スマホからのメールというより、スマホでお問い合わせフォームに入力したらこうなるっぽいので、サイト側の問題かもしれないということで、iPhoneから自社サイトのお問い合わせフォームに以下の文字を入力して、自分から自分にお問い合わせをしてみました。

アパートⅠ

アパートⅡ

アパートⅢ

アパートⅣ

アパートⅤ

アパートⅥ

アパートⅦ

アパートⅧ

アパートⅨ

アパートⅩ

 

すると、お問い合わせフォームから以下の文字に変換されてメールが届きました。全部、鳥系...。

アパート鵯

アパート鵺

アパート鶚

アパート鶤

アパート鶩

アパート鶲

アパート鷄

アパート鷁

アパート鶻

アパートX

 

iPhoneに届いた控えのメールでは□となっていました。

iPhoneに届いたメール

つまり、EUC-JPで作っているサイトにiPhoneからUTF-8で文字を入力し、JISでメールを受け取るみたいになっていて、文字エンコードがうまく変換できていないってことなのかな?

ローマン数字は機種依存文字なので、変換しきれないのかもしれません。

次からは以下の表で解読してみよう...。

数字 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ローマン数字
変換後 X
ヨミ ヒヨドリ ヌエ ミサゴ シャモ アヒル ヒタキ ニワトリ ゲキ ハヤブサ エックス