ホワイトバランスを調整できるiPhoneカメラアプリ「SimpleCamera」

iPhone4を使っていますが、iOS標準のカメラで撮影すると、青みがかったり、周りの色が被写体に影響したりしますよね。その写真を画像編集アプリやパソコンで色の修正をしたりが結構大変なので、ホワイトバランス(WB)を撮る時点で調整できたらな~なんて思っていたら、ありました『SimpleCamera』!

この『SimpleCamera』は有料(170円)ですが、使い方も簡単で高機能です。iPhone以外にiPadやiPad miniにも対応しているようです。

 

ホワイトバランス(WB)を調整して撮影する方法

  1. 『WB』のマークをタップして、『AUTO』から『LOCK』に変更します。
  2. ホワイトバランスの基準にしたい白い部分ポンとタップすると、青枠が表示されその部分を基準として全体のホワイトバランス(WB)が調整されます。
  3. 黄色の枠はフォーカス部分で、位置を変更する際はフォーカスしたい部分をポンポンとダブルタップして変更します。
  4. カメラマークをタップして撮影。

 

調整している時間がない場合は、ホワイトバランスもフォーカスもAUTOで撮っても、iOS標準のカメラで撮影するよりも色のバランスが良く写ります。

 

比較

iOSのカメラアプリで撮った写真

なんか青っぽい。

iOSのカメラで撮影

 

SimpleCameraですべてAUTOで撮った写真

ちょっと周りの赤みが残ったけど、青みがなくなった。

SimpleCameraですべてAUTOで撮った写真

 

SimpleCameraでホワイトバランスをLOCKで撮った写真

自然な白とまではいかないものの、上よりはマシ?に写った。

SimpleCameraですべてホワイトバランスをLOCKで撮った写真

 

現時点ではズーム機能がなく、改善の余地があるものの、『SimpleCamera』は良いカメラアプリだと思います。