ネットワークアダプタをリセットするバッチファイルの作り方

Windows Vistaだからなのか、起動したばかりなのに、ネットワークのアイコンが異常を示し、なぜかインターネットができないということがしばしばあります。

その都度、再起動を行うか、ネットワークアダプタのリセットを行っていましたが、作業が面倒になってきました。

そこで、ダブルクリックするだけで、ネットワークアダプタのリセットを行えるバッチファイルを作ってみました。

 

バッチファイルの作り方

作り方はとても簡単で、メモ帳に以下の記述をして、『reset.bat』など『.bat』と名前をつけて、デスクトップなどに保存するだけ。

netsh interface set interface "ローカル エリア接続" disable
netsh interface set interface "ローカル エリア接続" enabled

これをダブルクリックするだけでリセットできます。

reset.bat

これは、コマンドプロンプトでnetshコマンドを使用し、『ローカル エリア接続』という名前のついたインターフェースを一度無効にして、再度有効にするといった作業をバッチファイルで簡単に行うといったものです。これでアイコンも正常な状態を表示し、インターネットができるようなります。

 

ネットワークアイコンからリセットする方法

同じことをネットワークアイコンから行うことができます。この作業が面倒くさいのでバッチファイルバッチファイルを作ることに至りました。

  1. ネットワークの異常を示したアイコンを右クリックして『診断と修復』を選択
  2. 『"ローカル エリア接続" ネットワークアダプタのリセット』を選択。
  3. アイコンが正常を示す。

 

デバイスマネージャを使った方法

同じことをデバイスマネージャを使って、ネットワークアダプタの無効と有効を手動で行うことができます。

  1. コンピュータのアイコンを右クリックして『管理』を選び、『デバイスマネージャー』を選択。
  2. ネットワークアダプタを右クリックして『無効』にする。
  3. 『はい』を選択。
  4. アイコンが異常を示す。
  5. 再度、ネットワークアダプタを右クリックして『有効』にする
  6. アイコンが正常を示す。

 

以下のように他にもやり方はありますが省略します。

「コントーロールパネル」-「ネットワークと共有センター」-「ネットワーク接続の管理」から行う方法

「コントーロールパネル」-「ネットワークと共有センター」-「状態の表示」から行う方法

 

Windows7や8の場合

バッチファイルの記述や実行のしかたが少し変わりますので以下を参考にしてください。