DOKODEMOの通信エラー(11004)をLMHOSTで解決

DOKODEMO(ドコデモ)は2台のパソコンを一つのキーボードとマウスで操作できるフリーソフトですが、今まで2台のWindowsXPで使用していましたが、そのうちのメインPCをWindows7(64bit)に入れ替えたら、サブPCを操作できなくなりました。

通信エラー:要求した名前は有効ですが、要求された種類のデータは見つかりませんでした。(11004)」とのこと。

ファイアウォールの設定で通信の許可をしていないというミスはよくありますが、今回は通信を許可しており、設定も特に間違ったところはありませんでした。

 

原因

Windowsの名前解決が原因でした。操作するパソコンのコンピュータ名を正しく設定しても、Windowsがそのコンピュータ名がどのIPアドレスのPCか理解できないという問題です。これはどのウィンドウズのバージョンでも起こります。

 

解決方法

  1. フォルダオプションで隠しファイルを表示する設定をします。
  2. C:\Windows\System32\drivers\etcの中のlmhosts.samをメモ帳で開きます。
  3. 最後の行に操作したいPCのIPアドレスとコンピューター名と#PREを入力して上書き保存します。

    (例)192.168.1.11 hoshiya-01 #PRE


    ※権限がないとかで保存ができなかった場合は、一度デスクトップ等に保存して、元の場所のファイルに上書きしてください。
  4. コントロールパネル-ネットワークセンター-ローカルエリア接続-プロパティ-インターネット プロトコルバージョン4(TCP/IPv4)-詳細設定-LMHOSTSのインポートを押して、先ほど保存したC:\Windows\System32\drivers\etcの中のlmhosts.samを指定します。
  5. これで解決できました。

参考