リモートデスクトップ(RDP)の接続が遅いのでポリシーで解決

リモートデスクトップで遠隔操作するとき、接続にやたら時間がかかるパソコンがあります。

こんな画面が出て↓

リモート接続を保護しています

「リモート接続を保護しています...」が消えるまでが長い。

 

以下のMicrosoftの説明によると、Vista以降はRDPにはSSLが使われていて時間がかかるらしい。

グループポリシーを変更

セキュリティのこととかさておき、操作される側(ホスト側)のグループポリシーを変更すればサクッと接続できるようになります。

gpedit.mscを起動して以下に設定を変更。

[ローカルコンピューターポリシー]
 └[コンピューターの構成]
  └[管理用テンプレート]
   └[Windowsコンポーネント]
    └[リモートデスクトップサービス]
     └[リモートデスクトップセッションホスト]
      └[セキュリティ]

グループポリシー

にある「リモート(RDP)接続に特定のセキュリティレイヤーの使用を必要とする」を開き、[有効]にチェックを入れ、[セキュリティレイヤー]の欄で[RDP]を選択する。

リモート(RDP)接続に特定のセキュリティレイヤーの使用を必要とする

これでサクッと繋がるようになります。(セキュリティ面がどうなのかは別として...。)

 

安定のシステム運用か?それとも素早い対応か?

よくわかっていないので、どちらが優先なのか考えて行わないといけないですね。