タグ「スタートアップ」が付けられているもの

Windows7からWindows8にアップグレードしてからというもの、起動時にLANの認識よりも先にネットワークドライブの再接続をしているみたいで、いつも『ネットワークドライブの接続に失敗しました』とバルーンメッセージが表示されます。当然、起動直後はネットワークドライブが切断されたままの状態になっています。

iTunesで使用する音楽や、Lightroomで使う写真はすべてNASに入れており、一度マイコンピュータからネットワークドライブを開いてからアプリケーションを起動しないと、フォルダが見当たらないということで、フォルダ設定がデフォルトに戻ってしまいます。毎度設定を戻すのが面倒です。

できれば、LANの認識が終わってからネットワークドライブの再接続をして欲しいのですが、その方法が今のところ見当たりません。しかし、応急的な対応ですがネットワークドライブにあらかじめアクセスするWSH(Windows Script Host)というスクリプトファイルをタスクスケジュールやスタートアップで起動時に実行することで解消できるようです。

方法

以下の内容をテキストエディタで『netDrvCon.vbs』など拡張子を『.vbs』にして保存します。

WSH(Windows Script Host)

On Error Resume Next

'10秒遅延させる
WScript.sleep 10000

'ネットワークオブジェクトの作成
Set objNetwork = CreateObject("WScript.Network")

'接続するネットワークドライブ
'objNetWork.MapNetworkDrive "[ドライブレター]:", "[共有フォルダのパス]"
objNetWork.MapNetworkDrive "W:", "\\NAS\Video"
objNetWork.MapNetworkDrive "X:", "\\NAS\Music"
objNetWork.MapNetworkDrive "Y:", "\\NAS\Photo"

このファイルを起動後にダブルクリックして切断されていたネットワークドライブが接続状態になっていることを確認できたら、あとはタスクスケジュールやスタートアップに登録するだけでOK。

今回は10秒くらいの待ち時間にしましたが、環境によってはもう少し短い待ち時間にしてもうまくいくかもしれません。ちなみにスタートアップフォルダは以下の場所です。AppDataは隠しフォルダで、フォルダオプションで隠しフォルダを表示できるように設定してからでないと見えないので注意してください。

スタートアップフォルダの場所

C:\ユーザー\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ

しかし、こんな小細工して使わなければならないOSがちょっと残念。起動時のLANの認識が遅いのを早くする方法や、ネットワークドライブの接続を遅らせる方法もあれば探してみたいと思います。

その他

上記のWSH(Windows Script Host)を使った方法以外に管理コンソールを使用する方法もあるようです。

NET USEコマンドを使った方法

以前もWindows Vistaがインストールしてある会社のパソコンがcrcdisk.sysのところから起動しなくなるトラブルがあり、解決したものの今回も同じような事態が発生しました。

  • 起動中に画面が真っ暗になったまま起動しない。
  • 起動してもフリーズする。
  • マウスは動くけど操作ができない。
  • セーフモードで起動させようとするとcrcdisk.sysで止まる。

前回(その1)は、IRQの競合が原因っぽいということで、IEEE1394関連のドライバーの読み込みを無効にするために、関係するドライバーのファイル名を変更して回避しました。それなのに、また同じ症状。

 

「もうクリーンインストールしかない…。」

 

と覚悟はしたものの、他にも対策方法がないかな?と一応は検索。

 

ありました。

 

VistaのインストールDVDでOSのスタートアップを修復する方法。

基本的にインストールDVDで直るわけがないと思っていましたが、直りました。

 

方法

  1. Windows VistaのDVDでブートする。
  2. 「Windows Setup」を選択してEnter
  3. 次へ」をクリック
  4. 左下の「コンピュータを修復する」をクリック
  5. スタートアップ修復」をクリック
  6. 修復したいOS(Vista)を選択して「次へ」をクリック
  7. 修復が始まるので終わるまで待つ(私の場合5~10分程度でした。)
  8. 修復完了後、再起動すると無事に起動した!

 

IEEE1394関連のドライバーを読み込ませないようにして解決した方法は以下を参照ください。

 

スタートアップ修復に関するマイクロソフトのサポートページです。

Vistaを導入して、XPで使っていたアプリをインストールしていくうちに

スタートアップに登録した「RealVNCサーバ」がVistaのUACとかいうやつブロックされて

スタートアップできない状況に陥った。

 

このUACを無効にすることで回避はできるが、

なんだか他のことで何か悪いことがおこりそうで不安。

なおかつ、セキュリティー上よくないよみたいなメッセージがでてきて面倒くさい。

 

なんとかUACを有効なまま、

スタートアップに登録したアプリを起動させたいと調べたら

「タスクスケジューラ」で解決できることが分かった。

 

場所は

「すべてのプログラム」-「アクセサリ」-「システムツール」-「タスクスケジューラ」

 

画面右の「基本タスクの作成」でウィザードに従って内容を記入するとOK

ちなみにRealVNCの場合。

 

【名前】RealVNC4

【説明】RealVNCサーバの起動

【トリガ】コンピュータの起動時

【操作】プログラムの開始

【プログラム】"C:\Program Files\RealVNC\winvnc4.exe"

【引数の追加】-noconsole

 

これで無事解決。

 

タスクスケジューラと言えばWindows95やWindows98の時代に使用していた記憶があります。

 

その他ですが、

サービスを簡単に登録できるフリーソフトもついでに見つけました。

今回のRealVNCには使えませんでしたが、

他のことに使えそうです。

 

ServiceInstaller
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se268387.html

とにかく解決できてよかったです。