Vistaの環境変数TEMP・TMPの値をRamdiskに変更して高速化を試みる。

  • 投稿
  • 編集

環境変数を変更してWindowsのTEMPをRamdiskにして高速化を図ってみた。

Ramdiskをzドライブとしたとき

ます、「コントロールパネル-システム-詳細設定-環境変数」を開く。 

システムのプロパティ.jpg 

環境変数.jpg

 

そして、以下の内容に変更。

ユーザー環境変数

TEMP %USERPROFILE%\AppData\Temp
TMP %USERPROFILE%\AppData\Temp

TEMP z:\TEMP\Local
TMP z:\TEMP\Local

システム環境変数

TEMP c:\windows\Temp
TMP c:\windows\Temp

TEMP z:\TEMP\Temp
TMP z:\TEMP\Temp

 

しかし、

ブラウザのTempとReadyBoostに

Ramdiskを使ってみたら速くなったことが体感できましたが、

環境変数をいじったことではあまり高速化されているような感じがしない。

でもとりあえず使ってみる。