Samsung SM961 NVMe M.2 SSDのベンチマークとドライバーダウンロード

ずっと気になっていたNVMe版のM.2 SSD Samsung SM961。

もともと前モデルのSM951を持っていて、9月くらいにアマゾンでSM961が販売されたのですが、購入を悩んでいるうちに完売してしまいました。それから11月になって並行輸入品が販売されていたのを見つけたので、またなくならいうちに買うことにしました。

できれば3.5GB/s出る512GBが欲しかったのですが予算の都合上、手が出ず256GBを買いました。

SM961950PRO/960 PROなどのコンシューマーモデルと違ってOptionROM非搭載なので、マザーボードによってはWindows上ではディスクとして認識されますが、BIOS上で認識されず起動ディスクとして使えなかったり、Samsung製品なのにSamsung Magician(SSD最適化ツール)でSamsung製品として認識されず、TRIMが簡単にできないなとありますので、購入の際はご自分の環境がネイティブにNVMeに対応しているかをご確認ください。

早速ベンチ

速い。システムドライブとして使ってこの数値。

ちなみに公称値はシーケンシャル:読み出し3,100MB/s、書き込み1,400MB/s。

Windowsやアプリケーションの起動もスリープからの復帰も爆速です。

PCIe変換基板に取り付け、ASRock Z97 Extreme6のPCIeスロットに挿し、Windows 10 Pro 64bitのシステムドライブとして測定しました。

温度が低い

アイドル状態でCrystalDiskInfoでSM961の温度を見ると36℃

スピードが速い分熱いかもと思っていましたが、逆に前モデルのSM951よりも温度が低かったです。

SM951はDドライブとして使用していますが、こちらは42℃

UltraM.2スロットでベンチ

マザーボードのUltraM.2スロットに挿してデータドライブとしてベンチマークしてみました。

変換基板使ってPCIeスロットに挿す方がちょっと速いみたいです。

Samsung NVMeドライバー

上記のSamsungのホームページからドライバーをダウンロードしようとしたら以下のように英語で「1日のダウンロード数が上限を超えたから24時間後に再度チャレンジしてください」という旨のメッセージが出ました。

他にどこかでダウンロードできないかな?と検索したら、以下のページからVer2.4.7をダウンロードすることができました。

ドライバーを適用すると下のように表示されます。