スマートフォンからのメールで住所の一部が「鵺(ぬえ) 」と表示される。

仕事でお問い合わせのメールを受け取ると、住所の一部に『鵺(ぬえ) 』という文字が表示されることがあります。

はじめは『スターパレス鵺 』というアパートがあると思っていましたが、日が経つにつれ、何度も『鵺(ぬえ) 』という文字の付いたアパート名に遭遇しました。

  • スターパレス鵺
  • コーポ若葉鵺
  • プランドール鵺
  • シャン・ド・フルール鵺
  • エンブレム鵺

etc...

 

そんなに『鵺(ぬえ) 』という文字がつくアパートがあるわけないと思い、お客様に連絡をとったところ、

『Ⅱ』です。

とのことでした。納得...。

他のも、住所からグーグルマップで場所を表示したら、アパート名に『Ⅱ』が付いていたりしました。

 

『鵺(ぬえ)』という文字が入ったメールの送信元のOSを確認してみるとiOSかAndroidだったので、スマートフォンからのお問い合わせということは分かったのですが、ブラウザもMozilla、AppleWebKit、Mobile Safariなど一般的なもので、正常なメールと『 鵺(ぬえ)』と変換されてしまうメールの違いが分かりませんでした。

とりあえず『鵺(ぬえ)』と表示されていたら、『Ⅱ』と思っておけばいいかもしれません。

 

ちなみに『鵺(ぬえ)』とは...

 

追記

スマホからのメールというより、スマホでお問い合わせフォームに入力したらこうなるっぽいので、サイト側の問題かもしれないということで、iPhoneから自社サイトのお問い合わせフォームに以下の文字を入力して、自分から自分にお問い合わせをしてみました。

アパートⅠ

アパートⅡ

アパートⅢ

アパートⅣ

アパートⅤ

アパートⅥ

アパートⅦ

アパートⅧ

アパートⅨ

アパートⅩ

 

すると、お問い合わせフォームから以下の文字に変換されてメールが届きました。全部、鳥系...。

アパート鵯

アパート鵺

アパート鶚

アパート鶤

アパート鶩

アパート鶲

アパート鷄

アパート鷁

アパート鶻

アパートX

 

iPhoneに届いた控えのメールでは□となっていました。

iPhoneに届いたメール

つまり、EUC-JPで作っているサイトにiPhoneからUTF-8で文字を入力し、JISでメールを受け取るみたいになっていて、文字エンコードがうまく変換できていないってことなのかな?

ローマン数字は機種依存文字なので、変換しきれないのかもしれません。

次からは以下の表で解読してみよう...。

数字 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ローマン数字
変換後 X
ヨミ ヒヨドリ ヌエ ミサゴ シャモ アヒル ヒタキ ニワトリ ゲキ ハヤブサ エックス