タグ「ベンチマーク」が付けられているもの

ずっと気になっていたNVMe版のM.2 SSD Samsung SM961。

もともと前モデルのSM951を持っていて、9月くらいにアマゾンでSM961が販売されたのですが、購入を悩んでいるうちに完売してしまいました。それから11月になって並行輸入品が販売されていたのを見つけたので、またなくならいうちに買うことにしました。

できれば3.5GB/s出る512GBが欲しかったのですが予算の都合上、手が出ず256GBを買いました。

SM961950PRO/960 PROなどのコンシューマーモデルと違ってOptionROM非搭載なので、マザーボードによってはWindows上ではディスクとして認識されますが、BIOS上で認識されず起動ディスクとして使えなかったり、Samsung製品なのにSamsung Magician(SSD最適化ツール)でSamsung製品として認識されず、TRIMが簡単にできないなとありますので、購入の際はご自分の環境がネイティブにNVMeに対応しているかをご確認ください。

早速ベンチ

速い。システムドライブとして使ってこの数値。

ちなみに公称値はシーケンシャル:読み出し3,100MB/s、書き込み1,400MB/s。

Windowsやアプリケーションの起動もスリープからの復帰も爆速です。

PCIe変換基板に取り付け、ASRock Z97 Extreme6のPCIeスロットに挿し、Windows 10 Pro 64bitのシステムドライブとして測定しました。

温度が低い

アイドル状態でCrystalDiskInfoでSM961の温度を見ると36℃

スピードが速い分熱いかもと思っていましたが、逆に前モデルのSM951よりも温度が低かったです。

SM951はDドライブとして使用していますが、こちらは42℃

UltraM.2スロットでベンチ

マザーボードのUltraM.2スロットに挿してデータドライブとしてベンチマークしてみました。

変換基板使ってPCIeスロットに挿す方がちょっと速いみたいです。

Samsung NVMeドライバー

上記のSamsungのホームページからドライバーをダウンロードしようとしたら以下のように英語で「1日のダウンロード数が上限を超えたから24時間後に再度チャレンジしてください」という旨のメッセージが出ました。

他にどこかでダウンロードできないかな?と検索したら、以下のページからVer2.4.7をダウンロードすることができました。

ドライバーを適用すると下のように表示されます。

以前から爆速だということで気になっていたSamsungのm.2 SSDを2枚ゲット。思ったよりかなり小さい。

 

PCI Express Gen3 x4接続でAHCIよりもSSDのパフォーマンスを引き出すNVMeというプロトコルでRAIDなしの単体で連続読込 2150 MB/s連続書込 1260 MB/s出るという代物。起動ディスクとして使用する予定ですが、とりあえずデータ領域としてCrystalDiskMarkでベンチマークしてみました。SATA接続のSSD 6枚でIRSTのRAID0を組んでいますが、それよりも単体で圧倒的に速いです。

環境

OS Microsoft Windows 10 Pro 64bit
CPU Intel(R) Core(TM) i5-4460 CPU @ 3.20GHz
メモリ 32GB (PC3-10600 DDR3 8GBx4枚)
マザーボード ASRock Z97 Extreme6
SSD SAMSUNG SM951 MZVPV256HDGL-00000(M.2 SSD 256GB NVMe)

Ultra m.2スロット、PCIeスロット(玄人志向 M.2(Type.M)→PCI-Express x4変換基板使用)にそれぞれ接続し、NVMeドライバーOS標準SamsungIntelに切り替えて、1GB4GBでやってみました。

標準NVMeドライバー

Windows 10は標準でNVMeをドライバーを持っているようで、SSDを取り付け電源を入れたらあっさり認識していました。

Ultra m.2スロット

PCIeスロット(玄人志向 M.2(Type.M)→PCI-Express x4変換基板使用)

Samsung NVMeドライバー

Windows10の標準ドライバーよりもSamsung純正のドライバーだとパフォーマンスが上がるかな?と思い、SM951のドライバーを探しましたが見つけることができず、試しに以下のURLから950 PROのドライバーに更新してみました。

Ultra m.2スロット

PCIeスロット(玄人志向 M.2(Type.M)→PCI-Express x4変換基板使用)

Intel NVMeドライバー

Intelのドライバーも気になったので、Intel SSD 750のドライバーを以下よりダウンロードでしてみました。以外に適用することができました。

Ultra m.2スロット

PCIeスロット(玄人志向 M.2(Type.M)→PCI-Express x4変換基板使用)

結果、どれも公称値に近い値でどれがいいのかよくわからない状況です。

 

ちなみにUltra m.2ではないm.2スロットに挿すと帯域が狭いので当たり前ですが、速度が出ませんでした。

今までプロバイダーはSo-netを長年使っていましたが、とにかくシンプルに「早くて、安くて、固定IPが使えて接続さえできればいい」。そんなプロバイダーはないかと見直すために検索していたら500円プロバイダーi-revoアクセスというのを見つけました。

  • 月額500円(税別)
  • 固定IPが1個付き(IPv4)
  • フレッツ系の回線専用
  • 余計なメールアドレスが付かない
  • 解約がWEBで簡単にできる
  • コナミとIIJの合弁会社
  • バックボーンはIIJ

500円で固定IP付き?安いから遅いのではないか?と心配しましたが、500円なら試しに使ってみても損はないかと使ってみたところ全く問題なし。使い始めて約1週間しか経っていませんが、接続もいまのところ安定してて途切れていません。

以前にGMOとくとくBBの「固定IP付き接続サービス」が月額1,100円(税別)と安いので試しに使ったこともありましたが、PINGの数値を見ると遅いし、なんかレスポンスも悪いのですぐに解約しました。それで大手プロバイダーの中ではオプションの固定IPがかなり安く、品質もいいのでSo-netをずっと使ってきました。

とりあえず、乗り換えが不安だったのでSo-netを解約する前にi-revoアクセスを追加契約してルーターに設定し、それぞれ接続を切り替えながら比較してみました。

回線環境
【回線】フレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ(マンションタイプ・光回線方式)
【地域】山口県周南市

PINGで比較

yahoo.co.jpに20回のPINGを送信して応答時間を見ました。2~3msの差なので、ほぼ互角。

So-net
ping so-net
i-revoアクセス
ping i-revoアクセス

TRACERTで比較

yahoo.co.jpまでの経路を見ました。経路の数も互角。

So-net
tracert so-net
i-revoアクセス
tracert i-revoアクセス

スピードテストで比較

Radish Network Speed Testingでスピードテストしてみましたi-revoアクセスの下りが遅いような気がします。たまたま遅いのか、元々遅いのか何とも言えません。

So-net(測定サーバー大阪・1回目)
So-net(1回目・測定サーバー大阪)
i-revoアクセス(測定サーバー大阪・1回目)
i-revoアクセス(測定サーバー大阪・1回目)
So-net(測定サーバー大阪・2回目)
So-net(2回目・測定サーバー大阪)
 
i-revoアクセス(測定サーバー大阪・2回目)
i-revoアクセス(測定サーバー大阪・2回目)
So-net(マルチセッション版β東京)
So-net(マルチセッション版β東京)
i-revoアクセス(マルチセッション版β東京)
i-revoアクセス(マルチセッション版β東京)

i-revoアクセスだけ最後にもう1回測定

i-revoアクセス(マルチセッション版β東京・測定精度:高・データタイプ:圧縮効率低)
i-revoアクセス(マルチセッション版β東京・測定精度:高・データタイプ:圧縮効率低)
16時頃に測定しました。測定ごとにばらつきが出ると思いますが、500円なのに回線の使用が多い日中にこのくらいのスピードが出ていれば十分じゃないでしょうか?ってことで乗り換え決定したのでした。

3GB/sを超えると言われているRAIDカードAdaptec ASR-7805Intel SSD 530 120GB×8枚でRAIDOを組んでCrystal DiskMarkでベンチしてみました。

RAID0(ストライピング)の標準のストライプサイズは256KBなのですが、「最速のサイズはいくらなのか?」が気になり、思い切って設定できるすべてのストライプサイズ(16,32,64,128,256,512,1024KB)でベンチしてみました。

環境

OS Microsoft Windows 7 Home Premium (x64) SP1
CPU Intel(R) Core(TM) i7-3770K CPU @ 3.50GHz
メモリ 8GB (PC3-10600 DDR3)
マザーボード ASRock Z77 Extreme4-M
RAIDカード Adaptec ASR-7805
SSD Intel SSD 530 120GB × 8枚

RAIDディスクをシステムドライブとして使うため、ストライプサイズの変更の度にOSをインストールして、インストール後のほやほやの状態でベンチしてみました。ひまじゃないとできないなですね。疲れました(笑)

ベンチの結果

ストライプサイズ16KB(テストデータ:ランダム)
ストライプサイズ16kb
ストライプサイズ32KB(テストデータ:ランダム)
ストライプサイズ32kb
ストライプサイズ64KB(テストデータ:ランダム)
ストライプサイズ64kb
ストライプサイズ128KB(テストデータ:ランダム)
ストライプサイズ128kb
ストライプサイズ256KB(テストデータ:ランダム)
ストライプサイズ256kb
ストライプサイズ512KB(テストデータ:ランダム)
ストライプサイズ512kb
ストライプサイズ1024KB(テストデータ:ランダム)
ストライプサイズ1024kb

シーケンシャルだけみれば128KB、256KB、512KBあたりのストライプサイズが良さそうに見えますが、512kbランダムの読み込みが遅いのが気になります。バランス的には64KBがいいのかな~って感じがしますが、結局どれがいいかわからなくなってきました...。

オリオスペックさんの過去の記事(アダプテック 待望の新製品 ASR-71605 SGL 登場)でSAMSUNG 830×8枚でベンチした結果ではストライプサイズ64KBで、シーケンシャルライトも3GB/s出てますが、それと比べて今回は1GB/sと低いですが、IntelのSSDだからしょうがないのかな。

SAMSUNG 840 EVO×8枚でベンチしたマイナビニュースの記事(いつかはこんなの作ってみたい - PCショップ「BUY MORE」がSamsung SSD 840 EVO 1TB×8台のRAID 0をデモ)ではシーケンシャルリード・ライトともに3.5GB/sを超えてました。次にSSDを買うならSAMSUNGかな。

SATA3(6Gbps)のSSD2台をSATA2(3Gbps)のマザーボードに接続してRAID0を組んでみました。

OS Windows 8 Consumer Preview(64bit)
CPU Intel(R) Core(TM) i5-750 2.67GHz
M/B PEGATRON IPM5X-GS(P55 Express/LGA1156)
メモリ DDR3-1333 8GB
SSD Intel SSD 520 60GB(SATA3) × 2台

設定できるストライピングサイズ(4・8・16・32・64・128kb)全部をCrystalDiskMarkでベンチ。

ストライプサイズ 4kb

ストライプサイズ 4kb

ストライプサイズ 8kb

ストライプサイズ 8kb

ストライプサイズ 16kb

ストライプサイズ 16kb

ストライプサイズ 32kb

ストライプサイズ 32kb

ストライプサイズ 64kb

ストライプサイズ 64kb

ストライプサイズ 128kb

ストライプサイズ 128kb

Windows8が速いせいかBIOS画面からWindows8の最初の画面が出るまでに10秒程度しかかかっていません。電源ボタンを押してからのBIOS画面を含めても起動完了まで25秒程度でしかかからないほど速いです。

しかし、SATA3(6Gbps)で接続すればシーケンシャルリードは約1GB/sと更に倍のスピードが出ると思われるので、ちょっとSSDが生かしきれず、勿体ない気がします...。マザーボードとCPUを買い替えるか、SATA3(6Gbps)対応のRAIDカード買うか、悩むところです。

延命処置を施した10年前のパソコンを使っています。SATA2(3Gbps)で接続してやれば単独で約250MB/sは出るSSD2台をマザーボードの仕様によりSATA1(1.5Gbps)で接続してRAID0を組むというある意味で勿体ない使い方をしています。(SSD買う前にマザーボードを買い替えたほうがよっぽど速い...。)

OS Windows XP Professional SP3
CPU Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 3.20GHz
M/B ASUSTeK P4P800(ICH5R)
SSD Intel SSD 320 80GB(SATA2) × 2台

RAID0を組んでみての疑問はどのストライプサイズが最速または最適なのか?ということで、現在の環境で設定できるストライプサイズは4・8・16・32・64・128kbなので、CrystalDiskMarkを使ってすべてのストライプサイズのベンチマークを行なってみました。

ストライプサイズ 4kb

RAID0 ストライプサイズ 4kb

ストライプサイズ 8kb

AID0 ストライプサイズ 8kb

ストライプサイズ 16kb

AID0 ストライプサイズ 16kb

ストライプサイズ 32kb

AID0 ストライプサイズ 32kb

ストライプサイズ 64kb

AID0 ストライプサイズ 64kb

ストライプサイズ 128kb

AID0 ストライプサイズ 128kb

結果

ランダムアクセス(512k)以外は、すべて64kbの方が128kbを上回った結果となりました。

ストライプサイズは「デカけりゃいいってもんじゃない」ってことがわかりました。

弟がパソコンのスピードを速くしたいということで、SSD×2台でRAID0を組むことを薦めてみた。

現在では最新のIntel Z77チップセットを搭載したマザーボードと、SATA3(6Gbps)対応のIntel SSD520 120GB×2台を購入し、以下の構成でベンチマークを行ってみました。

OS Windows7 Home Premium SP1 64bit
CPU Intel(R) Core(TM) i7-2700K CPU @ 3.50GHz
メモリ DDR3 8GB
M/B ASRock Z77 Extreme4-M
SSD Intel SSD 520 120GB (SATA3)

まずはSSD単体でベンチマーク。

Single

さすが、SATA3(6Gbps)対応ということもあって単体でもかなりのスピード。

そして、RAID0(ストライプサイズ128k)でベンチマーク。

RAID0

約2倍のスピード!Windows7の起動がBIOS画面終了から10数秒で起動完了。

電源ボタンを押してBIOSの画面表示も含めても30秒以内に起動が完了した。

 

しかし、インテル(R) SSD 520 シリーズ リリース記念 プレミアムレビューという記事によると、秒速1ギガ(1GB/s)出るというのを見た。今回のハードウェア構成の方がハイスペックなのに秒速1ギガ(1GB/s)出なかったので、ちょっと残念なのと以下の疑問が残る...。

  • システムドライブとデータ用ではスピードが異なるのか?
  • ストライプサイズは64kくらいに変えると速くなるのか?
  • 4台でRAIDを組むとどれくらい速くなるのか?
  • システムドライブとしてRAIDを使うならクリーンインストールする方が速いのか?

※今回は単体のSSDで使用していたシステムドライブのバックアップを、RAIDボリューム復元にしてベンチマークを行なっています。RAIDへの移行は、移行前にレジストリの変更をしないと、移行してもWindowsが起動しません。移行方法は クリーンインストールなしてRAIDへ移行する方法:Windows VISTA/7/8 を参照してください。

 

2012/05/16追記

RAID0のストライプサイズを128kから64kに変更し、表示が一部正常に表示できていなかったインテル ラピッド・ストレージ・テクノロジーを再インストールすると、正常に表示できるようになり、RAIDボリュームのキャッシュが無効になっていたので、有効にして再度ベンチマーク。

インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー

すると更に速くなりました。

SSD_RAID0キャッシュ有効

しかし、シーケンシャルリードが1000MB/sを超えられなかったのが残念です。

 

2013/01/25追記

RAID0は不安定だと聞いていましたが、PCで起動時に表示されるRAID BIOSでエラーが出るようなりました。

エラーが表示されるものの、Windows7は通常通り起動します。ですが不安なので、その度にインテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジー(IRST)で修復を行なっていました。Ver.11.5くらいからは、自動で診断と修復のスケジュールを設定きるようになったので、それからは安定しています。ちなみにRAID環境では使えなかったTRIMが有効になるため、Intel SSD ToolboxのIntel SSD OptimizerでTRIM機能が使えるようになりました。

インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー

ただ、Ver.11.7をインストールしたところ、インテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジー(IRST)自体が起動できない現象が起こったので、Ver.11.5をインストールしたら正常に起動できました。

「ラピッド・ストレージ・テクノロジー 11.5」と検索すれば、PCメーカーのサポートサイトがヒットするので、そこからダウンロードできます。ちなみに僕の場合はレノボのサイト(http://support.lenovo.com/ja_JP/downloads/detail.page?DocID=DS032146)からダウンロードしたました。

今使っているパソコンのスペック

  • Intel Pentium4 3.2GHz HT
  • PC3200(DDR400) DDR-SDRAM 1GB×4枚=4GB
  • Windows XP SP2

に以下の物を追加しました。

 

  • eBoostr (XPでReady Boostを可能にするソフト)
    512MBのキャッシュを物理メモリに作成し、ハードディスクの読み込みを補助するキャッシュとして使用

 

  • GIGABYTE i-RAM
    PC3200(DDR400) DDR-SDRAM 512MB×2枚=1GB搭載
    システムのページファイル用として1GBを割り当て

 

  • VSuite Ramdisk (Free Edition)
    4GBの物理メモリにRamdisk 512MBを作成してブラウザ(IE8)のキャッシュとして使用

 

 

ここまでやってCrystalDiskMarkでベンチマークしてみた。

まずはハードディスク(Cドライブ)

ちなみにSATAですが、まあこんなもんなんでしょう。

hdd.JPG 

 

次にi-RAMですが、

ハードディスクよりは断然速い!

しかし、インターフェイスがSATAだからかな?

思ったほどびっくりする数値ではなく、

高速SSDのほうが速い・安い・手軽に済む気がしますが...。

パソコンの動作は以前に比べればサクサク動いています。

iram.JPG 

 

そしてお待ちかねのRamdiskですが、

速っ!ぶっちぎりって感じです。

メモリのパフォーマンスってすごいっすね。

ramdisk.JPG

 

ちなみに会社パソコン

  • Intel core2 Duo 2.4GHz
  • PC5200(DDR2-667) DDR2-SDRAM 1GB×2枚=2GB
  • Windows VISTA

にGavotte Ramdiskに512MBのRamdiskを作成してベンチしてみた。

こりゃヤバイ...次元が違う...。vista_Ramdisk.jpg

 

最近は高速SSD&RAID0で爆速SSD化されたものとかありますが、

メモリのパフォーマンスは桁違いですね。

僕のパソコンもまだまだ使えると思いました。

 

これをCore i7が搭載されたパソコンにDDR3の最速メモリをありったけ載せて

同じことやったらめちゃめちゃ早いんでしょうね。

 

もうRamdiskに首ったけです。

 

海外ではPCIeに挿す拡張ボードでNANDフラッシュメモリが搭載され、

DDR2メモリが挿せるi-RAMみたいなやつがあるらしい。

http://www.ddrdrive.com/

↑これいいかも♪