WEBメールを既定のメールソフトに設定する「デフォルトWebメーラー」

  • 投稿
  • 編集

最近、メインのメーラーをWindowsメールからOutlook.comに乗り換えました。ただ、メールを作成するためにいちいちブラウザを立ち上げたり、メールアドレスを入力しないといけないなどが面倒ですが、「デフォルトWebメーラー」が解決してくれて、使い勝手をよくしてくれます。

デフォルトWebメーラー

ウィンドウズの既定のメールソフトを変更するソフトで、これを使えば「mailto:」が設定されているリンクをクリックすると、ブラウザの起動からOutlook.comのメールフォームの表示までやってくれます。

しかも、GmailやYhahooメールを含め、使えるWEBメールの種類が豊富で、IEかChromeか使うブラウザも指定できます。

Outlook.comを使う場合は「Windows Live Hotmail」を選択します。

Chromeでもちゃんと使えるけど、Outlook.comなんで、なんとなくIEにしてみた。

これでMAILTOプロトコルで使う既定のメールソフトはOutlook.comにできました。

しかし、問題はMAPIMAIL経由でローカルアプリケーションからWEBメールのフォームを呼び出すことができません。結局Windows7やVistaはローカルで使うメールソフトが必要ということなんですね。