ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換するコマンド

Windowsをクリーンインストールする際に、HDDがダイナミックディスクでインストール先のディスクとして選択できず困ったのでメモ。

インストールするときのコンピュータの修復のコマンドプロンプトを起動し、DISKPARTというコマンドでダイナミックディスクをベーシックディスクに変換(データは消えます)できます。

ローレベルフォーマットもできるみたいです。

データを消さずに変換する場合はEaseUS Partition Masterなど、パーテーション操作をするソフトを使う必要があります。

コマンド

DISKPARTを起動

 diskpart

ディスク番号の確認

 list diskpart

操作するディスクを指定

 select disk*(*は番号)

ディスクの詳細を確認

 detail disk*(*は番号)

ボリュームを確認

 list volume

操作するボリュームの指定

 select volume=*(*は番号)

※「=」を日本語キーボードで入力できないときは「=」の右隣の「へ」を打つ

ボリュームの削除

 delete volume

ボリュームの変換

 convert basic

※データは消えます。

ローレベルフォーマット(00の書き込み)

 clean all

※警告なくいきなり書き込みが始まります。

※初期化だけならclearのみ

リファレンス参考