SATA(1.5Gbps)接続したSSD×2台のRAID0のベンチマーク

延命処置を施した10年前のパソコンを使っています。SATA2(3Gbps)で接続してやれば単独で約250MB/sは出るSSD2台をマザーボードの仕様によりSATA1(1.5Gbps)で接続してRAID0を組むというある意味で勿体ない使い方をしています。(SSD買う前にマザーボードを買い替えたほうがよっぽど速い...。)

OS Windows XP Professional SP3
CPU Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 3.20GHz
M/B ASUSTeK P4P800(ICH5R)
SSD Intel SSD 320 80GB(SATA2) × 2台

RAID0を組んでみての疑問はどのストライプサイズが最速または最適なのか?ということで、現在の環境で設定できるストライプサイズは4・8・16・32・64・128kbなので、CrystalDiskMarkを使ってすべてのストライプサイズのベンチマークを行なってみました。

ストライプサイズ 4kb

RAID0 ストライプサイズ 4kb

ストライプサイズ 8kb

AID0 ストライプサイズ 8kb

ストライプサイズ 16kb

AID0 ストライプサイズ 16kb

ストライプサイズ 32kb

AID0 ストライプサイズ 32kb

ストライプサイズ 64kb

AID0 ストライプサイズ 64kb

ストライプサイズ 128kb

AID0 ストライプサイズ 128kb

結果

ランダムアクセス(512k)以外は、すべて64kbの方が128kbを上回った結果となりました。

ストライプサイズは「デカけりゃいいってもんじゃない」ってことがわかりました。