タグ「エクセル」が付けられているもの

WordPressやMovableTypeで使うブログ更新時のPING送信先のリストがあるのですが、送信先の死活状態を確認するためにホスト名(ドメイン名)のみの一覧が必要で、それをエクセルで簡単に作る関数例を見つけたのでメモ。

例えば

http://www.bing.com/ping?sitemap=sitemapurl

上記のURLから

www.bing.com

のみを抽出するものです。

関数例

セルA1にURLが入っている場合の例です。

=MID(A1,FIND("/",A1,FIND("/",A1,1)+1)+1,SEARCH("/",A1,FIND("/",A1,FIND("/",A1,1)+1)+1)-(FIND("/",A1,FIND("/",A1,1)+1)+1))

注意

抽出元のURLがhttp://www.bing.comといった感じで.comで終わっている場合、http://www.bing.com/のように"/"で閉じておかないとエラーになります。

以下のような顧客データがあった場合に、重複するお客様は1人のお客様として、支払い方法別など複数条件で人数をカウントする方法です。(ユニークな値のみを複数の条件別でカウントします。)

excel

サンプルダウンロード

 

単一条件で重複を除いて(ユニークな値のみ)カウント

=COUNT(INDEX(1/(MATCH(A2:A10,A2:A10,0)=ROW(A1:A10)),0))

※途中に未入力のセルがあってもカウントします。

 

複数条件で重複を除いて(ユニークな値のみ)カウント

=COUNT(INDEX(1/(MATCH(A2:A10&G2&H1,A2:A10&C2:C10&D2:D10,)=ROW(A1:A10)),))

※ROWの範囲はA1からにしておかないと結果は0になっていまいます。

 

その他

全体の人数はSUMPRODUCT関数とCOUNTIF関数を組み合わせた使い方もあります。

=SUMPRODUCT(1/COUNTIF(A2:A10,A2:A10))

ただし、途中に未入力のセルが含まれているとエラーで#DIV/0となります。