Windows8で印刷が途中で停まるときは双方向サポートを無効にしてみる

自宅でEPSON G930というプリンターを使用しています。WindowsXPのパソコンでは普通に印刷できるのに、Windows8のパソコンに64bit版のドライバーをインストールして印刷しようとすると、印刷中の画面が出たまま印刷が途中で停まります。インターネットで検索してみても原因がわかりませんでした。

EPSONプリンタウィンドウ

随分前にテプラPROを社内で共有できるようにプリントサーバーに接続すると、なぜかPCから印刷できないということがありました。そのときは『双方向サポートを有効にする』のチェックを外したら印刷できるようになりました。それを思い出し、やってみたら無事印刷が普通にできるようになりました!

 

設定方法

  1. 『コントロールパネル』の『デバイスとプリンター』を開く
  2. 右クリックで『プリンターのプロパティ』を開く
    右クリックで『プリンターのプロパティ』を開く
  3. 『ポート』の『双方向サポートを有効にする』のチェックを外して『OK』を押す
    双方向サポートを有効にするのチェックを外す

 

これが原因で印刷が途中で停まるなんて気づかないですよね。

  • 相性が悪いのかな?
  • ドライバーのインストールの仕方が悪かったのかな?
  • もしかして壊れたのかな?

とか考えながらいろいろ試行錯誤する時間が無駄なので、デフォルトでここにチェックが入るのはやめて欲しいですね。

しかも、XPのパソコンは『双方向サポートを有効にする』にチェックが入っていても普通に印刷できるのが謎です。