URLだけでサイトのスクリーショット(サムネイル)を表示できるAPIまとめ

  • 投稿
  • 編集

サイトのサムネイルに『Mozshot』を使っていましたが、使用者が多いせいか最近は画像が重たくてページの表示が最近遅いです。でも、こういったサービスは便利なので、他にないか探してみました。

wordpress.comのAPI

エンコードしたURLを指定します。「w」パラメータで画像の幅を自由に指定できWordpressのプラグインではないので、Wordpressを使用していないサイトでも使えます。

http://s.wordpress.com/mshots/v1/http%3A%2F%2Fwordpress.com%2F?w=300
【サンプル】wordpress.com のスクリーンショットを幅300pxで取得してみました。

WordPressのプラグインは以下があり、ショートコードでサムネイル表示できるので便利です。

HeartRails Capture を使う

有名どころ。影や枠線をつけたり、角丸にしたり。サイズも指定できます。

HeartRails Capture | サムネイル画像/PDF ファイル作成サービス

http://capture.heartrails.com/300×225?http://capture.heartrails.com/

【サンプル】HeartRails Capture のスクリーンショットを300x225pxで取得してみました。

SimpleAPI ウェブサイトサムネイル作成API

128×128のサムネイル画像を取得できます。

SimpleAPI – ウェブサイト・サムネイル化ツール

http://img.simpleapi.net/small/http://img.simpleapi.net/

【サンプル】SimpleAPI トップページのサムネイルを取得してみました。

MozShot

64×64 / 128×128 / 256×256 などの大きさが選べます。

Mozshot

http://mozshot.nemui.org/shot/large?http://mozshot.nemui.org/

【サンプル】MozShotのスクリーンショットを256×256で取得してみました。

ウェッジ:ウェブサイトのスクリーンショットを自動生成

200×150の大きさで取得されるようです。

ウェブサイトのスクリーンショットを自動生成 – デザインスタジオウェブログ – WEB関連 – ウェッジ

http://www.j-wedg.co.jp/img/?url=http://www.j-wedg.co.jp/

【サンプル】

thumbalizr

海外のサービス。サイズやクオリティなど細かく指定でき、API Keyを登録すれば指定できるパラメータが増えます。「powered by thumbalizr.com」という表示が付きます。

有料プランにすれば書き出す形式を指定したり、ウォーターマークをつけたりできるようです。

thumbalizr – thumb your webpages

http://api.thumbalizr.com/?url=http://www.thumbalizr.com/&width=250

【サンプル】

その他

Thumboo!

Thumboo! Free Website Thumbnails and PHP Script to Generate Web Screenshots

海外のサービス。サイトにアクセスしてスクリーンショットを撮りたいURLを入力し、生成されたPHPコードをコピー&ペーストすれば自分のブログなどでサムネイル画像を表示できます。API Keyを登録すればウェブサービスなどに組み込んで動的にも使えるようになるみたいです。

はてなスクリーンショット

はてなスクリーンショット

はてなダイアリーなど、はてなのサービス内でのみ使用できます。

livedoor Screenshot

livedoor Screenshot

livedoor Wikiなど、ライブドアのサービス内でのみ使用できます。