IEでIME 2010の警告が出るのをレジストリで防ぐ方法

Windows7でInternet Explorer 9という環境で以下の警告が出ます。レジストリ「許可」を設定し、この警告がでないようにする方法があったのでメモ。コンピューター丸ごとではなく、ユーザー毎の設定になりますが...。

Internet Explorer セキュリティ Webサイトで、このプログラムを使ってWebコンテンツを開こうとしています

「今後、このプログラムに関する警告を表示しない」にチェックを入れて「許可する」を押しても、同じコンピューターでログオンするユーザーが違うと出てきます。

原因はKB2899516らしいのですが、セキュリティの関係上、削除はしないほうがよさそうです。

レジストリの場所

HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Low Rights\ElevationPolicy\{****}

上記になかったらこちら↓

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Internet Explorer\Low Right\ElevationPolicy\{****}

HKEY_LOCAL_MACHINEの場合はユーザー単位ではなくグローバル(コンピューター全体)に影響するようです。

IME 2010の場合の{****}の部分

{****}はOfficeアプリケーションによって決まっているようです。IME 2010の場合は以下のいずれかのようです。

  • {9CDE85F5-9233-4bf4-89CB-CC7B51BBAD8A}
  • {CF1E7C6B-B6CC-4AF8-84B9-86A7F6BDCA96}
  • {A52FD337-7C43-494f-9D47-68950F39708C}
  • {CE103198-9107-4D02-937E-F0D82826D68C}

[参考ページ] https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3112369

変更する値

上記のキーに「Policy」DWORD値「3」(許可する)に変更します。

[参考ページ] http://morokoshi.hateblo.jp/entry/2014/09/07/000000

[参考ページ] http://winveg.com/win/kb2899516-registry-ie-24-nov-2015/

バッチファイル

もし、Policyの値を「3」に変更するバッチファイルを作るとしたら以下のようになります。(HKEY_LOCAL_MACHINEの場合)

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Low Rights\ElevationPolicy\{9CDE85F5-9233-4bf4-89CB-CC7B51BBAD8A}" /v Policy /t REG_DWORD /d 3 /f

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Low Rights\ElevationPolicy\{CF1E7C6B-B6CC-4AF8-84B9-86A7F6BDCA96}" /v Policy /t REG_DWORD /d 3 /f

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Low Rights\ElevationPolicy\{A52FD337-7C43-494f-9D47-68950F39708C}" /v Policy /t REG_DWORD /d 3 /f

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Low Rights\ElevationPolicy\{CE103198-9107-4D02-937E-F0D82826D68C}" /v Policy /t REG_DWORD /d 3 /f

pause