タグ「ツール」が付けられているもの

不良セクタの修復

HDD Regenerator

シェアウェアですが、よくお世話になっているツール。Windowsのチェックディスクでは修復できな不良セクタをかなりの高確率で修復できます。起動できなくなったハードディスクを何度か復活させることができました。

 

HDD Regeneratorの使い方参考:http://www.pc-master.jp/blog/soft/2211.html

パーテーションの復元

MBRの修復。うっかり削除してしまったパーテーション情報の復元など。

TestDisk

TestDiskの使い方参考:http://triton.casey.jp/portable/testdisk/

PartitionRecovery

PartitionRecovery使い方参考:http://antarespc.com/tool/partitionrecovery.html

ハードディスク診断ソフト

HDAT2

HDAT2の使い方参考:http://pctrouble.lessismore.cc/software/hdat2.html

FromHDDtoSSD

パソコンの入れ替えなどでメールのバックアップや復元でインポート・エクスポートを繰り返すと過去のメールが重複しまくってしまい、整理に困ります。メールクライアントは主にOutlook(ExpressじゃないOfficeの方)を使用しています。重複メールを削除したり検索したりする機能はOutlook 2010以降じゃないとないみたいです。

いちいちクリックして作業するのは面倒なので、いい方法がないか探したところ、Outlookに重複メールを削除するアドインがありました。

重複メールを削除するアドイン

POPで受信したローカルの受信トレイのみ対応で、IMAPなどの受信トレイには対応していないようです。使い方は以下のページを参考にしてください。

IMAPの受信トレイを整理する場合は、IMAPの受信トレイのすべてのメールを個人用フォルダの受信トレイに移動させ、重複を削除したあとにIMAPの受信トレイに戻すという方法も使えます。

 

Outlook重複アイテムリムーバー(ODIR)

こちらはIMAPフォルダにも対応していました。実行後は受信トレイの中に重複メールを「ODIR_Duplicate_Items」というフォルダーに移動してくれています。ただし、件名とサイズと時間で重複を判別しているようで、中身までは比較していないため、完全ではないようです。

使い方は、ダウンロードしたファイルでインストールすると、Outlookのメニューに「ODIR」というメニューが出てくるので、その中の「Remove Duplicate Items」を選択し、表示された画面よりメールフォルダー(文字化けしてる)を選択し、「Remove Duplicate Items」というボタンを押すと重複メールの仕訳が始まります。

前回、windows 2000 server に Vista の shutdown.exe を利用して、再起動スケジュールをタスクスケジュールに登録する方法を「Windowsをタスクで自動シャットダウン&再起動 その1」で書きましたが失敗。

 

でも、以下の方法で解決できました。

マイクロソフトが配布しているツールで「PsTools」というもの中に「PsShutdown」というものがあって、それを使うとタスクに登録したスケジュール通りにシャットダウン&再起動ができた。

Windows XP以上のOSとWindows 2003 Server以上のサーバーOSので使えるようです。

 

使い方

  1. 上記からPsTools.zipをダウンロードして任意のフォルダで解凍。
    (例:Cドライブ c:\)
  2. 解凍したフォルダ(PsTools)内のpsshutdown.exeをダブルクリックするとコマンドプロンプトが起動する。
  3. 以下を入力してEnterを押すと再起動が実行されます。
    c:\PsTools\psshutdown.exe -r

 

上記で成功したので、「c:\PsTools\psshutdown.exe -r」をタスクスケジューラに登録して

毎日6:00に再起動を実行することに成功した。

task.jpg

 

書式とパラメータ

psshutdown [[\\computer[,コンピュータ名[,..] | @file [-u ユーザー名 [-p パスワード]]] -s|-r|-h|-d|-k|-a|-l|-o [-f] [-c] [-t nn|h:m] [-n s] [-v nn] [-e [u|p]:xx:yy] [-m "メッセージ"]

例:1分後に再起動

c:\PsTools\psshutdown.exe -r -t 00:01

 

computer リモートコンピュータまたはコンピュータを指定でコマンドを実行します。 ローカルシステム上で実行するコンピュータ名を省略した場合、ワイルドカード(\ \ *)を指定した場合、現在のドメイン内のすべてのコンピュータ上でコマンドを実行
@file 指定されたテキストファイルに記載されている各コンピュータ上でコマンドを実行
-u リモートコンピュータへのログインのための指定オプションのユーザー名を指定します。
-p パスワードを指定 (省略した場合はこれを隠しパスワードを入力するプロンプトが表示される)
-a シャットダウンの中止(カウントダウンが進行している間で可能)
-c 対話型ユーザーによるシャットダウンの中止を許可
-d サスペンド状態にする
-e イベントログに書き込み理由コードを指定。ユーザーコードなら「u」、計画されたコードなら「p」でサブオプションとして、「 xx:主な理由コード(256未満)」と 「yy:マイナーな理由コード (65536未満)」を指定
-f シャットダウンするまでの間に、実行中のアプリケーションのデータを保存する機会を作る
-h 休止状態にする
-k 電源オフ (再起動がサポートされていない場合)
-l コンピュータをロック
-m ログオンしているユーザーに表示するメッセージを指定。(シャットダウン時のカウントダウンが始まります。)
-n リモートコンピュータへの接続を秒単位でタイムアウトを設定
-o ログオフ
-r 再起動
-s シャットダウン(電源オフ)
-t シャットダウンするまでのナノ秒数 (デフォルト: 20秒)または時分で指定(ちなみに 1秒 = 1,000,000,000 ナノ秒)
-v イベントログを表示

※パラメータの説明は英文を翻訳サイトで翻訳したため、内容が間違っているところがあるかもしれません。(きっとあるので100%信用しないようにお願いします。)

 

検索結果が何位かわかるツール。

  • 投稿

Google、Yahoo、MSNで自分のサイトや、

仕事のサイトのが特定のキーワードでいったい何位なのかを

毎日会社でチェックしていますが、

結構時間がかかって大変です。

そんな時に使えそうなツールを発見。

 

http://dw230.bglb.jp/rank/

 

http://www.seoseo.net/

 

http://seopro.jp/

 

http://theatlas8.com/

 

http://kensakurank.com/

 

ついでに見つけたSEOに関する記事

http://web-tan.forum.impressrd.jp/l/2463

自動サイトサムネイルMozshot

  • 投稿

指定のURLのサムネイルをリアルタイムに表示するツール。

以下のタグを例に「?」以降にURLを指定してやるだけ!

こんなツール待ってました。

 

 

サムネイルの表示の方法もいくつかあるようです。

説明のページ↓

上記ページの内容を参照

 

更に詳細設定も可能。

http://mozshot.nemui.org/shot?uri=http%3A%2F%2Fwww.mozilla.org%2F;noresize=true;win_x=1000;win_y=1000;effect=false;keepratio=true

  • uri
  •  対象のURL
  • noresize
  • win_x
  • win_y
  • effect
  •  影の有無 true:あり false:なし
  • keepratio